風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (14)  Trackback (0)

百周年だけど84回め

 さて夜になりました。

 第84回全国花火競技会。大曲の花火の開幕じゃない、夜の部開始です。

IMGP1640.jpg

 我々の席は正面よりも45度ほどオフセットした場所だと昨日書きましたが、このような正面向けの五連の打ち上げが若干見づらい以外は、迫力満点。
 ナイアガラは立ち上がらないと見えませんでした。でも立つとブーーーーイング。

IMGP1675.jpg

 競技は、クラシックな「割物」とモダンな「創造花火」のセットなんですが、割物は我々のほぼ正面から上がるんです。

IMGP1645.jpg

 あまりに近くてなかなか上手く画枠に収まりません。

IMGP1646.jpg

 失敗の連続。

 タイミングが悪いと、残滓のみ。

IMGP1648.jpg

 ほとんど真上に上がる感じなので、寝っ転がってみるのが一番。

 Pentax K-7 に Sigma 12-24mm 超広角ズーム(35mmフィルムの18-36mm相当)を装着していたので、ここからは安全重視、引き中心です。

IMGP1650.jpg

 大体、シャッター速度は8-12秒程度、絞りはF8から16あたりで試行錯誤、K-7の最低感度ISO200。

 割物は10秒前後、連発の創造花火はそれだと重なりすぎてしまうので4秒程度が良いような気がしました。

IMGP1670.jpg

 花火が打ち上がってすぐにシャッターをリリースするので、AFも働かないことがあるのに気づき、途中からマニュアルフォーカスで∞固定にしましたから、露出も含めて完全マニュアル撮影です。

 出来れば、割物用と、創造花火用の2台態勢がベストかも。

 低感度、スローシャッターで撮影するので、明るいレンズは不要です。

IMGP1673.jpg

 引いているのに中心を外しています。
 要は三脚使用に慣れていないんです。

IMGP1689.jpg

 あまり書く事がなくなってきたので、またまた引用です。

 明治43年から始まった大曲の花火は、今年で100年を迎えました。途中、戦争のため一時中断はあったものの、2010年で84回の歴史を数えるにいたっています。今や世界一のレベルにまで発展進化した「大曲の花火」。ほんの数秒の間に繰り広げられる花火師たちの精緻な技と芸‥‥花火芸術の最高峰をご覧ください。
 今年は、100年を記念する特別イベントも企画されています。


IMGP1696.jpg

 観覧場は旧大曲市の西側を流れる雄物川右岸の大曲橋と姫神橋間(約1.6km)の河川敷運動公園です。その面積は、約24万平方メートルと広く、どこからでも観覧できます。
 第83回大会は、68万人の観覧者を数えました。


IMGP1700.jpg

 観覧場の一部に有料観覧席が設置されます。
 有料観覧席(桝席)は、A席、C席、P席の3種類が販売されます。販売方法は、一般販売(直接販売)・電話販売・インターネット販売があり、いずれも抽選を行なった上で当選者への販売となります。


IMGP1707.jpg

 全国の花火師たちが目標としている日本一格の高い大会です。
 良い花火とはどういうものか?花火芸術とは?その全ての答えがここにあります。打ち上げられる花火の質、規模、は他の大会では見られない内容とあり、毎年、全国各地から多くの花火ファンが訪れます。


IMGP1715.jpg

 大会は、第1部「昼花火の部」、第2部「夜花火の部(10号割物花火の部・創造花火の部)」で構成されています。各部のはじめには「標準審査玉」が打ち上げられ、競技ではそれを基準として、高度および開き/音および色彩/リズムおよび総合美/意匠および斬新性/安全性、以上5つの観点から総合的、芸術的に審査されます。
 内閣総理大臣賞はじめ、経済産業大臣賞、中小企業庁長官賞など権威のある褒賞があります。


IMGP1720.jpg

【昼花火の部】
 5号早打5発

 煙竜か割物を打ち上げ、その形と色の組み合わせによる総合美を競います。
5号早打ちで5発を打ち上げますが、いかに鮮明な模様や色彩を表わすかがカギとなります。煙竜は、パラシュートでさまざまな色の煙を吊り、空に模様や色彩を残すものです。また、割物は夜花火の光の代わりに、色煙で菊などを表わします。全国的にたいへん貴重で、競技としては当大会でしか見られません。

