風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (0)  Trackback (0)

日の出やら、アートやら ~瀬戸徘徊⑤

 今日は、特別支給の老齢厚生年金請求を投函。少し収入ができる。

 これは21日の朝。

P1030202_20180427141907c27.jpg

 前日寝坊して見逃した日の出を見に浜に出て来た。

P1030204.jpg

 スマホアプリを駆使しながら、好いポイントを探す。

P1030208_20180427141910d67.jpg

 時々傾いた絵があるのは、老人力が増したせいだろう。

P1030210.jpg

 突然、東にある豊島の上から、太陽が顔を出す。

P1030211.jpg

 慌ててシャッター。

     P1030216.jpg

 瀬戸の夜明けだ。

P1030220_20180427141916854.jpg

 波が穏やかで、小舟が通ると、ちょっとだけうねる。

P1030221.jpg

 小波のひだひだが美しい。

     P1030224.jpg

 今日も天気だな。

P1030226.jpg

 せっかくなので、足早に少し移動してみた。

P1030241_2018042714220408a.jpg

 最初からここの方が良かったかな。

IMG_3404_20180427142201ccb.jpg 

 もう二度と来ることは無いだろうな。

    P1030246.jpg

 宿に戻って荷支度。

 この日は朝メシ抜きでチェックアウトだ。

IMG_3414.jpg

 7:30発の巡回バスで、宮浦港へ。朝ドラが見られない。

P1030252.jpg

 港に、こんなオブジェがあった。

P1030287_20180427142612d9d.jpg

 藤本壮介作、直島パヴィリオン。

P1030253_20180427142559afd.jpg

 もう少し好い場所は無かったのかな。

IMG_3419_20180427142901db0.jpg

 朝めしを喰おうと思っていた、うどん屋は11時からだった。

IMG_3418_20180427142859a18.jpg

 高松行きのフェリーが客待ちしていたが、帰りは乗らない。

IMG_3422_201804271429022dd.jpg

 見たかったアートと言うか、建造物はこれだ。

P1030258_201804271422093b8.jpg

 なんとも無国籍な外観。

     P1030259_20180427142210aea.jpg

 キャバレーだろうか。

P1030263_20180427142213d9a.jpg

 いや、違う。

     P1030262_2018042714221297f.jpg

 なんと銭湯なのだ。

P1030270_2018042714221543d.jpg

 中はこんならしい。

     IMG_3343_20180427142858ba8.jpg

 これは凄いや。

P1030268_20180427142603312.jpg

 足湯もある。

     P1030266_20180427142600e33.jpg

 直島アートの最高傑作かもしれない。

P1030267_20180427142602cba.jpg

 大竹伸朗作の、直島銭湯「I♡湯」。

     P1030269_20180427142605685.jpg

 もしもう一度この島に来るなら、近くの民宿にしよう。

P1030276_201804271426088c6.jpg

 実際宿も宮浦に多いようだった。

     P1030273_20180427142606669.jpg

 船着き場もあるしね。

P1030277.jpg

 海の駅なおしまへ。

P1030278_20180427142611289.jpg

 まだ時間があったので、赤かぼちゃ再び。

P1030279_20180427142908ae4.jpg

 賛否はあるのだろう。

P1030286_20180427142910282.jpg

 強烈なランドマークだ。

IMG_3424_20180427142904a44.jpg

 人が遊んでいたのを見て、真似してみる。

    IMG_3426_20180427142907457.jpg

 もっと深度を深く取らないとだめだ。

IMG_3425_20180427142905f89.jpg

 浮き桟橋に行ったら、美しいヨットが二艘。

     P1030289_201804271429112dc.jpg

 一艘にはオランダ国旗が翻っている。

P1030292_2018042714305392c.jpg

 宇野の方から、高速船がやって来た。

P1030295_20180427143054009.jpg

 帰りはこれで。

IMG_3431_20180427143050d2b.jpg

 なんとサンダーバード号だ。

IMG_3432.jpg

 オランダのヨットから、人が出て来た。

P1030299_20180427143056605.jpg

 そうか、寝泊まりしてるのね。

P1030302_20180427143057eea.jpg

 高速船だと、20分で高松まで。

P1030307.jpg

 早い分揺れるが、あっという間だ。うちからバスで仙台駅までと同じ時間。

P1030306.jpg

 通勤通学圏内。

P1030309_20180427155122878.jpg

 高松城がちょっと見えた。

P1030311_20180427155123f56.jpg

 これもアートだ。

P1030314_201804271551253b4.jpg

 荒行が始まる。
関連記事
テーマ : ぶらり旅  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019