風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (0)  Trackback (0)

いったんお江戸で新年会 ~また大人旅その6

 18日の午後は、小田原から東京上野ラインの、何と前橋行きで東京、国電に乗り換えて神田のホテルへ、チェックイン。

     IMG_1092tas.jpg

 大学のクラブ仲間たちと、新年会兼今年の遠征の打ち合わせだ。

 大学の友人たちとの呑み会は、大体いつもこの手のチェーン店。
 情けないことに、間違えて一時間早く行ってしまい、東京駅周辺で時間をつぶした。

IMG_1094_2019012610242628b.jpg

 あまりブロガー向きの店ではない。

IMG_1095_20190126102427320.jpg IMG_1100_20190126102433498.jpg

 一昨年去年の遠征は北海道だったが、今年はもう少し遠くへ行くのだ。

IMG_1098_20190126102430bbc.jpg

 まだ半年近く先の計画なのに、フライトやら、宿やら、予約はもうほぼ済んでいる。

IMG_1097_20190126102429713.jpgIMG_1099_20190126102432374.jpg
IMG_1101_2019012610243510f.jpgIMG_1102_20190126102436f4d.jpg

 気が早いやつが幹事なのだ。

 上手く行きますように。

 ホテルに戻って、大浴場へ。

ph_largebath1.jpg
 宿のHPから無断借用画像。

 夜9時過ぎでも結構混んでいた。

 ぐっすり眠って、朝めしバイキング。

IMG_1103.jpg

 控えめにしておいた。

 チェックアウト後、近かったので、旧万世橋駅に行ってみた。

IMG_1106.jpg

 ただの古い駅のホームに上がりたいだけなのに、11時開場だって。

IMG_1105_20190126102643b50.jpg

 老人トラベラーには、信じられない。

IMG_1107_20190126102646f09.jpg

 ひと回り。

IMG_1108_20190126102647260.jpg

 お茶の水から中央線で新宿へ。

    IMG_1109_20190126102649940.jpg

 路線検索してて発見した、成田エクスプレスに乗るのだ。

    IMG_1110_201901261026500af.jpg

 昔はもっと富士急直通の急行があったと思うのだが、今は基本大月乗り換え。
 しかしこんな特急が、期間限定の臨時で就航しているのだ。

    IMG_1111_201901261026523d3.jpg

 インバウンド向けに、一日一往復だけ、成田から河口湖まで。

IMG_1112_20190126102653430.jpg

  それに新宿から乗ったのだが、やはり間違えて成田行きと勘違いした外国人家族も。
 立川まで行って折り返ししていた。

 そのあたりからもう富士山は見える。

IMG_1113.jpg

 備忘録に、AC電源は無いが、車内WiFiはあった。

 大月からは単線の富士急。スピードがかくんと落ちて、ほぼ徐行状態。

 時々富士山が見える。

PTX21483.jpg

 いきなり、路線があるはずがない高架橋。

PTX21486.jpg

 そうかリニア鉄道だ。

PTX21487.jpg

 乗換駅なんてできないんだろうな。

PTX21488.jpg

 五重塔が見えたが、桜の季節、富士山を展望する有名なポイントだろうか?

PTX21489.jpg

 富士山駅に到着。指定席の予約は終点の河口湖までだったが、ここで降りた。

IMG_1116_20190126102757131.jpg

 昔は、富士吉田駅だった。

    IMG_1119_2019012610280034e.jpg

 そう、母方の親戚が多いエリアで、小学生の時に良く遊びに来た街なのだ。

IMG_1118_20190126102758e30.jpg

 祖母の双子の妹一家が下吉田に住んでいて、絹織物の町工場があった。
 家の前に綺麗な小川があって、洗い物をしていたのと、夏の終わりの火祭りを想い出す。

 富士山で降りたのは、レンタカーを借りるため。
 仙台を出るときには予定していなかったのだが、天気が良いので、新宿駅を出る前に決心。

 電話したら、空いていたのだ。
 それで車を借り、まずは昼メシ処を探した。

IMG_1128_20190126132201007.jpg

 吉田の親戚のうちを訪れた時、当時から麺好きだったのだろう、おばあちゃん(厳密には祖母の妹)が毎回必ずうどんを打ってくれたのだ。足踏みは手伝ったと思うが、今ほど重くなかったので、貢献は出来なかったと思う。

 最近は少し有名になった吉田のうどんだが、当時はほうとうとともに、無名の存在だった、と言うか子供たちにとっては、特産品でも何でもなく、単に親戚のおばぁちゃんのうどんだったのだ。

    IMG_1123_20190126132154233.jpg

 ここ蔵ノ介は、富士吉田市から河口湖町に入ってすぐ。

    IMG_1127.jpg

 専用用紙に自分で記入して店員に渡すのが、吉田のしきたりのようだった。

    IMG_1124_2019012613215529e.jpg

 肉きんぴらうどん500円。

IMG_1125_201901261321567c3.jpg

 甘く炒めた桜肉に醤油味。刻み葱の下に、茹でキャベツが隠れている。

 やはり太くて硬いうどん。

    IMG_1126_201901261321581be.jpg

 太さ的には讃岐に近いが、硬くて、蕎麦で言えば山形の田舎そばのイメージだ。
 つまんで持つと、ほぼ形を保ったまま上がってくるのだ。

 讃岐とは全く違う。
 伸びることは少ないと思うので、茹で上がった後でも多少は品質が保たれると思う。

 ちなみに薬味は、すりだねと言って、生七味みたいなウェットタイプの七味が標準だ。

 駐車場からは富士山が綺麗に観えた。

IMG_1122_2019012613215267b.jpg
関連記事
テーマ : 鉄道の旅  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019