風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

ザンギに値打ちはある ~どうなんだ!道南7

 美瑛に入って、花畑を眺めた後は、遅めの昼メシだ。
 なんとなく駅前の駐車場に車を停めて歩き回ることに。

37592894_552993701782689_4727587738134511616_n.jpg

 この日の宿も駅前で、夕飯は外食なので、その店探索も兼ねている。

 友人が持っていた、1年前のグルメマップがあまり当てにならず、結局この喫茶店で。

IMG_6113_2018072315553681b.jpg

 夜はJazz Barだな。

37583662_552993691782690_3123560106122280960_n.jpg

 オムライス。

IMG_6111_201807231555339bf.jpg

 ドレスドオムライスと呼ぶべきなのだろうか。

IMG_6112_20180723155534848.jpg

 有名な割には、鄙びた駅前商店街だった。

 そして、今度は十勝岳方面、上富良野に少し入る。

IMGP7953.jpg

 観光客が多い、青い池だ。

IMGP7954.jpg

 たぶん前回には無かった、新しい駐車場が出来ていた。

IMGP7959.jpg

 4年前の前回は朝飯の前に来たからかな、すいていた記憶だ。

IMGP7955.jpg

 前回同様天気はイマイチで、青というよりは、青緑。

IMGP7963.jpg

 本来はもっと青いはずだと思う。

       IMG_6117.jpg

 十勝岳。

IMGP7964.jpg

 今回道南の旅の行程に、美瑛富良野が入っているのは、昨年の行程検討段階で却下された敗者復活。
 ドライバーが多いので、長距離移動も問題ないだろうという事、そしてこの樹を見てみたいと言う強う要望が、約1名からあったためだ。

       IMGP7966.jpg

 結局今年は3名になってしまったが、その1名はしっかり入っているのだ。

IMGP7970.jpg

 これはセブンスターの木か?

IMGP7971.jpg

 ケンメリもブンスタも、その言葉自体が死語だ。

IMGP7976.jpg

 これはなんの木?

IMGP7972.jpg

 初めて知った、赤い屋根のある家。

IMGP7974.jpg

 なぜ有名なのかすらわからない。

IMGP7980.jpg

 前回撮影した哲学の木は、その後土地のオーナーが伐採した。

 トロッコ列車には乗ってみたかったな。

IMGP7983.jpg

 これまた有名な、ジェットコースターの道再び

IMG_6122.jpg

 ここは面白い。

    37617144_552984488450277_8685337154357821440_n.jpg

 だけど観光客も多かった。

IMG_6123.jpg IMG_6127_20180723160207a97.jpg

 美瑛駅前に戻り、宿へ。



 ちょうど3連休中だったので、今回一番宿が取りにくかった夜だ。

    IMG_6129_2018072316021061d.jpg

 レンタサイクルショップの二階が民宿。

IMG_6128.jpg

 それでもベランダ付きの、3ベッドルームである。

IMG_6132_20180723160212946.jpg

 さっそく居酒屋探し。

IMG_6133_201807231602135f8.jpg

 何やらずいぶん人が集まって、ビンゴ大会。
 街の青年部主催のイベントだった。

IMG_6134_20180723160215931.jpg

 そのせいか、駅前の良さげな店は満席。

    IMG_6135_20180723160216a13.jpg

 なんとか、此処に滑り込む。

IMG_6145_20180723160218578.jpg

 品書きがすでに当たりだ。

37135683_260524994753724_2191988034696642560_n.jpg

 おかぁさんの愛想がいい。

 枝豆、焼鳥、サラダ。地元の酒が無くて、これは埼玉?

IMG_6140.jpg IMG_6139_20180723160444318.jpg

 ししゃも。

IMG_6141_20180723160447ebb.jpg

 味噌ホルモンだったかな。

IMG_6142.jpg

 たこ焼き。

IMG_6143_201807231604505bc.jpg

 そしてザンギ。

IMG_E6144.jpg

 42年前に初めて北海道に来た時、覚えた料理だ。

IMG_6148.jpg

 宿に戻る。

    IMG_6149.jpg

 そう言えば、結構アップダウンがキツイ美瑛の丘を、健気に自転車で走り回る、外国人の女の子、結構いたなぁ。

 このあと家庭用の風呂に順番に入ったんだったかな。

 小雨だったので朝散歩もせず、6:30に朝食。

IMG_6151_201807231604552fa.jpg

 作り置きだったが、なかなか豪華な品数だった。

IMG_6153_20180723160607853.jpg
関連記事
テーマ : 北海道旅行  ジャンル : 旅行

Comments

特に意味ないのですが
あれは7月暑い夏
本土猛暑日続く頃
北で車を走らせて
グルメ絶景三昧よ
まんぼうさんへ
ナイスでタイムリーなコメントありがとうございます。
北原ミレイです。

肘折の人だったら、さんげさんげと引っかけたかな。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019