風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (4)  Trackback (0)

わりと普通の街でした。

 遠野の街。

 いろいろ歩いてみたかったのですが、とにかく雨が酷く、まだ時間は早いけど宿に入ることにしました。

DSC01687.jpg

 遠野では有名らしい、古い和菓子屋さんの向かいにある古い旅館です。

DSC01685.jpg

 遠野に泊まるなら、座敷童子に会えそうな宿。

DSC01728mc.jpg

 ピカピカに磨かれた廊下が印象的でした。

       DSC01684.jpg

 古いけど、逗留したら筆も進みそうな部屋。

DSC01677.jpg

 普通に宿泊客が通行する廊下の向こうの中庭。五月蝿いほど雨粒が落下中です。

       DSC01678.jpg

 野良猫もロビーで雨宿り。

IMGP1489.jpg

 インターネットも繋がらないし、館内探検。

       DSC01682.jpg

 遠野ノスタルジィです。

 このまま夜まででは、記事にもならないので、再び濡れた靴を履いて、街角探検。

DSC01688.jpg

 上は、仙臺屋という駄菓子屋さんだそうです。なぜか仙臺。

       DSC01703.jpg

 遠野の市街は、ごく普通の地方都市の趣ですが、、観光地ということもあるのでしょうか、シャッター通りという場所もなく、落ち着いて静かな街です。

DSC01694.jpg

 とおの昔話村という場所に古民家風の建物や、ミニ博物館が集中していました。

 どうもフレーミングが今イチなのは片手で傘をさしているせいです。

DSC01691.jpg

 これもよくある地方都市の施設で、遠野に求められるファンタジックなイメージとは、ズレがある感じ。

 それでも、雨が半端でないので、さらに近代的な遠野博物館へ。

       DSC01700.jpg

 AVにもお金がかかっていて、予習するにはとても良い施設でした。

DSC01686.jpg

 今回全体的に感じたことですが、私が求める遠野の雰囲気、懐かしい農村の風景や、河童や座敷童子が顔を出しそうな場所と、今遠野の町が、観光客を受け入れるシステムに大きな乖離がある気がします。

 私だけがずれているのかもしれませんが。

 普通のリーズナブルなお宿の夕食。

       DSC01710.jpg

 三陸も近いので、海産物中心ですが、期待していたのがジンギスカン。

DSC01715.jpg

 このために、お昼のあんべを我慢したのに、これではジンギスカン煮。残念。

 部屋食だという話だったので、近所の酒屋で買ってきた地酒。

       DSC01716.jpg

 どぶろく風のにごり酒でした、季節限定の辛口。

DSC01720.jpg

 韓国料理には、マッコリが一番だと思うのですが、どうも海産物に、にごり酒は合いません。

       DSC01721.jpg

 酒自体は書いてあるとおり、美味しいんですがね。
 半分だけいただいて、残りは持ち帰り。

DSC01722.jpg

 〆にご飯と出てきたひっつみ汁が、美味しかったです。


 期待していた、座敷童子にも会えず、朝。

IMGP1446.jpg

 朗報です、雨がやみました。

 中心部で、比較的良い雰囲気を出している、大工町。

          IMGP1447.jpg

 歩道が木製です。

IMGP1453.jpg

 この日は、夜にお盆の花火大会があったせいか、なんとなく華やかさも。

     IMGP1448.jpg

 喜多方ほどではありませんが、昔ながらの建物が残っています。

IMGP1450.jpg

 銀山温泉のような木造三階建ても目立ちました。

   IMGP1449.jpg

 花火屋さんは、文房具店でした。

IMGP1452.jpg

 まだまだ魅力的な町に変身できそうな気はしました。

       IMGP1480.jpg

 雨をたっぷり吸って、垂れ下がった寺町の百日紅。

IMGP1462.jpg

 この日も見守ってくれていたお地蔵さんたち。

IMGP1464.jpg

 可愛らしいシティホテルが併設されているJR遠野駅。ホテルは満室でした。

          IMGP1475.jpg

 アウトロー風の河童グループ。

IMGP1471.jpg

 どんな悪さを企んでいるのでしょうか。

IMGP1474.jpg

 遠野で暮らす新市民募集中。

       IMGP1470.jpg

 宿にもどって朝食です。

CA3A0007_20100818055619.jpg

 なんとか天気が持って欲しい終戦記念日でした。

遠野百周年
関連記事
テーマ : 東北旅行  ジャンル : 旅行

Comments

違和感
風写さんの言うとおり、観光に力を入れる気持ちは解るのですが、私も何かチグハグの様な気がしました。
手つかずの自然そのもので充分に魅力が有る所なので、そっとしておいて欲しいものです・・・
毎回バイクツーリングで訪れる時は日帰りばかりだったので
次回は泊ってゆっくり散策しようかと思わせるレポでした!
秋の遠野も良さそうですね・・・
ポスター、ゲゲの最新作?
ポケットに袖入れて歩いているのは、作者かな?
ドラマのアシスタントがいう、点点にこだわっていることがわかります。アシスタントだったという、つげ義春さんは、登場しないのかな? 菅井さんだったりして・・・
LYNX☆さんへ
ちぐはぐなのは遠野に限りませんが、結局お役所仕事が真似から始まるからなんでしょうね。

どこにも真似ができない文化が残る街なのに。

どの分野でも、今の日本に足りないのは、熱意のある優秀なプロデューサーですね。そういう人が生まれにくい文化が形成されてしまったのかもしれません。

レポはまだまだ続きますよ!!
kazuさんへ
そうですね。
水木さんの自画像でしょう。

遠野の座敷わらしは、女の子だって知ってました?






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019