風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

やはり海辺でしょ ~大人の坂東旅行その5

 先月30日の夕方、館山駅に着き、即タクシーで宿へ。
 慌ただしくチェックインを終えて、部屋へ。

PTX21067.jpg

 何とか間に合った。

    PTX21071.jpg

 わざわざ少し高めのオーシャンビューの部屋を取ったのに、間に合わなかったら洒落にならない。

PTX21076.jpg

 沖には海保?

PTX21079.jpg

 てっきり海に沈むと信じて来たのだが、房総半島の先っぽが邪魔をしていた。

PTX21082.jpg

 ちょっと見難いけど、手前には沖ノ島。

     PTX21088.jpg

 雲はあったが、沈み際は見ることができた。

PTX21092.jpg

 楕円形。

PTX21093.jpg

 また年賀状候補作になった。

PTX21097.jpg

 沈。

PTX21098.jpg

 富士山までは見えなかったが、伊豆大島は綺麗に。

PTX21103.jpg

 一応温泉だが、無色無臭。

IMG_9934_20181205092156f9f.jpg

 露天風呂もあった。

IMG_9933_20181205092155753.jpg

 夕メシは広い食堂で。

IMG_9946.jpg

 3人だけだった。

IMG_9953_20181205092204d04.jpg

 ローストビーフ+季節の野菜、沖メバルの田舎煮、鯨の竜田揚げ。

IMG_9949.jpg   IMG_9954.jpg
IMG_9950.jpgIMG_9952_2018120509220257f.jpg

 お造り三点盛り、餡掛け茶碗蒸し、さんが焼き、出汁茶漬。

IMG_9956_20181205092207bbc.jpgIMG_9957_20181205092345295.jpg
IMG_9958_20181205092347ebc.jpgIMG_9959_20181205092348ea8.jpg

 余計なスイーツも。 

IMG_9960_20181205092350bda.jpg   IMG_9963.jpg

 ぐっすり寝て、翌12月1日の朝風呂は、男女入れ替わり。

IMG_9964_20181205092353e75.jpg

 露天風呂は無いかわりに、ジャグジーがあった。

    IMG_9966_2018120509235465e.jpg

 風呂の帰りに廊下から山側を見たら、一応日の出が。

PTX21105.jpg

 これもそれなりに美しいぞ。

PTX21107.jpg

 広いロビー。

IMG_9968_2018120509235657f.jpg

 朝ドラに合わせて、7:30に朝メシ。イカ素麺が美味い。

IMG_9970_2018120509253856f.jpg

 好きなソフトタイプのシャケ。

   IMG_9971_20181205092539498.jpg

 館山湾に浮かぶ沖ノ島。

PTX21109.jpg

 高校1年の臨海学校は、高校の施設がある館山だったのだが、最後に沖ノ島まで30分ぐらい遠泳したのは良い想い出だ。

 今も施設はあるようだった。

IMG_9984_20181205092548af8.jpg

 その時の画像を発掘。右奥に沖ノ島も見えている。

OMI_0078.jpg

 46年前のスクール水着だぞ。

OMI_0076.jpg

 カメラを持っているワタシ、スリムだなぁ。

     OMI_0077.jpg

 いろいろ思い出した。

 チェックアウトして、北条海岸ウォーク。

IMG_9973_20181205092541c1d.jpg

 ここはさらに昔、小学生時代に、家族で海水浴に来た浜だ。

IMG_9975_2018120509254328d.jpg

 父の都合か何かで、少し遅い時期になった年、クラゲに何ヶ所も刺された記憶があるが、ここではなかったかもしれない。

IMG_9976_201812050925445bd.jpg

 防砂ネット張りの作業中だった。

IMG_9979_201812050925455bb.jpg

 やはり、東北の浜とは空気が違う。

IMG_9982_2018120509254763f.jpg

 暖かかったので、仙台から着て来た上着を脱いで、ひと休み。

IMG_9985_2018120509255024d.jpg

 椰子の実も流れ着いたりするのだろうか、これは棕櫚だけど。

IMG_9986_20181205092649928.jpg

 シャッターが閉まっている店舗が多いのは、東北と同じ。

IMG_9989_2018120509265032a.jpg

 のんびり暮らすのには悪くない場所だと思うけれど。

    IMG_9990.jpg

 浜のトイレもエーゲ海風で格好良いし。

IMG_9991.jpg

 館山駅は、ホテルカリフォルニアだ。

IMG_9993.jpg
関連記事
テーマ : 夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け  ジャンル : 写真

Comments

房総はいいですね〜
房総半島は、3回行きましたが、いい思い出ばかり。
クジラが出るのは、近くの和田浦で沿岸捕鯨をしているからかな?
旅の続きが楽しみです。
まんぼうさんへ
ですね~~
茨城までは、東北とあんまり変わらない感じだけど、房総まで行くと、
♪風が違う、花が違う、気温が違う、ごめんね~、また東北と比べている~~。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018