風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ウォーキング

Comment (2)  Trackback (0)

少し大回り

 仙台市内でも、ところどころ色付いた樹々が見られるようになってきた。

    IMG_8673_20181023050802f5d.jpg

 寒くなって来たので、18日は9:30スタートで広瀬川河川敷へ。

IMG_8674_20181023050803571.jpg

 時間にとらわれない生活ができるところが、年金生活者のアドバンテージなのだ。

 ちなみに年金生活を英訳すると、Pension。
 年金生活を送る世代の夫婦などが、自宅の空き部屋に学生や客を泊めて、食事を提供することをPensionと呼んだのが、いわゆる洋風民宿ペンションの語源らしい。
 この日は望遠デジカメを首にぶら下げてのウォーク。

P1000316_201810230508040b1.jpg

 カメラ散歩ともいうが、おかげで初めて道端の猫をアップで撮ることができた。

P1000318_2018102305080605f.jpg

 もう早朝散歩時には現れなくなって久しい。

 柿の実も。

P1000319_20181023050807941.jpg

 青空と柿、好きな被写体なのだ。

P1000321_20181023050808bf3.jpg

 土手沿いには二本、柿の木があって、こちらは少し長い実がなる品種だ。

     P1000322_20181023050810b0a.jpg

 どちらも渋柿なのだろうか。

P1000323.jpg

 こっちの猫は、アスファルトの上で一人でじゃれている。

P1000325_20181023050813c4c.jpg

 時々目が合う。

P1000326_201810230508142c8.jpg

 遠くから撮っているのに。

P1000328.jpg

 珍しく釣りっこしてる人がいたと思ったら、川っぺりで読書だ。

P1000330_20181023050934356.jpg

 やはりデジカメを持って来る方が楽しいな。この日の機材は、DC-TZ90。

P1000332_201810230509351eb.jpg

 牛越橋を渡る。右下から勢いよく流れ込んでいる流れは、三居沢水力発電所で電気を産んだ水流だ。

IMG_8675_20181023050922822.jpg

 芋煮会場。

IMG_E8676.jpg

 たぶん歩くのは初めてだったと思う、広瀬川右岸の河岸段丘上、川内三十人町から、元支倉。

 宮城県美術館に到着だ。

IMG_8677_2018102305092448c.jpg

 悪く言えば入りにくい、独特の雰囲気がある。

    IMG_8679_201810230509259a3.jpg

 早朝でないので、アリスの庭にも入れた。

    IMG_8680_20181023050927348.jpg

 ちょっと楽しい異空間なのだが、正面のガラスはすべてマジックミラーなのだ。

    IMG_8685_20181023050930f9b.jpg

 館内に入ったことがある人は知っている。

IMG_8682_20181023050928966.jpg

 カップルなどは要注意。

IMG_8686_20181023050931eec.jpg

 ここを抜けて北庭に出る。

    IMG_8687.jpg

 誰もいない。

    IMG_8688.jpg

 無風で動かない、時の旅人。

IMG_8689_2018102305104813d.jpg

 飛行機が飛んだルートだけ、雲が出るようだ。

IMG_8690_20181023051049f5c.jpg

 澱橋からはいつものコンビニルートで帰還。5キロコースだった。

       IMG_8691mo.jpg

 昼メシは迷って、結局わこんへ。二回目だ。

IMG_8696_20181023051318dec.jpg

 居酒屋だけど、メニューは普通だ。

    IMG_8692.jpg

 前に高松で一本空けた、金宮焼酎のポスター。

    IMG_8693_20181023051314b42.jpg

 ヒレカツとカキフライ定食。

IMG_8694_2018102305131568d.jpg

 680円は実にリーズナブル。

IMG_8695_20181023051317c30.jpg
関連記事
テーマ : ウォーキング  ジャンル : ヘルス・ダイエット

Comments

高カロリーのランチ
今日、映画「日日是好日」を見た後、渋谷の宮益坂の「御厨」(みくりや)という店で、同じようなランチを食べました。
ミックスフライ定食(エビ・イカ・カキ・アジ・ポーク)、ミニ刺身小鉢付きで¥1,100(税別)。昼食にはちと値は張るけれど、若い人達で満席でした。
現役の頃の500円ランチとは時代が違うのだなあ、というのが実感。

さっぱり味で、胃にもたれずおいしかった。ごはんおかわり自由というのは、若者の街ならでは。
テレビの「イケメンレストラン」で紹介されたことで、若い女性に人気があるそうです。

でも、たまの街歩きは、ちょっと疲れます。相方の早足についていくのがやっと。脚力をつけなくては…

kazuさんへ
昔はみんな同じように500円ランチだったような記憶ですが、今は高級ランチを食べるヒトと、そうでないヒトの差が大きくなってるのが気になります。

今はコンビニでおにぎりが一番安い外食かなぁ。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018