風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (0)  Trackback (0)

不思議な旅の終わり

 宿がある末広町から、市電沿いにぶらぶら歩いて25分くらいかなぁ。

 函館朝市に着いたら、人が多いのにびっくり。

PTX20147cas.jpg

 赤レンガ街周辺と違う!
 なんとほとんどの店が営業しているのだ。

PTX20148.jpg

 驚きだ。
 まだ10時半ごろ、空腹ではなかったので、函館駅の様子をチェック。

PTX20149.jpg

 新幹線は13時以降の運行予定だが、在来線は全運休だ。

PTX20151.jpg

 元々帯広札幌を廻って、帰りに乗る予定で取っていた切符は、18時過ぎのはやぶさ。

 手持無沙汰だなぁと思ったら、ここにもタコ足ケータイ充電スポットがあった。
 スマホ本体はまだ70%あったので、予備の外部バッテリーを接続。

PTX20153.jpg PTX20154.jpg

 なかなか充電が終わらない。 ← あとで調べたら、フル充電まで7時間必要だった。

 お昼も近づいてきたし、放っておいてまた朝市へ。

IMG_7494_20180912054728fbc.jpg

 前々日にホッケ刺しをつまんだ、ベイエリアのきくよ食堂、その本店に行ってみたのだ。

IMG_7492_20180912054727b26.jpg

 この日朝9時から営業を始めたようだったが、イカの入荷はなし。

    IMG_7489_201809120547258ea.jpg

 サーモンルイベ刺しに、ミニ紅鮭ハラス焼き。

IMG_7486_201809120547249fb.jpg

 なんと極楽の時間だったろう。

IMG_7491_201809120549448c1.jpg

 一杯で切り上げ、駅舎に戻って、充電状態をチェック。
 もちろんまだ終わっていない。

 この時点で、在来線の運行時間は、早くて16時過ぎの見込みになったので、駅員の薦めに従って、新函館北斗駅までは、函館バスで行くことに決めた。

 函館~新函館北斗駅間は市内各所を回っていく経路が4種類くらいあり、どれが早いかわからないが、最初のバス、12:40ぐらい発だったと思う。

 同じような観光客でほぼ満席、一番後ろに座れて、エアコンが効いていて涼しかったのをよく覚えている。

IMG_7496_2018091205494644f.jpg

 途中バス通りの信号は点いているところと、点いていないところがあったが、一般住居はまだ停電中のようだった。

 ガソリンスタンドには長い列。

 14時ころに、お馴染みの新函館北斗駅へ。

 小雨が降っていた。

IMG_7497_20180912054947d46.jpg

 みどりの窓口は、まだ発券システムが動いていないこともあって超大行列。
 駅員に聞いたが、早い便への変更は恐らく無理。立って乗るなら別だけどとの返事。

 4時間以上待つことにした。

IMG_7507_201809120549551a6.jpg

 他にすることを思いつかず、駅前ビルで、角打ちだ。

       IMG_7506_201809120549536c6.jpg

 同じように手持無沙汰な観光客に交じって呑む。

IMG_7505_201809120549522c1.jpg

 北海道の純米酒呑み比べセット。

IMG_7503_20180912054949368.jpg

 無添加のイカ塩辛付きで850円。

IMG_7504_201809120549503b6.jpg

 前の日の事を考えると、夢のようだ。

 混んで来たので、また来ますと言って、いったんカウンター攻撃はこの3杯で終了。

 函館ラーメンを食べに、こちらの店へ。函館空港にあったのと同じチェーンか。

IMG_7509_20180912054956a57.jpg

 ところがチャーシウが品切れになって、ラーメンが出せないと。

 チャーシウ抜きラーメンで良いからという旅行客多数。

 しかしダメなのだと。

 それで私は五目チャーハンで。

IMG_7510_20180912054958d25.jpg

 スープは函館風塩味だな。

 あとはベンチで時間調整。

 またも充電用電源発見。念のために予備バッテリーを充電しておく。

    IMG_7511_20180912055131cc8.jpg

 最初が外国人が大勢群がっていて、インターナショナルな危険ムードだったが、じき私だけに。

    IMG_7513_2018091205513366f.jpg

 ケーブルドラムは不要だな。

 やっと予約した新幹線の発車一時間前になり、駅構内へ。

 待合室のテレビは消えていたから、まだ停電状態だったのかな。

    IMG_7514_20180912055134504.jpg

 ワインとつまみを買ってはやぶさへ。

 思いのほかがらがらだった。

IMG_7516_20180912055136fc3.jpg

 青森、八戸、盛岡で席は埋まって来る。途中駅で降りる客もいて、ごく普通の新幹線だ。車内販売もある。

 そういえば、停電してたベイエリアのセブンイレブンで買った赤ワインも、一本ザックに残っていた。

    IMG_7517.jpg

 乗り過ごさないよう、居眠りをなるべく控え、仙台に戻った。

 別世界のよう。

 待ち合わせていた先輩と、エキナカで乾杯。

IMG_7518_20180912055139bc3.jpg

 しかし不思議な旅だった。

 旅に行く目的は、非日常の時間だ。
 それは必ずしも、名所の風景を楽しんだり、名物を食べたりすることだけではないと思う。

 目的の場所には行けず、待っていた友人にも会えなかったが、こんな経験も大いにありだと思いながら、函館の街を歩き回っていた。

 次回、もしどこかでこんなハプニングに出逢うとしたら、十分な装備を披露しなくてはならないな。

           
関連記事
テーマ : 北海道旅行  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018