【10号割物花火の部】
 課題玉 芯入割物1発
 自由玉 千輪菊、冠菊、小割模様など創造的な割物1発

 芯入割物(課題玉)と、これ以外の割物(自由玉)を1発ずつ打ち上げ、その合計点を競います。
芯入割物玉(課題玉)のほとんどは八重芯や三重芯の変化菊で、八重芯は3重、三重芯は4重の同心円を作るものです。近年は、四重芯や五重芯も登場していますが、大変難度が高く、更なる技術の進歩が期待されています。
割物自由玉は芯入割物玉以外の割物「A」(千輪菊・冠菊など)か、創造的な割物「B」を打ち上げます。「A」は盆を重視し、花火が開いた瞬間に円の中におさまるものを評価します。「B」は花火師の意図が表現され、色彩や形に工夫の見られるものなど、創造性が高く技術的にまとまりのある花火が評価されます。
 年々個性的な花火が増え、観客の目を楽しませています。


IMGP1736.jpg

 この辺りで風が止まり、煙が滞留、見苦しくなってきました。

 無煙花火の開発も試みられているようですが、まだ実用化は遠いようです。

 【創造花火の部】

 速射連発か8号早打ちのいずれかを選択し、2分40秒以内で打ち上げられます。音楽に合わせたものがほとんどで、音楽とぴったりのタイミングで花火が開いたり、曲調や歌詞からイメージされる斬新なデザインの花火が見られ、観客にとっても楽しみな部門です。「花火は丸いもの」という基本概念にとらわれず、形態、色彩、リズム感、立体感における創造性、独自性にポイントを置いて審査し、その創意工夫、改良や努力が評価されます。
 創造花火は大曲が発祥の地であり、昭和39年から元大会委員長佐藤勲氏の考案によって全国で初めて取り入れられました。佐藤氏が考える創造花火とは、「花火は丸くなくても良い」「複雑な配色を避け、単色化する」「花火の筒の大小の組み合わせで、打ち上げにリズム感と立体感を出すこと」。つまり、わかりやすく、誰でも楽しめることが最大のテーマになっています。
 創造花火発祥の地での勝負とあって、花火師たちは毎年バラエティにとんだ花火で観客席をわかせます。


IMGP1749.jpg

 私は一昨年に続いて二回目なのですが、本当にものすごい大会でした。

 普通の花火大会と、上がる花火の質が違います。

 その質は、より幾何学的に美しく大きな割物へ挑戦する方向、今までにない展開や色形にチャレンジする物、いろいろです。

IMGP1658.jpg

 これまで見たことがないカタチ、色、音。鳥肌が立ちます。

 百周年を心から祝おうという花火師の技術、経験、心意気、そして人生の全てをかけた花火が次から次へと打ち上げられ、あっという間に消えて行くのです。日本中から集まった匠の技。大歓声と拍手。

 30社ほどの競技者の作品以外も、大会提供や、企業提供の連発花火、7号の連発等、今回は例年以上に盛り沢山。その全てが半端じゃなく、ものすごい弩級なんです。

 本当に感動しました。思い出すだけでも涙が出てきます。

DSC01837.jpg

 こんなにも思い入れがたくさん詰まった花火は、きっともうしばらく見られないでしょう、現地で見られて本当に幸せです。最高。

 でも、終わってしまいました。

交通規制図c


 写真を撮っていなければもっと幸せになれたかもしれませんが、それでは絶対後悔するので、たっぷりシャッターを押しました。数が多いので、フォトアルバムにまとめてあります。こちらに飛んで、スライドショーを押してお楽しみください。
           クリック↓
クリック⇒ 大曲花火2010 by 風写 ←クリック
 殆どの画像はトリミングしてあります。 ↑クリック

 終わったあとが最大の混雑・渋滞。
 まず現場から退場する混雑。我々はそのまま余韻を肴にブルーシート上でまず乾杯です。

 30分ほどで一段落したらキャンプサイトに戻って再び乾杯。

DSC01845m.jpg

 この後どうせ4時間はどちらに行くのも渋滞なので、テントでもう一泊するんですね。のんびり、ゆっくり、スローライフ。

       DSC01844.jpg

 またまた頂いちゃいました、気仙沼ホルモン。これがまた、んまい。

DSC01846.jpg

 花火の夢を見ながら熟睡できました。

IMGP1748cc.jpg
関連記事
テーマ : 創造と表現  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

レクチャーありがとう!
花火撮影の参考になりました!
難しいですし・・・音と一緒に撮りたいところです(笑)
羨ましい☆
100周年記念の80万人の花火、
凄くいい場所おさえましたよねぇ。

