風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

西から東へ ~どうなんだ!道南2

 遠征二日目は、宿を後にしてすぐ近くの道の駅。

IMGP7824as.jpg

 朝9時前は、営業時間外だ。

IMGP7823as.jpg

 江差に入る。岩手の江刺とは字が違うな。
 7月12日。
 奇しくもこの日は、25年前に北海道南西沖地震が起きた日であった。

 上ノ国や江差にも、津波はやって来たのだろう。

IMG_5873_201807191522483c4.jpg

 ここに、徳川幕府海軍の旗艦、開陽丸の記念施設があるのだ。

     P1040144_20180719152256328.jpg

 戊辰戦争の最後、開陽丸はこの沖に沈没。

 引き上げた部材をできるだけ使用した復元船らしい。

    IMG_5876_20180719152250b54.jpg

 さすがに大きな船だ。

IMG_5881_20180719152251e3a.jpg

 そして海を見下ろす丘の上に洋館が建つ。

P1040145_20180719152257cee.jpg

 明治20年竣工の、旧檜山爾志郡役所。

P1040147.jpg

 東北には比較的多く遺されている明治時代の郡役所だが、北海道ではここだけ。

P1040146.jpg

 沖で座礁した開陽丸を、土方歳三が此処から見て嘆いた場所に建ったらしい。

36995155_258165631656327_6016170182832029696_n.jpg

 歴女はいない。

IMG_5886_201807191526047fc.jpg

 乙部あたりの海岸線。

IMG_5887_2018071915260593a.jpg

 予定ではずっと海岸線を北上したかったのだが、霧がひどく予定変更。

 国道229号から277号線へ右折。

 峠を越えて、八雲へ。

IMG_5889_201807191526079c5.jpg

 太平洋側、噴火湾岸は少し空が見えた。

 八雲からずっと噴火湾沿いに長万部、豊浦。
 壮瞥の道の駅で、伊達なポスター発見。

    IMG_5890.jpg

 ひと山越えると、洞爺湖だ。

IMG_5898_201807191526136cc.jpg

 ここで昼飯。

IMG_5897_20180719152611d54.jpg

 外国人客がほとんどの岡田屋で、牛肉コロッケカレー。

IMG_5896_201807191526101ef.jpg

 普通だけど、1,000円。

IMG_5900_2018071915261689c.jpg

 このあと美味そうな釜めし屋を発見した。あとのまつり。

IMG_5899_20180719152614e3a.jpg

 ここでまた40年以上前の写真が登場する。

IMG_E5752.jpg

 昭和新山をバックに激走する、ブルーバード510SSS。

    IMG_E5751.jpg

 そう、1976年の自動車部北海道遠征で、来ていたのだ。

IMG_5905_20180719152911885.jpg

 42年後だな。

    37065090_259967314809492_6659058385394073600_n.jpg

 なぜか道東の土産まで、売っていた。

    IMG_5907_2018071915291219e.jpg

 となりの有珠山はその翌年の1977年と2000年に噴火隆起し、今はロープウェーで登れるようになっている。

P1040149.jpg

 安全な場所なのだろうか。

     37185185_259967238142833_2109124302941978624_n.jpg

 少し高いところから眺める洞爺湖。中島と昭和新山。

IMG_5908_20180719152914996.jpg

 湖畔に何やら瀟洒なお宮を発見した。

IMG_5909_20180719152915e07.jpg

 浮見堂。

P1040162_201807191529217ef.jpg

 聖徳太子が祀られている。

P1040156.jpg

 近くにはキャンプ場。

P1040159_2018071915310497f.jpg

 中島。

P1040160.jpg

 おだやかな湖面。

P1040163_20180719153107541.jpg

 ニセコに向かう。

P1040164_20180719153109ca2.jpg

 この辺りでも、道路は出来るだけまっすぐだった。

IMG_5913_2018071915310366d.jpg
関連記事
テーマ : 旅行、旅、ドライブ  ジャンル : 旅行

Comments

江差・江刺・枝幸
ややこしいですねぇ。(笑)
北海道はいいなぁ。
全部素敵に見えます。
続きを楽しみにしています。
まんぼうさんへ
北海道、良いです。
人口密度は東北と同じくらいかと思うのですが、気候のせいか、集まるところには、ぎゅっと集まってて、集落がそこそこ大きいんです。

あとはやっぱり道が広い。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019