風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (5)  Trackback (0)

井戸の研究じゃないよ

 先週木曜日の昼呑み会の時に忘れてきた傘は、昨日回収できた。
 やっぱり最後の店だった。

 これは翌金曜日の、今月1日。
 東北道を北へ向かい、新しく出来た奥州スマートインターで降りてみたら、ジャズ喫茶Half Noteの目の前に出た。

 ちょっと北へ走って、前から来てみたかった、この洋館。

IMG_2027_2019030508401881d.jpg

 1921(大正10)年に、緯度観測所として建てられ、1967(昭和42)年に移築された美しい建物だ。

 21世紀に入っていったんは取り壊しが決まったらしいが、保存運動で生き残り、2008年から奥州宇宙遊学館として公開されている。

IMG_2007_201903050840054be.jpg

 楽しい施設だ。

IMG_2008_20190305084006116.jpg

 敷地は今も国立天文台関連の施設として使われている。

    IMG_2009_20190305084008e3c.jpg

 ここもまた、宮沢賢治と関係があった。

IMG_2010.jpg

 賢治はたびたびここを訪問しており、覚えていないが、風の又三郎にも登場しているそうなのだ。

    IMG_2012_20190305084011aaa.jpg

 ファーストマンのポスターが大正時代の建物に貼ってあると、時代が分からなくなる。

    IMG_2019.jpg

 緯度計測は隣の建物で現在も続けられており、大震災の時の計測結果が興味深かった。

    IMG_2016_201903050840121f1.jpg

 2011年にこの場所は3m動いたのだ。

IMG_2017_20190305084014bc3.jpg

 ウィキペディアによれば、地球の歳差運動や地軸の微小な振動運動とその緯度測定への影響などを研究するため、1899年にアメリカ合衆国沿岸測地測量局により国際緯度観測事業 (International Latitude observation Service, ILS)が立ち上げられ、6つの独立した観測所が北緯39°08'線上に設立された。
 6つの観測所を同じ緯度上に並べて同一機種の測定器で測定を行うことで、統一したデータ解析ができるようにしていた。

    IMG_2021_20190305084017b56.jpg

 設定された観測所は以下の6つである。

   ゲイザースバーグ (アメリカ合衆国)
   シンシナティ (アメリカ合衆国)
   ユカイア (アメリカ合衆国)
   岩手県水沢市 (日本) → のち市町村合併で、奥州市
   チャルジョウ (トルキスタン) →のちに、 キタブ (ウズベキスタン)
   カルロフォルテ (イタリア)

    IMG_2022_2019030508415982e.jpg

 電波望遠局側から見る、旧緯度観測所本館。

IMG_2024_20190305084201b6b.jpg

 このテニスコートも、風の又三郎に登場するとか。

IMG_2026_20190305084202a7d.jpg

 そして、初代館長、木村榮の記念館は、明治時代の建築だ。

IMG_2028_20190305084205c49.jpg

 国の登録有形文化財。

    IMG_2029_201903050842071c3.jpg

 伊能忠敬の時代と、電波望遠鏡時代をつなぐ、その間の時期に使われた六分儀類かな。

    IMG_2030_201903050842085db.jpg

 貴重な光学機器だ。

IMG_2031_201903050842103bc.jpg

 館のHPによると、 ・木村榮によるZ項の発見(1902年)
 緯度観測を開始した直後の1900年のデータを調べた結果、ポツダムの中央局は、水沢の観測誤差が大きいと指摘し、望遠鏡の調査や観測を見直すように指示しました。つまり水沢の観測結果は落第点をつけられてしまいました。中央局の指摘後、半年近くたった1901年の秋になって、中央局の報告書の値に予想外の変動が見つかりました。観測された緯度の極運動から逆算された観測所の緯度からの差(残差)が1年周期で変動していたのです。この変動は観測所の経度ごとに違っていますが、そのためには、観測緯度に経度によらない変動があると考えなくてはなりません。そこで緯度変化を表す式に、観測局の経度 によらずすべての局に共通の変化を表すZという項を入れて(中略)表すことを考えました。すると観測結果をずっと良く表すことができ、特に水沢の観測残差は半分近くまで減りました。Zの大きさは地表面で1mほど動くことに相当します。

 Z項の導入により、未知の現象を発見したばかりでなく水沢の観測精度が高いことも示し、木村は世界の天文学界に対して面目を保つことができました。


 上手く説明できないが、Z項が存在する原因は、地球内部が液状だかららしい。

 昼メシ時になったので、北に移動しガイドブックで見つけた、隣町のこちらへ。

    IMG_2040_201903050842138f1.jpg

 北上のトロイカだ。

IMG_2039_201903050842116e3.jpg

 ロシア料理店になる。
 客は他にワングループだけだったが、ケーキを買いに来る客がちょこちょこ来ていた。

IMG_2032_20190305084355b81.jpg

 ピロシキと、ボルシチを注文、合わせて1700円、高級だ。

IMG_2034_20190305084356fbe.jpg

 ひき肉と卵が入った揚げパンが、ピロシキ。

        IMG_2037_20190305084359602.jpg

 牛肉と野菜の煮込みがボルシチ。 どちらも火傷しそうにあっつあつだ。

    IMG_2036_2019030508435841a.jpg

 もう少し癖があるのかと想像していたが、サワークリームが乗っていなければ、ごく普通な味か。

 日本人の嗜好に合わせているのかも。

 北上江釣子インターからまた東北道。

 そう、まさにこの日から最高速120㎞の試行が始まっている。

IMG_2041_20190305084401d39.jpg

 これが今回の旅の目的と言っても、過言ではない。

IMG_2043_201903050844022c0.jpg

 ただクルーズコントロールの上限が115㎞なので、久しぶりにずっとアクセルを踏み続けるのが、少し疲れる。

 盛岡インターで降りて御所湖へ。湖面が凍結していた。

IMG_2046_20190305084404130.jpg

 やはりまだ北岩手は寒い。

 雫石に入って、岩手山に向かって駆け上がり、網張温泉スキー場に到着。

IMG_2047_201903050844050f1.jpg

 例によってスキーはしないのに。

 まずはビジターセンターを見学した。

IMG_2049_20190305084407911.jpg
関連記事
テーマ : 星・宇宙  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

緯度観測所
子供の頃から、父(江刺岩谷堂出身)に話を聞いていたのですが、まだ行ったことがありません。
近いうちに行きたいと思います。
風の又三郎には、出てきますよ。
120キロ区間はいいのですが、ハイエースのタイヤは、最高巡航速度が120キロのL規格なので、140キロのN規格の登場が待たれるところです。
まんぼうさんへ
なるほど、まんぼうさんの技は、岩谷堂の流れなんですね。
施設はローカルっぽい、手作り感が強いものですが、観測所の実績と建物は素晴らしく、展示内容は濃いです。
ワタシは一応電波工学、新田次郎の流れなので、あこがれます。
新田次郎
アラスカ物語、のラジオドラマに触発されて、高校の時に、結構読みました。
山岳モノが多かったので、登りもしない山の情報が詰め込まれました。
火の島、の火山・気象観測の話も興味深かったです。
一番好きなのは、笛師、なんです。
これも登山が絡んでるんですが。(笑)
まんぼうさんへ
竿師の話は無いんですか?
竿師一代
という、三代目の竿治についての本は読みましたよ。(笑)






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019