風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (0)  Trackback (0)

結局、音はしなかった

 やまがた景観物語と言う、観光地紹介サイトがある。

 今日現在53のビューポイントが紹介されており、半分以上は訪れたことがあると思うのだが、この無断引用画像の景色を見たくて、いつもより遅い時間まで、走り回ることになったのだ。

   1dc554113f47ca3ef77bb863cea44dc3.jpg

 酒田市郊外、旧松山町にある眺海の森だ。

IMG_4497_20180529150832b35.jpg

 鳥海山に引っ掛けているのかもしれない。
IMG_4498.jpg

 キャンプ場や宿泊施設がある、リゾート施設の展望台、調べたら前回来たのは11年前だった。

IMG_4500.jpg

 最初金曜日に来る予定で、宿の手配もしていたのだが、天気予報が変わり、急遽24日木曜日に来てみたのだった。

P1030599_20180529150841591.jpg

 日の入りは18:50過ぎだったのだが、17:15には到着してしまった。

 これは北の鶴岡方向。

IMGP7621.jpg

 一応天気的には晴れなのだが、雲が多い。

P1030603_2018052915084490c.jpg

 しかしまだ時間がある。

P1030601.jpg

 そして少なくとも、水平線が見えるのだ。

IMGP7627.jpg

 右手に聳え立っている鳥海山の頂も、時々顔を出す。

IMGP7630.jpg

 さらにこれは全くの想定外で、風力発電所が見えるのだ。

P1030606_20180529151138e1a.jpg

 これは、やまがた景観物語情報では、知りえなかった。

P1030615.jpg

 狙い通り、庄内の美田は田植え直後、反射の具合は申し分ない。

P1030609_201805291511396ff.jpg

 雲の切れ間の位置関係で、時々茜色に光る田んぼ。

P1030616_20180529151142700.jpg

 この辺でもうあきらめていた。

P1030627.jpg

 なんでこんな風に光るのかは、よくわからない。

P1030629_20180529151145b7c.jpg

 元気に回っている風車たち。あとは風神様に祈るだけだ。

P1030638_20180529151147bdc.jpg

 18:50、祈りが通じた。

P1030643.jpg

 横浜から来ていた、隣のマダムと、おおおおおおーーーーー、来たーーー。

P1030645_20180529151150036.jpg

 18:52。空全体が赤く染まっていないので、最初の画像のようには、残念ながらなってくれない。

P1030647_201805291511526db.jpg

 あとは太陽に集中しよう。

P1030651_20180529151259390.jpg

 風車と一緒に捉えられるだけでも、ラッキーだ。

P1030657_20180529151301401.jpg

 ひょっとしたら初めてかもしれない。

P1030659_2018052915130294e.jpg

 18:54、変形してきた。

     P1030662_20180529151304d3a.jpg

 太陽が顔に見えてきた。

P1030665_2018052915130569e.jpg

 ぷんぷん。

P1030669_201805291513075db.jpg

 18:55。

P1030673_20180529151308032.jpg

 じゅっなのかな、終わりだ。

P1030677_20180529151310c30.jpg

 グリーンフラッシュは、見ることが出来なかった。

P1030678_2018052915131191a.jpg

 宿を取った酒田市内に移動。



 速攻で街に出る。

IMG_4504_201805291512588fe.jpg

 前の週末に、酒田まつりがあったらしい。

IMG_4513.jpg IMG_4511_20180529151416a75.jpg

 少し歩きまわって、前にも来たことがある、出島にカウンター攻撃。ほかに客はいなかった。

IMG_4507_20180529151411e9b.jpg

 おまかせを頼んだら、次から次へと。酒は上喜元をコップ酒で。

IMG_4510_20180529151414d3f.jpg

 そう言えば、仙台に越して来てから、酒田へは何度も何度も来ているが、市内の宿に泊まるのは初めて。

 夜うろついたのも初めてだ。

IMG_4508_201805291514133ee.jpg IMG_4512.jpg

 せっかくの酒田の夜なので、ラーメンまで欲張るが、中心部にはこの店しか見つからなかった。

IMG_4518_20180529151422776.jpg

 これも来たことがある。夜は若者の酔っぱらい多数。

IMG_4516_20180529151420af0.jpg

 いちばんシンプルな、鶏中華を食して、腹いっぱい。

 宿に戻って風呂に入る。

IMG_4520_201805291514232c6.jpg
関連記事
テーマ : 夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け  ジャンル : 写真

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019