風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

暑さで壊れた? ~どうなんだ!道南11

 遠征6日目は、伊達から長躯道央道の終点まで。

IMGP8012.jpg

 大沼公園に到着だ。

IMGP8020.jpg
 前にも乗ったことがある遊覧船を友人たちに薦める。

IMGP8013.jpg

 前回は4月だったか。まだ雪が残っていた。

IMGP8016.jpg

 友人はここでカヌーに乗りたがっていたのだが、却下。

IMGP8014.jpg

 遊覧船で我慢して。

IMGP8018.jpg

 干満の差がないせいか、松島よりも美しい。それで新日本三景か。

IMGP8019.jpg

 あとのふたつは、三保の松原と、耶馬渓。

 この下もくぐるのだ。

37600692_552988518449874_1457865140400553984_n.jpg

 ヘラブナ釣りかな。

37654679_552988505116542_4823344343236476928_n.jpg

 下船してから少し歩いたあと、車で反時計回りに大沼をぐるっと回ってみたが、あまり見どころは見つからず、少し登って日暮山。

IMG_6266_2018072811252445c.jpg

 奥が大沼、手前が小沼だ。

IMG_6267.jpg

 ダートを登っていくマイナーな展望台だったが、好い景色だった。

 函館市内へ入る。

 駅近くのホテルにチェックイン。
 最後だが一番綺麗なホテルだった。

 タクシーで函館山へ。

IMG_6275_201807281138023f6.jpg

 夜はロープウェーか、市バス、タクシー、あるいは徒歩でしか上がれない。

 これは42年前に、部車で上がった時の画像。

IMG_E5748.jpg

 今はインバウンドで大混雑だ。

IMG_6272_201807281138010bc.jpg

 ここでまたまたトラブル勃発。

 ドライブ旅行の時には、大体デジイチと、コンデジにiPhoneの3台態勢なのだが、この夜は歩く予感がしたので、ホテルにデジイチを置いてきてしまったのだ。

 そうしたらコンデジがフリーズ。

IMG_6435.jpg

 レンズが繰り出したまま、うんともすんとも言わない。とほほ。

IMG_6434_20180728113811413.jpg

 それでこの夜、残りはすべてスマホ撮影になった。

IMG_6277_20180728113804eb5.jpg

 まぁ、何とか撮れた。

IMG_6286_20180728113805dd4.jpg

 函館の夜景だ。

IMG_6298.jpg

 下りロープウェーも行列が始まっていたし、帰りもタクシーを呼んで(狭いので客待ちのタクシーはいない)元町まで下りる。

 旧函館区公会堂。

IMG_6301.jpg

 暗い中をうろうろ歩く。前に来たのは2015年だ。

    IMG_6303.jpg

 冬の昼間、のんびり歩いたレポートはこちら

 函館ハリストス正教会。

    IMG_6308_20180728114011f2f.jpg

 カトリック元町教会だ。

       IMG_6309_201807281140131ba.jpg

 八幡坂を歩いて降りる。

    IMG_6311.jpg

 インバウンドはあまりいない時間帯だった。

    IMG_6313_2018072811401652b.jpg

 夜8時半過ぎ。

    IMG_6314_201807281140178ee.jpg

 ベイエリアまで下りた。

IMG_6318_20180728114019c72.jpg

 赤レンガ倉庫ナイトウォーキング。

IMG_6319_20180728114020f77.jpg

 デジイチを置いてきたのは正解だった。

IMG_6322_20180728114022b0e.jpg

 ホテル周辺の居酒屋情報は、フロントで聞いてきたのだが、9時になったので、近場の居酒屋へ。

    IMG_6333.jpg

 函館朝市に本店があるお店だ。

IMG_6328mo.jpg

 ほぼ満員。

    IMG_6323.jpg

 吞みくらべセットと、突き出し。本場の松前漬けだ。

IMG_6325_20180728114139bd9.jpg

 鮭ハラスの雲丹和えだったかな、美味かったのでもういっこ注文したら、売り切れだった。

IMG_6326.jpg

 そしてこれが、グンバツに美味かった、珍しい、ホッケ刺し。

IMG_6327.jpg

 アスパラ焼。

IMG_6332_2018072811414520c.jpg

 つくねと真昆布刺し、ハラス焼き。

IMG_6329_201807281141431b2.jpg

 何を喰っても美味かった。

 ホテルまでのんびり歩いて帰還。途中にラーメン店が無かったのは、結果オーライ。



 ひと休みして、大浴場。画像はホテルのHPから無断引用だ。

box01_spa01_03.jpg

 故障したLumixは、まだ新品保証期間内。
 帰宅して19日に仙台扇町のパナサービスに持ち込み、23日には群馬の工場から修理品が直送されてきた。

 無償でレンズユニット交換。 早い。
関連記事
テーマ : 北海道旅行  ジャンル : 旅行

Comments

今は懐かしい風景
みんなライトアップされているのですね。
懐かしい建物たちです。

ホッケの刺身、北海道じゃないと食べられませんね。
私はなぜかルイベで食べた記憶があります。
シャリシャリの食感。

北海道は、おいしいものがたくさんあります。
いい旅でしたね。
kazuさんへ
良い旅でした。
旅は何時でも良いもんです。そして旅を終えるのも良い。想い出すのも良い。
何度も楽しめます。

函館夜のライトアップは、3年前にも楽しんでいました。
http://hoosha.blog83.fc2.com/blog-entry-2072.html






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019