風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 生活

Comment (6)  Trackback (0)

何を待つのか

 あの9月6日。
 朝食をいただいて、さぁどうしようか。

 まずはこの日の夜に泊まるはずだった、札幌のホテルをキャンセル。
 電話は通じたので、辿り着けないので泊まれない旨を伝え、了承してくれた。キャンセル料も自然災害の場合はかからないとのこと。

 スタッフを激励して電話を切った。

    IMG_7434.jpg

 10時を過ぎて、また散歩へ。

 ごく近所にある生協に行ってみたら、表だけで営業中。

IMG_7433_20180910090451bb2.jpg

 カップ麺とペットボトルのドリンクを中心に販売していたので、いったん宿に戻ってスタッフに教え、自分用も最低限2食分だけ購入。

 これで今日はなんとか大丈夫だろう。
 あとはまた、街の様子を観察散歩。

       IMG_7435_20180910090454d5a.jpg

 旅人が見学したくなるような博物館は、閉館中。

    IMG_7436_201809100904550aa.jpg

 灯りが無ければ、何も見えないしな。

    IMG_7437_20180910090456191.jpg

 静かだ。

IMG_7438_2018091009045825d.jpg

 平日なので、仕事場に駆けつけて片付けてる人も多いのかな。

    IMG_7439.jpg

 またレンガ倉庫の方へ。

IMG_7441.jpg

 唯一上の画像の左側の店が、車から電源を引き込んで、控えめに営業中、何か客に食べさせているようだった。

 ハンバーガーショップは休業。

IMG_7440_201809100905014c4.jpg

 他も全滅。

     PTX20072as.jpg

 函館に来て、飲食店に入れないのは寂しい。

 街中には数少ないコンビニが開いていた。

PTX20074.jpg

 どうも近隣のホテル客がいろいろ買い求めているようで、パンやおにぎり、水は皆無だったが、カップ麺やドリンク類、惣菜類にアルコールは在庫ありだった。

     PTX20073as.jpg

 レジが停電用の端末なのかな、従業員が慣れていなくて、時間がかかる。もちろん現金限り。

 三食目の分だけ買って、ここでも激励してきた。

 ホームセンターの行列は、懐中電灯や電池、ケータイ充電器かな。

PTX20075cas.jpg

 車の数は増えてきた。

PTX20076asc.jpg

 昼食。宿は水は出てるし、プロパンでお湯は沸かせるので、カップラを食べるのには問題なし。

IMG_7442_2018091009070658e.jpg

 スタッフたちと一緒に。

IMG_7444_201809100907076ca.jpg

 この日の予約は、一応満室だったため、キャンセル待ちにしてもらい、ほかの函館の宿も一応検索。

 どうも青森行きのフェリーは不定期運航で動いているという事で調査。

       IMG_7445_201809100907090ef.jpg

 2社とも予約不可で、人でいっぱいのターミナルで順番待ちするしかないという返事で、この時点では選択肢から外して、復電待ち。

 急いで帰らなければならない人優先だ。

 この辺りで連泊OKになったんだったかな、別の部屋に移って少し昼寝。

 起きたらまたやることがないので、この日三度目の散歩だ。

     PTX20077as.jpg

 郵便局も閉まっている。

    IMG_7446_201809100907103a1.jpg

 宿のゲストハウスと同じ会社がやってるみたいなお店。

PTX20078.jpg

 護国神社の参道かな、この辺りを歩くのは初めてだ。

PTX20079.jpg

 後になって考えたのだが、台風21号の北海道への影響が軽微で、特急が動いていたら、予定通りこの朝は帯広に居たはず。

PTX20080.jpg

 まだ本州に近い函館に居たのは、ラッキーだったのかも。

IMG_7447_2018091009103521b.jpg

 しかし、停電なんて、すぐに復旧できないのか。

IMG_7448.jpg

 宿に戻るとき、裏手の酒屋が開いてるのを発見。

PTX20082.jpg

 もう半日停電しているのに、冷蔵庫の中身が結構冷たいので、缶ビールを買った。

    IMG_7451_20180910091037bbb.jpg

 歩き疲れたので、宿でのんびり。

IMG_7453.jpg

 散歩とビールで、体が温まったので、このタイミングで水シャワーを浴びた。

IMG_7454_20180910091039c46.jpg

 湯沸し器はプロパンガスなのに、電気が無いと点火しないのだ。

 うちのガス給湯も、そう言えば同じだな。
 7年前は電気が先に復旧して、ガスが後だったので、気が付かなかった。

 給湯器の電気系に、UPSを噛ます必要があるのかも。
 あ、ダメだ。停電すると水が上がって来ないんだ。

 宿がキャンドルをいろいろ用意してくれたので、雰囲気たっぷりのディナータイム。

IMG_7455.jpg

 またみんなでカップラーメンだ。

 やはり暗くなるのが一番の不安要因。
 レンガ倉庫脇にあるホテルだけ、明るくなっていた。

IMG_7456_20180910091042f73.jpg

 ラジオからの情報は、あまり進展なし。
 というか、震源地周辺の災害と、札幌市内のニュースが多く、函館の情報は少ないのだ。

 ちなみに、仙台の1260kHzもクリアに受信できた。

IMG_7457_20180910091140d17.jpg

 函館にほど近い、知内の火力発電所が復旧して、東北電力との接続ラインが機能すれば、余裕で北海道新幹線が走り始めると言う期待を胸に睡眠。

 しかしなかなかグッドニュースは入らない。

 部屋の窓からの景色も、変わらないようだ。ホテルの照明も消えている。

PTX20085.jpg

 遠くフェリー乗り場周辺だけがちょっと明るかった。

PTX20087.jpg

 発災後24時間が経過し、停電は続いた。
関連記事
テーマ : 地震・天災・自然災害  ジャンル : ニュース

Comments

電池とライトなら釣具屋さんにあります
もし、電池やライトなどが必要なときは、小さいお店でも釣具屋さんには、あると思います。
たぶん、知らない人の方が多いと思いますので、備忘録に。
まんぼうさんへ
そうですね、ありそうです。
朝早くから営業してるのも◎ですね。
ただ、歩き回った中で、釣具屋さん、あったかなぁ。

しょっぱい河、を渡った青森におります。
皆様、一日いや一刻も早く普通の生活に戻ることができますように。
大変な災難
まさかこんな天災が起きるとは。北海道旅行中では不安になりますよね。

相方の妹が岩見沢に住んでいて、被害はなかったそうですが、今、ボランティアに出ているとか。直後は電話も通じなかったけど、携帯は通じたそうです。

東日本大震災の時は、非常用の飲料・乾パンなどを準備したのですが、今回は何もしませんでした。
ただ、懐中電灯・リモコンの乾電池だけは買いました。

停電したら、冷蔵庫はどのくらい機能するのだろう。


たっちんさんへ
青函トンネルのJRですが、本北どちらが停電しても、動くようにしておいてほしいのと、やはり在来線も走らせてほしいですね。
kazuさんへ
同じ真っ暗になるのでも、自宅と宿では、不便さが違います。

ある意味、旅とは、日常生活からの離脱ですから、これもありだと考えました。

冷蔵庫は、クーラーボックスよりは高性能だと思います。
冷凍庫に余裕があれば、保冷剤や水を詰めたペットボトルをふだんから凍らせておき(余裕が無くなったら出す)、停電したらそれらを少しづつ冷蔵庫に移し、開閉回数を減らせば二日ぐらいもつと思いますよ。
もちろん新規には何も入れず。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019