風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

硫黄の香りに包まれて

 20日の朝は、硫黄の香り。
 アントラーズの敗戦後、数時間眠ってまた硫黄温泉に浸かる。

IMG_0449_201812220451005b1.jpg

 8時に、まんぷくを見ながらの朝食は、お宿の食堂だ。

IMG_0447_201812220450575e9.jpg

  多すぎず、シンプル過ぎず、実に適量だ。右上はほうずきの実ヨーグルト。
 もちろんご飯は、ゆきむすび。

IMG_0448.jpg

 やっぱり夕メシも頼んだ方が良かったかな。

 最後、五回目の入浴。

IMG_0451_201812220451020b5.jpg

 かけ流しで、加水をしていないのに、適温の硫黄泉。

       IMG_0454_20181222045103c38.jpg

 お約束のゆきむすびをいただいて、お勘定。

IMG_0417_20181222045056da3.jpg

 ひと晩じゅう霙が降っていて、屋根の雪が時々落ちた。

IMG_0457_20181222045105e0a.jpg

 夕飯付きで泊まった時のレポートはこちらそちらあちら

 足湯がある、鳴子温泉駅。

IMG_0460_20181222045108bf1.jpg

 駅前の肉屋兼弁当店に寄ってみる。

    IMG_0459_201812220451068ec.jpg

 友人に薦められたしば・ドレを、夕食用の肉コロッケとともに購入。

    IMG_0489_20181222045109285.jpg

 少しはドライブをしようと、西へ向かった。

 中山平から先は雪。

IMG_0461_20181222045259e63.jpg

 除雪車量が大活躍していて、鳴子峡の駐車場にも入れない。

 緩やかな峠を越えて、立ち寄ろうと思った分水嶺も積雪が多く、断念。

IMG_0462_2018122204530154e.jpg

 次の目的地、猿羽根山も登山道が真っ白で取りやめ。

 尾花沢の道の駅は、やってるのかよ状態。

IMG_0464_20181222045303f13.jpg

 なるほど、雪囲いだ。

IMG_0463_20181222045302bbb.jpg

 地ワインを一本購入した。

IMG_0465_20181222045305ae7.jpg

 少しだけ新しく延伸した自動車専用の、東北中央道を走り、村山へ。

 東沢ばら園近くの裏道を走っていたら、美味そうな蕎麦屋を発見した。

    IMG_0466_20181222045307b7e.jpg

 なんて読むんだ?

    IMG_0470_201812220453081e9.jpg

 平仮名だった、和工房そばの

 鳥つけそば、950円。

IMG_0471_201812220453104ee.jpg

 暖かいつけ汁と、普通の冷たい汁が楽しめるのだが、この冷たい汁が、濃くて美味いのだ。

 蕎麦も太さに適当なばらつきがあり、エッジが立って良く冷えている。

    IMG_0473_20181222045312dd2.jpg

 気に入った。

IMG_0472_20181222045311622.jpg

 つけ汁に入ってる、焼ネギも美味い。

    IMG_0474_201812220455275a4.jpg

 雰囲気も適当にお洒落だ。 いちばん奥の席、天気が良ければ、上手に月山が見えるかも。

IMG_0476_2018122204553015c.jpg

 蕎麦湯に、珈琲、つけ汁に蕎麦茶。サービスでいろいろ飲めるし。

IMG_0475_20181222045529093.jpg

 きっと週末には行列ができるだろう。

IMG_0478_20181222045532106.jpg

 裏にも駐車場。

 仙台方面へ戻るべく、国道48号に向かっていたら、渋い山門。

IMG_0479_20181222045533de5.jpg

 父母報恩寺。

IMG_0481_20181222045535caa.jpg

 美しい鐘楼が目立つ。

    IMG_0482.jpg

 雲が切れて、月山の裾野が見えてきた。

IMG_0488_2018122204554100b.jpg

 反対側の山にも雪。船形山なのかな。

    IMG_0487_20181222045539010.jpg

 すっかり冬の風景だ。

IMG_0484_20181222045538712.jpg

 関山峠を越えて、仙台に戻った。

関連記事
テーマ : ドライブ記  ジャンル : 車・バイク

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019