風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

浜までひと回り

 中規模地震、急に増えて来たなぁ。
 大きなのがきっと来ると、備えよう。

 福島の土湯温泉で迎えた14日の朝。

    IMG_7687.jpg

 今回泊まった宿の風呂は、かけ流しではあるが、22時から6時の間は入浴ができない。

 いちばんどうにかして欲しい点だ。

    IMG_7688_20180917052635b11.jpg

 それでいつも通り、5時台は、朝散歩。

    IMG_7689_201809170526360f3.jpg

 秋保や山形蔵王ほどではないが、土湯は東北では比較的大きな温泉場。

    IMG_7693_20180917052639d42.jpg

 だいぶ閉まっている旅館や店も多いと聞くが、早朝だと良く分からない。

IMG_7691_20180917052638400.jpg

 三段の滝とも呼ばれる、古い堰堤がある。

IMG_7697_2018091705264275c.jpg

 石造りの堰堤に、木造の階段。

IMG_7696.jpg

 堰堤は上流へと続き、吊り橋がある。

IMG_7699_20180917052644295.jpg

 登録有形文化財とのこと。

    IMG_7700.jpg

 わりとしっかりした吊り橋だった。

    IMG_7701_20180917052647d55.jpg

 六地蔵。

IMG_7703_20180917052916785.jpg

 お顔がそれぞれ異なる。

IMG_7705_20180917052918a51.jpg

 温泉街へ戻る。

IMG_7706_20180917052919b09.jpg

 お年寄りとご挨拶。

    IMG_7709_20180917052923bc1.jpg

 足湯。

IMG_7708_20180917052921df7.jpg

 円盤餃子かと思ったら、満月餃子。

IMG_7710_201809170529244dc.jpg

 宿の前を流れる荒川。激流は結構五月蠅かった。

IMG_7711_20180917052925dac.jpg

 猫。

IMG_7713.jpg

 宿に戻って入浴。

 上の湯は先客がいたため、朝は中浴場。
 大浴場は女湯になっていた。

 そして朝食。おかずがたっぷりなので、納豆だけを残したが、ご飯は二杯。

IMG_7717_20180917052928255.jpg

 次の予定があったので、朝ドラを地上波で(BSは入らず)見て、チェックアウト。

 南福島を通り抜けて、国道114号で川俣へ。
 川俣は普通の景色だが、県道12号で飯館に入ると、まだ田畑は震災直後のまま、さらに除染土を詰めたフレコンバッグの山が悲しい。

 飯館の道の駅で休憩。

IMG_7722_20180917053033e52.jpg

 までい館だ。

    IMG_7719_20180917052930312.jpg

 いつ元通りになるんだろう。

IMG_7721_201809170530316f3.jpg

 そのまま東へ進んで南相馬に入る。

IMG_7726_20180917053037a10.jpg

 常磐道の南相馬インター前に、立派なバスターミナルが建設中だったが、偶然そのオープニング日で、ENGカメラも来ていた。

IMG_7724_20180917053034d46.jpg

 仙台の我が家のすぐ前につながっている。ここを経由すればいわきにも行けるんだな。

 まるで空港みたいな電光掲示板、じゃなくて液晶モニターか。

IMG_7725_20180917053036874.jpg

 原町で歯科衛生士さんに、優しく指導を受け、いつも通り鹿島を通って北へ。

 松川浦の東、大州松川ラインを激走して相馬港から新地。

 運沿いの道をたどるが、やはりまだ未開通の部分があった。

IMG_7730_20180917053039495.jpg

 この日は朝メシがたっぷりだったので、宮城に入ってから遅めの昼メシにした。

 お馴染み亘理の名店、どんぶり亭まつもとだ。

IMG_7736.jpg

 13時半近かったので、だいぶすいていた。

IMG_7731_201809170530402bf.jpg

 毎日来てもきっと飽きないほど、美味そうで彩りの多い品書き。

 しかしもちろんこの季節、今年初のはらこ飯だ。

IMG_7732_20180917053042039.jpg

 しゃけの量が半端ないな。

 そして、実はこれが隠れた目的、つみれ汁なのだ。

    IMG_7733_20180917053043d63.jpg

 何を注文しても付いて来るけど。

IMG_7734_20180917053136654.jpg

 美味しい毒もたっぷりいただいた。

IMG_7735_20180917053137202.jpg

 そのまま帰仙。美味しい旅になった。

関連記事
テーマ : 福島県  ジャンル : 地域情報

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2018