風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

まさにドンピシャ ~瀬戸徘徊⑧

 先月22日の午前。
 神社を回った後の、この日の一軒目だ。

    IMG_3560_20180430045048180.jpg

 宇多津町の、セルフうどん麺太郎。新しい店らしい。

IMG_3564_20180430045053376.jpg

 牛丼まである、現代的で実用的な店だ。

IMG_3566_2018043015384511c.jpg

 ぶっかけ小280円。この日の一杯目は、9:10

 この店の薬味コーナーには、花かつおやレモンまであった。

IMG_3561_201804300450494dd.jpg

 かけ小は200円で、価格差はたれと言うか出汁作りの手間らしい。

 濃い出汁をかけ過ぎないように注意が重要。

    IMG_3562.jpg

 割と普通のさぬきうどん。

 しかし、ここでこんなポスターを発見。

    IMG_3563_201804300450527e3.jpg

 自衛隊基地の公開は、どこでもあると思うが、この駐屯地には、ここでしか食べられなくなった幻のうどん店があるらしいのだ。
 普段は入れない隊員専用の店。

 それはさておき、二軒目へ。

    IMG_3581_20180430045101d41.jpg

 丸亀に入って、土器川の堤防沿いにその店はあった。

IMG_3568.jpg

 ある意味典型的な、郊外にある有名店のスタイルだろう。

IMG_3569.jpg

 もう一杯食べているし、行列は全く問題なし。

IMG_3571_2018043004505889c.jpg

 記録によれば並び始めて15分ほどで、うどんをもらっている。

IMG_3573_20180430045059f91.jpg

 ここはかけはセルフ、釜揚げは店員さんが茹でててくれるシステム。

IMG_3575_2018043004533121e.jpg

 茹で湯は一緒なんだな。

IMG_3576_2018043004533103c.jpg

 この日の二杯目は、9:50。 釜玉270円だ。

     IMG_3577.jpg

 かけは、そのままでも食べられるまで茹でて、冷水で〆てから置いておき、食べる前に再度暖めてるが、釜揚げは最初の茹でたてをそのまま〆ずに食べる。

 讃岐うどんを茹でるには時間がかかるので、ある程度の見込み生産だ。

 この日は師匠の幼馴染が、津山からJRでやってきて合流するため、若干時間調整兼腹ごなし。

IMG_3591_201804300453417de.jpg

 丸亀に入って、うちわミュージアムだ。

IMG_3583_20180430045334c4e.jpg

 四国と言えば今治のタオルは聞いたことがあったが、丸亀のうちわは知らなかった。

IMG_3589_20180430045340bae.jpg

 国内生産の九割が丸亀産だと言う。

IMG_3587_2018043004533720d.jpg

 すっかりタダでもらうものの一つになってるからなぁ。

IMG_3588_20180430045338ad0.jpg IMG_3585_20180430045335d03.jpg

 薄くて軽いので、記念に一枚お買い上げ。今回の旅で唯一の自分用の土産だ。

 JR丸亀駅。

IMG_3593_201804300453432b7.jpg

 岡山から、愛媛方面、高知方面の列車が停まる。

 昨年来た現代美術館。

IMG_3592_20180430045712ceb.jpg

 師匠のご学友をピックアップし、三軒目へ。

IMG_3594_201804300457139ac.jpg

 隣町、善通寺の山下うどんだ。

IMG_3596_2018043015384680a.jpg

 冷ぶっかけ小270円で、11:11に三杯目

IMG_3597.jpg

 ここもレモンが置いてあった。

    IMG_3598_20180430045716138.jpg

 典型的な讃岐の山と、麦畑。

IMG_3601_2018043004571878c.jpg

 4軒目は、引き続き善通寺市内を30分ほど走って、長田in香の香。

IMG_3613_20180430045725e90.jpg

 また行列の店だ。

    IMG_3605_20180430045721528.jpg

 20分ほど待ちだが、これも問題なし。

    IMG_3604_20180430045719898.jpg

 釜揚げが売りの店だと言うので、3人だし、たらいにしようか。

IMG_3606_20180430045722850.jpg

 たらい小(4.5玉)1000円をシェア。

IMG_3609_201804300457245e6.jpg

 山形のざるそばだと超大盛が板蕎麦になるが、讃岐の釜揚げうどんはたらいに。阿波の文化なのかもしれないな。
 滅茶熱い出汁は、こうやって注ぐのを、隣の席のおかぁさんに教わる。

IMG_3610_2018043004595673d.jpg

 たらいで出されると、釜揚げの美味さがしみじみわかる。4杯目は、12:20

    IMG_3612.jpg

 讃岐うどんは、もともとプリプリ感が弱いので、〆ずに供すると、滑らかなのど越しになるのが良いのかもしれない。

 このあと自衛隊の善通寺駐屯地に寄ってみたが、ちょうどパレードの時間帯で駐車場が満車。

P1030371_2018043005000110d.jpg

 それで善通寺を参拝することにした。

P1030376.jpg

 善光寺と名前がごっちゃになりやすいお寺さんだ。

P1030374.jpg

 またまた五重塔シリーズ。

     P1030377_201804300500052bc.jpg

 この春、何塔見たのだろう。

P1030379.jpg

 この後駐屯地へ行ったら、すんなり入ることができた。

IMG_3620.jpg

 乃木館。

P1030382_20180430050008cc5.jpg

 公式HPによれば、明治31年10月1日、旧軍第11師団が四国全域を管区として編成された際、師団司令部として建てられたもので、善通寺駐屯地では通称「乃木館」と呼ばれています。
 初代師団長には、軍神として名高い乃木将軍が着任され明治31年10月1日から明治34年5月22日までの2年8ヶ月間ここで勤務されました。


 滑走路は無いが、ヘリはある。

IMG_3619_201804300459588a9.jpg

 タンクもある。

IMG_3616_20180430050216b32.jpg

 出店がいろいろ。

IMG_3622.jpg

 小型輸送ヘリ。

P1030387_20180430050223ed8.jpg

 戦闘ヘリ。

     P1030388_2018043005022581d.jpg

 そして偵察ヘリかな。

P1030390_20180430050226328.jpg

 国産の防振カメラも付いていた。

       P1030391.jpg

 ところで、大事なミッション。

    IMG_3623.jpg

 食堂棟に、その店はあった。

IMG_3625_2018043005021931d.jpg

 師匠によれば、市内にあった百こ萬と言う店の支店で、本店が最近閉店してしまったので、ここでしか食べられなくなったこと、通常は観光客が入れる場所ではないことから、幻のさぬきうどんだと言う。

 しかも乃木大将のレシピだ。

IMG_3626.jpg

 ワタシと師匠のお友達は、パスしたが、先輩は頑張って一人つるつる。

 そうしたら、カメラを持った美人さんが近寄ってきて、局名を名乗り取材させてほしいと。

IMG_3628cmo.jpg

 師匠がたっぷり語ったのは、言うまでもない。
 終了後師匠と私は一応元同業者だった旨は告白。

 おそらく近く四国ローカル、順調に行けば6月に全国ネットで放送されるだろう。

 偶然に偶然は重なるものだ。

 昨年のレポート二日目は、こちらそちら
関連記事
テーマ : うどん  ジャンル : グルメ

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2018