風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (0)

アートなエリアへ ~瀬戸徘徊③

 20日の朝は、サイコーの朝飯を食べてから、南方向に歩き始める。

IMG_3314_20180426160255e18.jpg

 やはり、崇徳天皇関連の社が山の上に有るようだ。

     P1030251_20180427141651a41.jpg

 大河ドラマの平清盛で、井浦新演じた崇徳天皇が、強く記憶に残るが、坂出にある天皇陵は、四国唯一だ。

 傾斜地が多い島だが、この辺りには農地があった。

IMG_3310_20180426160253c94.jpg
 年寄りが歩くのにはちょうど好いし、自転車でも走りやすいな、この辺りに限っては。

IMG_3312_2018042616025467a.jpg

 しかし産業は、もちろん海中心。

       IMG_3317_201804261602570b2.jpg

 10分ほどで、南側の浜に出てしまった。

IMG_3320_201804261602583b2.jpg

 高松の街が見える。

P1030080_201804261603034af.jpg

 右に目をやると、もう一つのカボチャが見えた。

     P1030081_20180426160304d13.jpg

 草間彌生の、南瓜。

IMG_3323_201804261603003da.jpg

 青空の下、自然の中に配置されたアートを眺めるのが、今回の旅のいちばんの目的だった。

IMG_3324_20180426160301639.jpg

 3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。次回は2019年だが、間の年でも常設の作品は見ることができる。

P1030082_201804261603065f4.jpg

 人が少ない時の方が良いので、今年来てみたのだった。

     P1030085.jpg

 自分では、風力発電所を見に行くのと同じノリで来ている。

IMG_3337_2018042616051519d.jpg

 少し移動すると、高級リゾートホテルを含む、ベネッセハウスの庭にも、作品が並んでいる。

    IMG_3329_2018042616050803a.jpg

 ニキ・ド・サンファール作、らくだ、 猫。

    IMG_3333_20180426160513289.jpg

 象。

P1030089.jpg

 腰掛。

    IMG_3336_20180426160514dce.jpg

 会話。

IMG_3332_20180426160511355.jpg

 カラフルで楽しい。

     P1030088_20180426160519ce6.jpg

 カレル・アベル作、カエルと猫。

       IMG_3330_201804261605092a9.jpg

 ダン・グラハム作、平面によって2分割された円筒。喫煙所かと思った。

P1030153_20180426160848e6b.jpg

 浜に面したテラス。

P1030090_2018042616052289b.jpg

 ベネッセハウスの手前から無料バスが、通行止め区間の中を走り、丘の上まで運んでくれる。

IMG_3340_20180426160835d7c.jpg

 満員で危うく乗れなくなりそうだった。

P1030094_20180426160844062.jpg

 地中美術館のチケットを買う。

P1030098_20180426160845002.jpg

 美術館までのアプローチが美しい。

    IMG_3342_20180426160836a9e.jpg

 そう、モネの睡蓮が5枚ある美術館ならではの演出なのだ。

    IMG_3344_20180426160838548.jpg

 ちょうど世話をしているお父さんが、仕事をしながら説明してくれた。

IMG_3346_20180426160839f9e.jpg

 欧米から訪れているマダムたちも、大満足。

    IMG_3353_20180426160841da5.jpg

 お父さんは一人で全部世話しているそうで、反応に嬉しそうだった。

    IMG_3354_201804261608423f2.jpg

 もっと広い庭園を演出して欲しいものだ。

P1030108.jpg

 登り坂だが、地中美術館の入り口。

IMG_3347_20180426161059470.jpg

 内部は撮影不可。

IMG_3878.jpg

 庭から海の撮影はOKだった。

IMG_3348_20180426161101d23.jpg

 地中海の風景のようだ。

IMG_3350_20180426161102e2e.jpg

 行ったことがある島は、ロードス島だけだけど。

     P1030101.jpg

 可愛いミュージアムなので、あっという間に見学終了。

     P1030102.jpg

 楽しかった。

 歩いて坂道を降りていくと、オブジェが見えてくる。

     P1030110.jpg

 屋外だけなら無料。

P1030112_2018042616111035b.jpg

 LEE UFAN MUSEUM。

P1030111_20180426161108ab7.jpg

 カラスは天然。

P1030113_20180426161111376.jpg

 李禹煥美術館だ。

     P1030116_20180426161113488.jpg

 館内もかなり抽象的。

     P1030118_201804261612490e8.jpg

 屋外の方が良いな。

P1030122_20180426161251330.jpg

 さらにブラ風写。

    IMG_3356_201804261612455ef.jpg

 浜の方へ降りていく。

P1030128_20180426161254a2c.jpg

 これも作品だろうか。

P1030125_20180426161252e7c.jpg

 美しい浜だ。

IMG_3360.jpg

 人がいない。

       IMG_3365_20180426161248b77.jpg

 これも作品だ。

P1030130_20180426161257108.jpg

 風で動くオブジェ。

P1030129_20180426161255ff9.jpg

 瀬戸大橋。

P1030132_20180426161258310.jpg

 ジョージ・リッキー作、三枚の正方形。

IMG_3369_20180426161501ffd.jpg

 景色の良い場所にあった。

P1030148_201804261615154b1.jpg

 ここにも砂浜。

IMG_3372_2018042616150305c.jpg

 大竹伸朗、シップヤード・ワークス船尾と穴。

IMG_3374_20180426161504f32.jpg

 意外に美しい海。

IMG_3375_20180426161506110.jpg

 海沿いの散歩道。

P1030134_2018042616150744e.jpg

 ストーンヘンジか。

P1030135_201804261615093f1.jpg

 蔡國強「文化大混浴 直島のためのプロジェクト」。

P1030137_20180426161510bc7.jpg

 反対側にも砂浜。

P1030141_2018042616151293f.jpg

 そしてベネッセミュージアムだ。

P1030142_20180426161513d94.jpg

 ここも中は撮影不可。

 野外作品はOK。

 片瀬和夫、茶のめ。

P1030147.jpg

 ウォルター・デ・マリア、見えて/見えず 知って/知れず。

P1030143.jpg

 これは呼応する大作、タイム/タイムレス/ノー・タイムが地中美術館にある。

P1030152.jpg

 直島の海を眺めていると、結構頻繁に40㎝ほどの青魚が、海面からジャンプする。

 やっと一枚。

P1030151_201804261617201d3.jpg

 拡大してみよう。

P1030151cas.jpg

 サワラか?

P1030156_20180426161723bf2.jpg

 一番来てみたかったエリアをひと回り、次の巡回バスが来るまでの時間、珍しいビールの自販機で、一本。

    IMG_3380_201804261617149c6.jpg

 空ける前にバスが来てしまった。

 これは回送バス。

P1030149_20180426161718856.jpg

 つづく。
関連記事
テーマ : アート  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019