風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 温泉三昧

Comment (0)  Trackback (0)

それほど熱くは無かった

 21日は長床から喜多方市内を通り抜けて、会津盆地の北の端の温泉地へ。

IMG_9548_20181124100818c3b.jpg

 会津熱塩温泉だ。

    IMG_9545.jpg

 あつしおという名の通り、海沿いにはよくある塩化物泉、要は塩っぱいお湯になる。
 夕飯は部屋食。量控えめなコースだと思う。

IMG_9519_2018112410080514f.jpg

 品書きをもらったので備忘録。
 海鮮香草だれ、蓮根そぼろ和え、菊花蕪、地元の磐梯マス他海のものいろいろ、素麺南瓜の酢の物。

IMG_9523_20181124100810d1c.jpg IMG_9524.jpg
IMG_9520_20181124100806b85.jpg IMG_9521_20181124100807a0b.jpg

 宿のブランド、一流の田舎は、純米大吟醸。 鶏肉の紫蘇風味。

IMG_9525_20181124100813fcf.jpg IMG_9531_201811241011452f0.jpg

 部屋のテレビには、元同僚の気象予報士。国会議員ではなくなってからは、福島が活躍の場だ。

IMG_9527cas.jpg

 秋鮭サラダ仕立て、里芋鍋。

IMG_9522.jpg IMG_9532_2018112410081534b.jpg

 二本目は、会津ほまれ、ならぬことはならぬものです純米原酒。そしてご飯。

IMG_9533_20181124101147832.jpg IMG_9535_20181124101148372.jpg

 デザートは、先日皇室にも献上された、会津見知らず柿だ。

IMG_9536_201811241011502c5.jpg IMG_9537_201811241011519c1.jpg

 ひと休みして、また温泉へ。

IMG_9538_201811241011520c8.jpg

 内湯は深緑色をしているが、露天は透明だったような。

IMG_9540.jpg

 露天はぬるい。

IMG_9543_20181124101155707.jpg

 ぐっすり寝て朝方、深夜に男女入れ替わったもう一つの風呂場へ。

 こちらの方がモダンなデザインだ。

IMG_9554.jpg

 露天はこっちの方が良いな。

IMG_9555_20181124101406548.jpg

 撮影出来ているのは、すいている証拠だ。

    IMG_9556_20181124101408df6.jpg

 二度寝した後、BSで朝ドラを二本見て、朝メシは大広間。これは豪華だ。大好きな山都の刺身こんにゃくも。

IMG_9560_201811241014091df.jpg

 黒豆納豆に、小籠包。

IMG_9561_201811241014115d9.jpg IMG_9563_201811241014127fb.jpg

 極楽極楽。

 館内にこんな案内ポスターがあったので、食後にそぞろ歩き。

    IMG_9566_201811241014172ad.jpg

 旅館が数軒ある小さな温泉街だ。

PTX20966.jpg

 200円で入れる共同浴場。

PTX20967.jpg

 喜多方らしい食料品店。

PTX20953.jpg

 しかしあとはあまり店もなく、寂しい。

PTX20954.jpg

 温泉街のいちばん奥にある、示現寺。

PTX20963.jpg

 ポスターのような紅葉は終わっていた。

     PTX20962.jpg

 観音堂。

PTX20961.jpg

 その右手の奥の方に、

PTX20960.jpg

会津のナイチンゲール、瓜生岩子の銅像がある。

PTX20957.jpg

 初めて紫綬褒章を与えられた女性だと言う。

 源泉と足湯。

PTX20965.jpg

 写真屋さん。

PTX20969.jpg

 こちらは何度も来ている、日中線の熱塩駅跡。

PTX20970.jpg

 宿に戻って、また入浴だ。

IMG_9564.jpg

 チェックアウトが11時なのが嬉しかったが、入浴時間は10時までだった。

IMG_9565_20181124101415843.jpg
関連記事
テーマ : 温泉旅行・温泉宿  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018