風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アウトドア

Comment (2)  Trackback (0)

樹氷にしてねと、あの娘は言った

 23日は友人たちをピックアップして、国道286号で山形へ。
 西蔵王ラインへ左折して、蔵王温泉に向かった。

IMG_1863_201902261505170ec.jpg

 宿に荷物を置いた後、友人たちは上の台から、ゲレンデに向かったが、ワタシは温泉街をそぞろ歩き。

IMG_1860_201902261505121bf.jpg

 標高が800mを越えると言うのに、道路に雪が無いのは、富士五湖と同じだ。
 時間はたっぷりある。

    IMG_1861_2019022615051475b.jpg

 山形酒ミュージアムには、試飲客がいたが、食堂は閉まっていた。

IMG_1862_20190226150515da0.jpg

 歩き回った挙句、ここで昼メシに決定。

IMG_1866_20190226150521ba8.jpg

 定食系を食べたかったのだが、なんとラーメンしかない!!

IMG_1864_20190226150519392.jpg

 なんてこった。三日前におり久で、味噌野菜ラーメンを食べたばかりだ。神様に叱られる。

 塩ラーメン700円。

IMG_1865_201902261505203b3.jpg

 野菜たっぷりガッツリ系だった。

 また少し歩いて、ロープウェイ乗り場へ。

IMG_1867_2019022615052367b.jpg

 30分以上並んで、二年ぶりのゴンドラに乗ることができた。

    IMG_1868_20190226150524c6f.jpg

 新聞に載っていた記事に応募して、往復チケットをゲットしていたのだ。

PTXX0073.jpg

 蔵王温泉の乗り場の標高は、855m。

 まず大きなゴンドラで7分。1331mまで上がる。

IMG_1871_201902261507284a7.jpg

 そして小さなゴンドラに乗り換えて同じくらい、1661mの地蔵山頂に到着するのだ。

PTXX0056.jpg

 気温はかなり低い。

PTXX0067.jpg

 厳密に言うと、この山を登らないと山頂には到達しないのか。

IMG_1878_20190227050921479.jpg

 ワークブーツでは、ちょっと無理。

    IMG_1873_201902261507304c0.jpg

 お地蔵さまには、世界平和を祈る。

    IMG_1876_20190226150731653.jpg

 2年前に来た時は、ホワイトアウト状態だったが、この日は少しだけ青空も。

    IMG_1877_20190226150733f70.jpg

 樹氷らしきものもある。

PTXX0057.jpg

 宿のおかみさんの話では、二度の涙雨で樹氷は落ちてしまったとのこと。

PTXX0058.jpg

 そうするとこれはその後一週間ぐらいで、また少しだけ形成されたものなのだろうか。

PTXX0059.jpg

 スキーヤーたちは、ザンゲ坂を下って行く。

PTXX0062.jpg

 あ、ボーダーもいるな。

PTXX0063.jpg

 天気は晴れたり曇ったり。

PTXX0065.jpg

 樹々に着雪しているのは、標高1500m以上と言ったところだ。

PTXX0066.jpg

 暖かい缶コーヒーを飲んで、少しだけ歩きまわる。

     PTXX0068.jpg

 松くい虫の被害で、松の樹たちの立ち枯れが広がっているらしい。

    PTXX0069.jpg

 葉が出ないと樹氷も成長しにくいのだろう。

PTXX0070.jpg

 天気カメラ氷。

    IMG_1879_201902261510110e9.jpg

 またロープウェーで山を下る。

PTXX0076.jpg

 山頂駅周辺に人は多かったが、滑ってる客は少ないな。

PTXX0078.jpg

 でも気持ち良さそうだ。

PTXX0081.jpg

 下りの小さなゴンドラは、貸し切りだった。

PTXX0082.jpg
関連記事
テーマ : *山形県*  ジャンル : 地域情報

Comments

片岡風写さま
蔵王まで来た理由、って、樹氷ですよね!
コーヒー屋さんに豆大福があったら、ねぇ。(笑)
まんぼうさんへ
片岡義男は昔よく読みましたが、豆大福の話は知りません。

来た理由は呑み会で、ついでに樹氷かな。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2019