風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (10)  Trackback (0)

ちゃんぽんも同類やん

 このブログは決して、喰いもん系、ましてやグルメ系ブログではないのですが、日常の生活を写真で記録している都合上、時折食べ物ネタも出てくるわけなんです。

 まぁ、なんにもイベントがない日の華は食事ですし。

 それで先日サエモン師匠から、野菜不足、ラタトィユを作って保存し食するよう指令が下ったのでした。
 サエモンさんや、ぱんだ(親)さんのように、家庭菜園もないし、びーえむあいさんの記事を思い出し、まず買出しです。

CA3A0003_20100823073955.jpg

 JAみやぎ登米の産直市場「あがらいん」。クルマで15分ほどの原町にあるんです。坂下交差点そば。

 とにかく安いです。ただし小分けがないので、私の日常には多すぎます。

       R1057208.jpg

 得意のウィキペディアから。

 ラタトゥイユ(仏: Ratatouille)とはフランス南部プロヴァンス地方、ニースの野菜煮込み料理。
 ナス、ピーマン、ズッキーニといった夏野菜、香草などをオリーブ油で炒め、トマトを加えてワインで煮て作る。うまみを出すためにベーコンなどの肉類を入れたり、ニンニクや唐辛子を用いる工夫がある。
 語源はフランス語のTouiller(かき混ぜる)で、初めのRata-は軍隊言葉で「ごった煮」という意味である。


 プロヴァンスには何度か行ったことがあるし、現地で食べたこともあるはずですが、付け合せ風なので、記憶にありません。

 あがらいんには、ゴーヤはありましたがズッキーニはありませんでした。どっちにしても茄子だけで十分。

 まず賽の目切りの茄子をオリーブ油で炒めます。

R1057210.jpg

 ところで、別の料理について、これまたウィキペディアから。

 xxxとは、野菜やzzzなどを炒めたyyy料理。xxxとはyyy方言で「混ぜこぜにした」というような意味があり、野菜やzzzに限らず、さまざまな材料を一緒にして炒める。
 特に暑い時期で食欲が減退した時でも、ふんだんに野菜のビタミン・ミネラルや、zzzや肉のタンパク質、肉や調理油の脂質といった、各種栄養が取れるよう工夫されている。またバリエーションが多く、近年ではテレビ番組で紹介されるなどして、yyy県以外の日本各地でも食べられるようになった。


 さて、xxx、yyy、zzzにはそれぞれなんという言葉が入るでしょう。

 茄子にオイルが染み込んだら、玉葱を投入。

R1057211.jpg

 トマトは、初めて湯むきとやらをしてみました。

R1057209.jpg

 ヘタは先に取っておくのかなぁ。

 パプリカは高級食材なので、ピーマンで代用。植物としては同種なんでしょうか。

R1057212.jpg

 トマトも投入、ちょっと切り身が大きかったでしょうか。缶詰の方が上手く出来るのかも。

 塩胡椒して炒めます。

R1057213.jpg

 火が通ったら、白ワインをダブダブかけて、マギーブイヨンを入れ、最初は強火でアルコールを飛ばし(そうしないと朝食べられない)、あとは蓋をして弱火で10分弱煮込みました。

R1057214.jpg

 すみません、手振れしてます。

 あとはタッパーに入れて冷蔵。

 冷えた物を毎日少しずついただきます。

R1057221.jpg

 まぁ私には十分美味いです。
 予想していたより酸味が強い。生トマトのせいでしょうね。

 エリンギを入れると合いそうに思います。豆類も欲しいかな。

 おまけ
 ウィキペディによるさらに別種の料理の説明。

 長崎ちゃんぽんの語源については、諸説ある。福建語の挨拶「吃飯」若しくは「吃飯了」(直訳するなら「飯は食ったか?」)から来ているとの説、同じく福建語の「混ぜる」を意味する語「掺混」から来ているとする説(北京語にはchānの読みで「混ぜる」という字――掺;手偏に参――が有る)が存在する。 また、yyyのxxxと関連があるともいわれる。 語源事典では「異なるものを混ぜること」の語源として、鉦の音(ちゃん)と鼓の音(ぽん)という擬音としてつなげた近世(江戸時代)の造語であるとしている。これらの語源事典では、「混ぜること」より発生が遅い料理名の「ちゃんぽん」について、中国語説を取り上げながらも、「混ぜること」の意味から影響された名前としている。 ただ、いずれも根拠が乏しく単なる連想による民間語源の可能性が強い。

