風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 昭和の香り

Comment (4)  Trackback (0)

生まれる前の、散歩カメラ

 5月4日。
 見てみたいものがあり、地下鉄東西線に乗って終点の荒井駅へ。

 まずは駅前で腹ごしらえだ。

IMG_4027_2018050906183273d.jpg

 地下鉄に乗ってから、グルメ検索して見つけた、もろやファームキッチン。

    IMG_4019_20180509061824aaa.jpg

 農家経営なのかな。

IMG_4021.jpg

 いわゆるヘルシーな料理を出す店のようだ。

    IMG_4020_20180509061825f08.jpg

 駅前ビルの二階、広い窓とバルコニーがある明るい店だった。

    IMG_4022.jpg

 もっともまだ開発が進んでいないからで、5年もすればビルの谷間になってしまうかもしれない。

 本日の日替わり、一汁四菜ランチ、カニクリームコロッケ、864円。

IMG_4023.jpg

 美味しかったけれど、コロッケが一個だけの定食は初めてかも。

 駅に戻る。

IMG_4025_20180509061831e62.jpg

 べごリンピックの時以来、二回目になる。

    IMG_4028_2018050906183462e.jpg

 エキナカにある、せんだい3.11メモリアル交流館。震災の記憶を伝える小さな施設だ。

IMG_4044.jpg

 ここで面白い写真展が開かれているのだ。

IMG_4032.jpg

 1951年の西塩竈駅。

IMG_4033_2018050906250138f.jpg

 どこだろう。

IMG_4034_20180509062502011.jpg

 牡鹿半島の月の浦かな。

IMG_4035_2018050906250407d.jpg

 朝鮮戦争の時に、軍医としてキャンプマツシマに滞在していたアメリカ人が、9か月の間に、宮城の普通の風景を撮影した写真。

IMG_4038_20180509062509a90.jpg

 それが子息の手で震災直後に偶然見つかり、津波の被災地であることに気づいた彼が、修復して公開しているのだ。

IMG_4039.jpg

 それも、ワタシも持っている、米国製のArgus C3と言うコンパクトカメラで撮影されたようなのだ。

   L1050246.jpg

 国内では、まだ一般にカラーフィルムは販売されていない頃だから、貴重だ。

    IMG_4040_201805090625117ee.jpg

 松島湾だな。

IMG_4041.jpg

 石巻だろうか。

IMG_4037_20180509062507ef9.jpg

 仙台?

IMG_4036_201805090625054a6.jpg

 無料で入れる展示会は、8月26日まで開催されているので、仙台から牡鹿半島までのエリアで育った、50代以上の方にはぜひ見て感じて思い出してほしい。インターネットでも見ることができるサイトあり。

IMG_4047_20180509062638fc4.jpg

 駅の屋上には庭園テラスもあった。

IMG_4046_20180509062638c10.jpg

 大町西公園駅まで戻って、散歩しながら帰宅。

IMG_4050_20180509062639720.jpg

 好い天気の日だった。
関連記事
テーマ : 何気ない日常の写真  ジャンル : 写真

Comments

私も、行こうと思っています
石巻の地方紙にも掲載されてます。
記憶にある風景もあって、涙チョチョ切れそうですが、行って見ようと思っています。
George Butler見ました
George Butlerをwebで写真見ました。
素晴らしいというより凄いと思いました。
まるで、木村伊兵衛の写真を見るようです。
私が生まれた翌年ですが、当時サツマイモが1kgが10円ですか。
当時の日本人は、写真は写真館で撮ってもらうもので、カメラを持っているのは相当な分限者でしたですよね。
ニコンS型、キャノンⅢ型、ライカⅢfの時代ですから、今の時代ならマイカーよりも高かったはず、庶民は高値の花です。
アメリカ人にとっては、我々がい今、東南アジアに行って写真を撮る感じに似ていたとだと思います。
どこかで誰かが賞をあげたら良いと思いますが・・・
まんぼうさんへ
写真を見て、蘇る記憶があるかもしれません。
兄弟や、当時の友達とか、一緒だとなおさらかも。

ぜひぜひ。
百日紅さんへ
良い写真でしょう。
ぜひ、各所で紹介ください。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018