風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (8)  Trackback (0)

うまく伝承できるでんしょう

 カッパ淵を探索するとき、常堅寺にも10台程度は駐車可能なのですが、より広い伝承園の駐車場に停めて歩くのが普通のようでした。

DSC01744.jpg

 ただし伝承園そのものに入るには入場料が必要です。

DSC01745.jpg

 構えはよくある古民家園。

DSC01746.jpg

 旅人として言わせてもらえれば、このような民家が本物の田園の中に佇んでいたなら最高なんです。

IMGP1573.jpg

 保存するためにはある程度致し方ありませんが、一つ所に寄せて集めた感じ。屋根には定番の百合。

IMGP1568.jpg

 金精様。

IMGP1569.jpg

 移築された曲り家。

IMGP1561.jpg

 とても広い家です。

IMGP1566.jpg

 曲り家とつながっている、オシラサマが集められたオシラ堂。様々な念が籠っているようです。

IMGP1546.jpg

 お蚕棚。

IMGP1551.jpg

 本物の繭から絹糸を紡ぎ出す体験コーナー。

       IMGP1557.jpg

 そして本日のメインイベント。

IMGP1574.jpg

 語り部、佐々木イセさんの昔話を聴くことが出来ました。

 イセさんが座っているのは、お嫁さんの席。

 囲炉裏端には天皇皇后ご夫妻も来られたとか。

 みんな、あづまれーーーー。

DSC01753.jpg

 ご両親がお伊勢参りをした翌年に生まれた、8x歳のイセさん。
 この日は偶然、三重県からの旅人もいてびっくりでした。

 河童の恩返し、オシラサマ、おなごの座敷わらし。

DSC01757.jpg

 縁側に寝っ転がって、一日中でも聞いていたい。優しくて懐かしい昔語りでした。

       IMGP1550.jpg

 河童や座敷童子には遭遇できませんでしたが、遠野ならではの雰囲気は少し感じてくることが出来ました。

IMGP1560.jpg

 願わくばこんな家に泊まって、回りの山や川で遊びまわってみたいものです。

 少し北のほうに、遠野ふるさと村という、類似の施設もあるようです。どっちが本家で、どっちが元祖なんでしょう。

 県道国道を走り継いで、遠野から赤羽根峠、住田、高田、海沿いの45号線は混みそうなので、大船渡線と並んで走る県道34号、飯盛峠へ。

DSC01759mc.jpg

 45号線の気仙沼バイパスはやっぱり渋滞。

 本吉から内陸に入って、和sian-cafe aimakiの前を通過して(寄れば良かった)、林林館「森の茶屋」で昼飯。

CA3A0008_20100819160733.jpg

 森のキリシタン麺、なんのこっちゃ680円。

       CA3A0009_20100819160803.jpg

 混みそうな東北道を避けて、三陸道に来たのに、石巻周辺で渋滞。

 ちょうどラジオで放送中だった、仙台育英の試合を聞きながら、高速を出たり入ったり。

DSC01763mc.jpg

 仙台に着いたのが、ちょうど延長戦終了の午後6時でした。もーーー渋滞は嫌。

関連記事
テーマ : 東北旅行  ジャンル : 旅行

Comments

民話
観光シーズンだと伝承館で「民話」も聞く事が出来るのですね。
私は、以前に別の所で聞いたオシラさまの話が好きです。
遠野は何もなくとも、のんびりと散策できる自然が良いですね・・秋に又行ってみようと思います。

 おはようございます。

 林林館を出て、三陸道に入る時に大きくループして
いるのは、着陸に失敗して、また、飛び回ってからトライする
飛行機みたいですね。^^ それとも、なにかわけがあったのすか?

 林林館ももう少し、ひねったメニューがあるといいですね。
LYNX☆さんへ
宿のそば、街中編の記事で女の子たちが傘をさしている写真の建物が、とおの昔話村というのですが、此処の語り部館でも昔語りがあります。

オシラサマの話が好きですか、私はちょっと。
サエモンさんへ
よく気づかれました!!

実はガス欠です。ランプ点灯。
三陸道にはSAがないので、入れてから乗ろうと思ったのですが、最近なかなか休みにやってるスタンド、少ないのです。

土地勘がない地域なんでうろうろ。
結局はその後、矢本で降りて松島で乗ってなんてやっていたので、無理して登米で入れなくても良かったんですが、後の祭り。


民話の語り部叔母ちゃんですかあー、実に良い時間を過ごしましたねえー、
最先端の日常仕事の癒しに偶にはこんなご先祖返り
ってホットしますよね、でも遠野の方言は理解出来たのうー?

こんばんわ。

遠野は、ゆったりとした時間が流れる所だと思います。
語り部のおばあさんたちの、お話を聞いていると、とても穏やかな気持ちになれます。

また、行ってみたくなりました。
ベガサポさんへ
正直、方言は難しいです。

イセさんは、頼めば標準語でも出来ると言いはっていますが、怪しいもんです。
でも以前沖縄からグループが来たときは努力したとか。

ベガルタ今日こそ勝利を!!
美桜うららさんへ
遠野のような場所は、近場にもたくさんあるのではないでしょうか。ただ記録された伝承があるかないか。

仙台市内でも、坪沼や根白石、秋保野尻。
かつての山里にも、きっと伝説はあるんですよ。
いろんな昔話を思い浮かべながら、名もない集落を歩くのも良いかも。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: