風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (2)  Trackback (0)

それでも故郷?

 新宿から中央線快速で国立へ。
 国立という地名は、国分寺と立川の間に出来た町なので、付けられた名前だ。
 東京にはこの手の安易なネーミングが多くて、大田、井荻はわかりやすいが、昭島、清瀬、中野、墨田もそうらしい。代沢もそうかな。

 また国内唯一の私立のコクリツ大学である、くにたち音楽大学もある。

 今回はギャラリーで、叔父の回顧展を見た。

    IMG_1740_2019022115354520b.jpg

 叔父は昨年4月に他界し、従妹から最後の個展の案内が届いていたのだ。

s-P1010071.jpg

 何度かブログでも触れているが、ワタシが都立高校に入った時、叔父は別の都立高で、美術教師をしており、入学時に保証人になってくれた。

    IMG_1745_2019022115355252e.jpg

 高校では、音楽、工芸、美術から一科目選択する必要があり、なんとなく音楽か工芸かなぁと思っていたのだが、中学時代のデザインを見せたこともあった、叔父からの入学祝が油絵道具セット。

 選ばざるを得なくなったのだ。 

IMG_1744_20190221153551b34.jpg

 ずいぶん久しぶりに会う事が出来た従妹にその話をしたら、うちの父も彼女が就職した時の保証人になってたらしい。

 優しい人柄がそのまま出ている、ほんわかした風景画。

    IMG_1743.jpg

 そしてその後また叔父に会った時に、教え子がデビューしたからと紹介されたのが、RCサクセション。
 たぶんすでに知っていたと思う。

IMG_1746_201902211535540e6.jpg

 ワタシの好きな叔父が、僕の好きな先生だったのだ。

 20年以上前に、父と同居することになり、東京の雪谷に少し広い部屋を借りることになった。
 駄目元で、大きな絵ばかり描いていた叔父に、今度の家は広い壁があるので、何枚か預かりましょうか? と言ったら、渡してくれた大作が今のマンションに二枚ある。

IMG_1676_20190221153544482.jpg

 多摩湖あたりの散歩道と、伊豆か房総の港だろう。

 絵はそのまま、水戸、そして仙台まで来てしまい、その後叔父に会った時に、個展の時はいつでも持って行きますよと話したのだが、もうお前にやるから、とお墨付きをもらってしまったのだ。

IMG_1675_20190221153542663.jpg

 個展に、同じ場所で描いたと思われる、もう一枚の絵があった。
 陰の具合からすると、昼間下の絵を描き、夕方山の影が広がってきたころに、上の絵を描いたように思える。そうすると西伊豆かな。

IMG_1741_201902211535469da.jpg

 点描のような、変わったタッチの絵もあった。

    IMG_1742_2019022115354821c.jpg

 他にも珍しい橋や建物の絵も。
 蒼騎会に属していたので、昔は時々上野の定期展を観に行ったものだ。

 朝日新聞で紹介されたという事もあって、多くの人が訪れていた。
 退職後はカルチャースクールで教えていたと言うので、そちらの教え子も来ていたのかもしれない。

 また中央線で八王子へ。

 昼メシだ。

IMG_1753_20190221153555ee7.jpg

 蕎麦を食べようと歩きまわったのだがラーメン屋や揚げ物系ばかりで見つからず、結局うどん店に。

IMG_1747_20190221153930bc4.jpg

 武蔵野うどんというジャンルがあるんだな。

IMG_1748_20190221153931063.jpg

 話が変わるが、この税別と税込みの価格表示、もういい加減税込のみに全国統一できないのだろうか。

 日替わりのアラカルト天ぷらは楽しいかも。

IMG_1750_20190221153933e3c.jpg

 田舎汁うどん、850円。

IMG_1751_20190221153934eaf.jpg

 きのこ汁に揚げ茄子がのったもの、だ。美味い。

 手打ちうどんは吉田のうどんよりは柔らかいが、世間一般の標準からすればコシが強いと思う。

    IMG_1752_20190221153935dc4.jpg

 いつもの西東京バスで西へ。

IMG_1754_201902211539374f7.jpg

 両親が眠る萩霊園長福寺だ。

IMG_1768_201902211539429a6.jpg

 30分ほどかかるが、本数の多い路線なので待ち時間は少ないし、もちろんSUICAが使える。

    IMG_1769_20190221153943394.jpg

 前にも書いたが、仙台藩片倉家ゆかりのお寺になる。

IMG_1763_201902211539406b1.jpg

 文字通り猫の額ほどの墓石横に生えてしまった桜の樹。

    IMG_1761_20190221153939fa5.jpg

 もう3mほどになり、土台の石が少し移動してしまっている。

    IMG_1760_20190221154048351.jpg

 いずれ仕舞って、遺灰は仙台に持って来るつもりなので、まあ良いのかな。

IMG_1762_20190221154049f9e.jpg

 多摩地域に住む親戚も、もうここまで登ってくる元気はないだろう。

    IMG_1765_201902211540517fe.jpg

 仙台の霊園を少し見て回ろうか。。

    IMG_1767_2019022115405213e.jpg

 ここも車で来れば、近くの美術館とか寄れるのだけれど、やはり遠い。

IMG_1755_201902211540468c3.jpg

 またバスで八王子駅まで戻り、中央線で国立を通り過ぎて、西国分寺で武蔵野線に乗り換え。

IMG_1770_20190221154054003.jpg

 武蔵浦和で埼京線、大宮で東北新幹線に乗り換えた。

IMG_1772_20190221154055812.jpg

 仙台駅で夕飯をゲットして市営バスで帰宅。

    IMG_1774_20190221154057ffb.jpg

 寒い。

IMG_1779_20190221154058bf7.jpg

 日常生活に戻ることができた。

    IMG_1782_20190221154100cf9.jpg

 参考:父と叔父は、8人姉弟の3番目と5番目、次男と四男だ。
関連記事
テーマ : art・芸術・美術  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

素晴らしい
叔父さんの絵画素晴らしいですね~
勿論お会いしたことが無いのですが、人柄がにじみ出るのか穏やかな画風ですね。
「僕の先生」の逸話は知っていました・・・
星肇さんへ
ありがとうございます。
テレビドラマにまでなったのには、ビックリぽんでした。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019