 ラタトィユもパスタにからめて食べるらしいし、皿うどんと同じ歴史をたどっているようです。たまたまかぶってしまったサエモンさんのブログによれば、xxxも麺と相性が良いみたいだし、似ていますね。

 上記三種類の料理で解ることですが、わざわざ混ぜることを強調するメニューがあるということは、料理の基本は和洋を問わず材料を別々に調理するということなんですか(当たり前?)。

 洒落た日本料理の炊き合わせなんかも、別々に煮たり茹でたりして最後の段階で一緒になるのでしょうね、きっと。

 今日はとても恥ずかしい記事でした。
関連記事
テーマ : 作ってみた  ジャンル : グルメ

Comments


  おはようございます。

 野菜料理、作ってますね。肉や油で
活力つけるのも大切ですが、野菜でビタミン類の
バランスを整えないと意味がありません。
ラタトゥイユはトマトの酸味があるから、冷めても
美味しいのです。
プロヴァンスのラタトゥイユも美味しいかったけれど、
イタリアのカポナータも良かったですよ。でも、
両者の違いがいまだに判らない。^^

 正解はxxxチャンプルー、zzz豆腐、yyy沖縄
ですね。学生時代からおせわになってますので。

 

ヒッヒッヒ
ラタトゥイユ作りでは
小生の方が3週間ほど
先輩ですな
最近、夕方家にいるときは
主夫をやっとりますハイ

おはようございます。
ずいぶん昔に「野菜を食べにゃぁあかんよ」というCMがあったのを思い出しました。
気恥ずかしい気持ち、心中お察しいたしますが(だから手ブレ?)、野菜料理の実況中継、またお願いします。
なかなか本格的ww
レシピを詳しく書いてるのでびっくりしました(笑)作風が変わったのかと(^。^)ヒヒヒ
美味しかったのならナニヨリ。

内容物がアレなので、たぶん、ワタシは出されても手をつけないと思いますが(-_-;)

原町の「あがらいん」って、近くだけど知りませんでした。以前からあったのかな。行って見まーす。。


本邦初公開?の風写さん手造り料理、お見事ですのでサエモン
さんに追いつけ追い越せで頑張ってー、そして偶には叔父さんも
手造りパーテーに招待してよね。
第2弾
ひゃ~、別のblogかと思った^m^
手料理を拝見するのはこの夏2度目だけど、買い出しから産直だし
きゅうりスティックとは気合いが違いますねえ。

エリンギ、合いますよ。うちはキノコ類入れるのが定番。
この調子で冬場はミネストローネもいっちゃってください♪
健康第一。ずっと元気で酒呑みしましょ!
う~ん・・・
自分で作るのはよく解るけど、そろそろ誰かに作ってもらっても良いんじゃないですか・・・
健康管理もその方が良いし・・・
毎日何食べるか苦労しなくて良いし、それに独りで食べるより絶対美味いし・・・
作るのが大好きだったら別ですが(汗)
私には出来ないやっかみかも・・・(笑)
意外な反応
皆々様
コメントありがとうございます。

ある意味不本意なのでした。
自炊する生活も早や30年。
多少は料理の真似事もします。

ストレス解消に気合を入れて料理する人も知っていますが、私の場合は、時間をかけるだけの意味を見つけられないので、余りやらないだけです。
たぶん引退して時間ができたら、いろいろ作ったりするかな。

まぁその時を楽しみにしていてください。

 私も、ラタトイユとは程遠いですが、今日は、夏ばて防止に、マリネを作りました。
 野菜をいれて、ワインを入れるのは同じですが、もったいないので、アルコールを飛ばさずに食べています。
 でも、とても粗雑な男の料理でしたので、出来上がりは、完全に風写さんに負けてしまいました。 トホホ。
湖水地方さんへ
いいですね
マリネ
好きです。

作りおき出来ますか?






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019