風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ウォーキング

Comment (0)  Trackback (0)

山茶花サザンカ咲いた径

 寒くなって来たけれど、暖かそうな陽射しのある時間を狙って時々ウォーキング。
 秋桜は、ついに枯れた。

IMG_0273_201812141534387c2.jpg

 秋が終わったのだ。

 11日は、数日前に降った雪は解けたが、なごり雪ダルマが、モアイのように広瀬川の河岸段丘を睨んでいる。

IMG_0274_20181214153439f8b.jpg

 山茶花はまだ見ごろだ。

IMG_0276_201812141534404e5.jpg

 いつものように牛越え橋で折り返し、川原を歩いてみる。

IMG_0277_20181214153441de9.jpg

 雪ダルマたちのところにも、行ってみた。

IMG_0278_201812141534438d7.jpg

 子供たちの努力の跡が、しみじみ伝わってくる風景だ。

IMG_0281_20181214153444a5f.jpg

 水量が減ってきた広瀬川は、白鷲には都合が良いのかも。

IMG_0283_20181214153446ec5.jpg

 これは13日の昼メシ。前の週あたりに、こんな宣伝チラシがポストに入っていたのだ。

    IMG_0183_2018121415370836e.jpg

 どこかのラジオの周波数、1260みたいな見出し。

 年金暮らしの老人は、しっかり切り取って財布に入れておいた、特別ご優待券を使うのだ。

IMG_0309_201812141537101ea.jpg

 晩翠通と木町通の間、古いマンションが多いエリアの裏通りにある。

    IMG_0310_20181214153711fd2.jpg

 中華系だと、東洋軒に紅龍、シロトリコにも近い。

 このメニューポスターのデザインは、何処で見たことがあるような。

    IMG_0315_20181214153719038.jpg

 お洒落な店内は、女性指向か。

IMG_0311_20181214153712dc7.jpg

 香味醤油そば、830円→500円+大盛150円。

IMG_0312_20181214153714420.jpg

 私には見当もつかない、佃煮のような、高菜漬けのようなものが2種類乗っていて、スープの味も複雑。

IMG_0313_201812141537166ae.jpg

 何枚も乗っている、小ぶりで薄切りのチャーシューは好みだ。

 微妙に細めの麺も美味しい。

    IMG_0314_20181214153717259.jpg

 上総一ノ宮の店でもそうだったけれど、蕎麦のようにホシが入っているのも流行りなのかな。

 でもデフォルトが830円は、普段使いには高い。

 帰りにふとフェンスの上を見ると、賢そうなカラスがカップラの中をつついていた。

IMG_0317_20181214153720d7c.jpg

 動画で撮るべきだったな。

 その日は午後に、また河川敷へ。

IMG_0318_201812141535447a4.jpg

 西に低い山(青葉山の奥の方だ)があるので、もう日没に近い時間帯だ。

IMG_0321_20181214153545f25.jpg

 同じ径なのに、陰の向きが違う。

IMG_0322_201812141535486bb.jpg

 仲良し猫兄弟はいつものポジション。

IMG_0323_20181214153550099.jpg

 冬はエアコンの室外機前は、寒いだろうに。

IMG_0325_201812141535519b6.jpg

 雪ダルマは、だいぶ痩せてしまっている。

IMG_0326.jpg

 枯草を纏った方が、長く生きられるのだな。

IMG_0328_2018121415355314f.jpg

 風景もなんだかいつもと違う。

IMG_0329_20181214153554a8a.jpg

 細い支流が流れ込む、広瀬川の傍流と言うか、ほとんど水たまり。

IMG_0332_201812141535567e5.jpg

 振り返ったら、日の入り間近の絶景だった。

       IMG_0333_20181214153557708.jpg

 ちょうど県立美術館の下あたりになる。
関連記事
テーマ : 散策・自然観察  ジャンル : 趣味・実用

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019