風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 昭和の香り

Comment (0)  Trackback (0)

また訪れてしまった ~どうなんだ!道南8

 15日は、美瑛の宿を出発して、富良野へ。
 この季節、定番のファーム富田、ワタシは初めてだと思う。。

IMG_6167.jpg

 富良野の盆地を見下ろす丘の斜面に、ラベンダー畑が広がる。

P1040190_20180724143226ebe.jpg

 蛍が母親と訪れた場所だろうか。

P1040188_2018072414322524c.jpg

 何種類かあって、微妙に開花のタイミングが異なるらしいが、ワタシには見分けがつかない。

P1040192_20180724143228938.jpg

 こっちの方が花が大きいか。

    IMG_6157_20180724143218a69.jpg

 スクーターが走って来て、目の前に停車した。

    IMG_6158.jpg

 駐車場下の平らなエリアにも、花畑。

IMG_6161.jpg

 こっちがメインなのか。

P1040197_201807241432290e9.jpg

 百日紅やラベンダーは、いっこいっこの花が小さいから、写真映えしないかと思ってたけど、結構面白い絵になる。

P1040200_20180724143231334.jpg

 ここも観光客はそこそこ。

IMG_6166_20180724143222910.jpg

 ファーム富田から、東へ移動する。

 街をかすめて丘を越える。

 純が雪子おばちゃんとトラックで、吹き溜まりに突っ込んで遭難した道のイメージ、勝手に。

 中畑木材の前を通って左折。

P1040202_20180724143743cc7.jpg

 北の国から2002遺言で、五郎が雪子のために造った、廃材を使った家がある。

P1040204_20180724143745e0a.jpg

 バスが使われているのが特徴。

P1040205.jpg

 最後の作品になるが、実はあまりに記憶にない。

IMG_6168.jpg

 中もじっくり見学できるが、やはり事前予習が必要だった。

    37565532_552985065116886_7545761547658723328_n.jpg

 後に、純と結の家になったのかな。

 同じ敷地、奥に、四番目の家がある。

P1040208_20180724143747e32.jpg

 丸太小屋が燃えてしまった後に、五郎が住んでいた家で、ここに棲みながら石の家を造ったのだ。

P1040210_20180724143749d28.jpg

 車で5分ほど移動する。

 麓郷の森というエリア。

 ここにはまず、丸太小屋がある。二番目の家だな。

P1040214_20180724143750686.jpg

 ドラマでは、燃えてしまったが、燃えたセットは別物で、家は残っていた。

P1040215.jpg

 あとから撮って来た画像を眺めてても、良く分からなくなってきた。

IMG_6178_20180724143742fbc.jpg

 室内の撮影は可能だが、撮影時のスチールが多く飾られていて、これらのブログやSNS使用は禁止だ。

IMG_6179_20180724144143f21.jpg

 丸太小屋の奥へ歩いて行くと、また家が見えてくる。

P1040217_20180725155439868.jpg

 これが三番目の家だ。

P1040216.jpg

 四番目の家の前に、五郎が住んでいたことになるな。屋根に純が作った風力発電機がある。

IMG_6181.jpg

 そしてまた車で移動して、三つ目のエリア。

 入場料はそれぞれ500円、三つ合わせた割引券があった。

    37161688_261187908020766_8153222381767229440_n.jpg

 ここには来たことがある、五郎の石の家だ。

P1040220_2018072414415145a.jpg

 1992巣立ちで建てられた、五番目の家で、最後の家になるのかな。。

     P1040225_201807241441530c1.jpg

 やっぱり一番人気がある、というかさすがに北の国からの世界には、外国の人たちは入って来ていない。
 ほとんど国産の中高年者だ。

 その奥に、最近復元された、あの純ががっかりした、最初の家だ。

P1040230_20180724144154a9e.jpg

 「電気がないーーー?」 懐かしい。

 北の国からのドラマが放送されたのは1981年から82年。
 82年はドイツに赴任した年なのだが、札幌に親友夫妻が住んでいたこともあって、渡独寸前の3月の連休に遊びに行き、車で麓郷まで来たのだ。

 しかし季節はまだ冬、当時この家のセットはもう少し近くにあったと思うが、中畑木材から先、吹雪で近づけず、札幌に引き返したのだった。

 若かったな。

 麓郷を後にして、南へ移動するが、ずっと雨。 

IMG_6187_20180724144145d3c.jpg

 国道38号から237号、去年の4月に鉄道旅をした時も、7月の遠征時も、東から二位に横切った、占冠村に入り、自然体感しむかっぷ道の駅。

    IMG_6190_2018072414414879d.jpg

 雨は上がってきた。

IMG_6189_201807241441476ca.jpg

 なぜかここで異変に気が付いた。

IMG_6191_201807241443497ce.jpg

 左前のタイヤが、誰かの腹のように、ぷくっと膨らんでいるのだ。

IMG_6192_201807241443503bc.jpg

 いつからかもわからないが、ネット検索したり、少し走ってENEOSのスタンドで相談。

 内部のワイヤが切れているのだろうと言う診断。

 我々にはぶつけた記憶はないし、借りた時には1200㎞しか走っていなかったので新車同然だ。

 でももう一度擦ったらバーストするだろうし、走るだけでも危険そう。

 結局峠を越えて、次の道の駅、樹海ロード日高でレンタカー会社に電話。

 車両交換することになった。一時間ちょっとかけて、新千歳から代車を持ってくると言う。

 ちょうど昼飯時だったので、近くのラーメン店に行ったが、麺切れで終了、結局道の駅内の和食店へ。

IMG_6195_20180724144351503.jpg

 冷したぬき蕎麦。天かすが別添えなのは珍しい。

 意外と当たりの蕎麦だった、

       IMG_6196_20180724144353cf7.jpg

 結局一時間半で代車が到着、あっという間に交換したが、昼メシの時間を引いても、一時間のロスになった。

 ただし美瑛で給油してからここまで、100㎞以上走った分のガソリンは無償で、また満タンの車になった。

37129467_261262751346615_6954395390527406080_n.jpg

 車は同じプレモアで、扱いやすかったが、ナビの機種が変って戸惑った。

 そのまま国道237号を南へ。

 日高で牧場巡りができるかと、プラニングはしていたが、あきらめて鵡川の道の駅。

    IMG_6198_2018072414435447c.jpg

 下道と高速道を使って、苫小牧を抜け、今宵の宿へ向かった。

関連記事
テーマ : 北海道旅行  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019