スライドショー、見応えありました(*'ー'*)♪流石です☆

大曲、以前にバイクや車でキャンプで4回程行きましたが
(最後に行ったのは80回大会)
行くたびに

・「寝転がってしっかり見る」
・「一眼でコレって写真を一枚を撮る」
・「動画で撮る」

どれにするか悩みつつ
結局どれも中途半端になってました( ̄u ̄;)…。

大曲に行く時は体が3つ欲しいです。


花火ってホントはこう写るんですよね、叔父さんはバカチョンで
こう写らないんですけどどうしたら良いんでしょうかね?腕かカメラか
叔父さんにとっては永遠の謎なんです、
すごいすごいすごい
フォトアルバム、堪能しました!
花火職人の想像力、発想力、技術力ってスバラシイですね。
伝統的なものから独創的なものまで、どちらも感動。
そして、三重芯や四重芯の境界までクッキリとカメラにおさめた
風写さんのテク(意地?)にも、また感動。

当日の夜は、部屋の電気を消してTVの生放送を見てました。
十年以上前、桟敷席の最前列に招待されて見たのが最後だけど
また行きたいキモチになりました。。。


LYNX☆さんへ
レクチャーなんてとんでもない
花火の撮り方
どこを探しても書いてあることではないですか?
zepさんへ
ありがとうございます

大曲の花火
最大のネックが往復の渋滞と宿泊、そしてトイレ。
バイクで行けば渋滞は逃げられるかもしれません。

トリレンマについては、二時間半以上と長いので、三分割すればいいのです。

私の場合始めのうちが静止画、途中煙が滞留したので見物、最後の方は動画専門でした。

今どうやって動画をアップしようか思案中です。
zepさんと同じやり方かな。
ベガサポさんへ
ベガサポさんの使われているようなカメラでも花火は撮れます。
ただ、今のインテリジェントカメラは被写体がぶれないように撮るのが得意なんですが、花火はあえてぶれさせて光跡を撮るんです。

それにはマニュアルモードが必要なんですね。
リコーのカメラだとGXとかGR、GXのカメラならそれが出来ます。
anegoさんへ
ありがとうございます
珍しく誉められまして、嬉しいです。

花火の写真は虚像です、だから写真ではなく、写虚。

10秒といった長い時間露光しますので、明らかに人間が見ている花火と、撮影された画像は異なるものになります。

カメラに頼って自動で撮ると、普段の写真と同じく、ごく短い瞬間の絵が撮り込まれるのですが、それでは只の光点の集合であまりにもつまらない。

それで、編み出された花火の撮り方なんですが、まさしく写虚なんです。
スライドショー
再度じっくり見ましたがなかなか良いですね!
写虚かなんか知らないが(笑)花火の美しさが伝わって来ていますよ・・・素晴らしい事ですよ。
如何に感動を伝えるかが大事な事で、屁理屈は必要ないですね・・・・・
トリレンマ。
なるほど~。でも大会提供を動画で撮るか静止画か
寝転がってみるかはやっぱり悩みそうです(^▽^;)。

最後の10号30連発は煙も多いので諦めて寝転がって見るので
満喫できるんですけどねぇ。

バイクでも2回行きましたが日陰がないから
昼間が辛いんですよねぇ( ̄u ̄;)…。

すり抜けもできるけど渋滞の量がハンパなかったので
大体当日の朝5時までに現地に着いて1泊テントが多かったです。

動画UP楽しみにしてます(*'ー'*)♪
LYNX☆さんへ
ありゃりゃ
またまた誉められてしまいました
ありがとうございます

写虚は言葉の遊びですが、これまでずっと写真という言葉については、いろいろ感じてきたことがあったので、書いてみました。
絵画には写生という言葉がありますね。
いろいろ考えてしまう、言葉たちです。
zepさんへ
今回の場所は間違いなく寝っ転がってみるための位置ですね。
いろんな所で、大曲の画像を見ることが出来ますが、やっぱり写真を撮るには後ろの堤防あたりが良いように思います。

天気にも恵まれ、最上級の花火大会だったようですね。

私は録画での観覧でしたが、インザムードに合わせた百周年記念スターマイン、さすがにもうこれで終わり?というところで打ち上げられた大きな大きな花火に、思わず涙が。感動しました。花火師さん達の心意気に参りました。

現地で見た方たちの驚き・感動・興奮たるや、いかばかりか。うらやましいです。よかったですね。
「思い出すだけでも涙が出てきます」本当にそうだろうなぁ。
ユケチュウさんへ
近所の花火大会だってそれはそれで綺麗で楽しいんですが、大曲は違いました。

なんの世界でも同じかもしれませんが、技の研鑽の上に、新たな素材や、周辺技術の進歩が相まってブレークスルーが生まれるんです。

そのぎりぎりの匠の技、今考えられる全てのテクニックを見せられた気がします。
どうだ、これでもか、これでもかって。

また涙が出てきました。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019