風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (5)  Trackback (0)

モダンカメラマンⅩⅨ

 カメラを手にしたり、眺めたり、透かしたり。

 人がぶら下げてるカメラを観察したり、ショーウインドウの銘機を見つめたり。

 車や自転車や、ハンドバックや靴でも同じかもしれませんが、持つ喜びと共に、その機能を発揮させる、つまり持って、乗って、履いて出かけたくなる、誘引力のようなものが、モノには必要ですよね。

 ニコンやキャノンのプロ用のカメラは、どんな環境下でもプロが仕事を全うするための重く大きな形で、プロはその重みで、安心して苛酷な環境に出掛けていけるのかもしれませんが、当然アマチュアにはそんな装備は必要ありません。と言うかそんな重いものを持って出掛ける気さえしません。



 では、一番モチベーションを高めてくれるカメラのサイズとはどんな大きさと機能なんでしょう。

 例えば、車やバイクの愛好者が、レースカーやラリーカーに憧れるのと同じようにハイアマチュア用のカメラはプロ用によく似た形と機能を持ったものが多かったように思います。

 特に、プロ用の望遠レンズが巨大になるにつれて、カメラ本体にモータードライブとハンドグリップが一体化されるようになり、カメラは平たい箱から奥行きがある立体になっていきます。
 Nikonの一眼レフでいえば、F3からF4の時代、アマチュア用だと、FAからF801のころでしょうか。

 これは機構設計が、紙に三方向からの図面を書いていたやり方から、コンピュータを使ったCAD、つまり画面上でカタチを見る方法へ変わっていった時期と重なります。

 カメラの奥行きが長くなると、全長が短い単レンズの存在価値が低くなり、光学設計技術(これも要するにコンピュータに計算させる)の進歩も相まって、ズームレンズが主流になっていきました。

 そうするとカメラを首にぶら下げた時には、昔のカメラはレンズが前を向いたのに、ズームレンズを着けたカメラは下を向いてお辞儀してしまいます。

 このスタイルが、私は嫌いだったのに最近気づいたんですね。



 そうです、私が好きなカメラは、ぶら下げた時にレンズがちゃんと前を向くカメラ。

 あと、手がいろは紅葉のように小さいので、大きなグリップのカメラがグリップできないと言う問題もありましたが。大型バイクだと足が届かない感じですか。

 もちろん世の中には、コンパクトカメラと言う一大派閥もありまして、基本はポケットやカバンに入る大きさと言うことで、これはこれで、撮りたいときにカメラが無いという悲しい状況を防ぐためにも、常にカメラを携帯したかったり、元々普段から持ち歩く荷物が多い人にはこれしかないわけです。
 だけど気合を入れて写真を撮りたいときには役者不足だったりします。
 機能的にはしっかりしたカメラもあるのですが、いまひとつ気合が乗らないのです。

 フィルム時代のRicohのGRシリーズなんかは、いつも重い機材を助手たちに持たせている一流カメラマンが、ポケットに入れていて、たまたまオフの場で、撮ってみたらすごい写真が撮れたりして認められるようになったものでしょう。

 で、私にとってベストサイズのカメラの考察なんですが、このサイズかもしれません。

R1056295.jpg

 マイクロフォーサーズについては散々、究極のデジカメフォーマットかもしれないと書いてきましたが、このOlympus Pen E-P1は、Lumix G1とは異なる路線で、金属ボディで、手振れ補正がボディ内蔵です。
 G1は、普通のデジタル一眼と同じようなカタチなのに、E-P1は大きめのコンデジといったカタチ・サイズなのですが、ちょっと重めで、デザインにも風情があります。

R1056297.jpg

 もちろんレンズは交換できます。

R1056305.jpg

 このEP-1は、かつてのハーフサイズ一眼 Pen Fの哲学をベースに設計されたカメラなのでした。

R1056299.jpg

 ほぼ同じ大きさで、上面手前のラインが右下がりなのも同じ。

R1056300.jpg

 コンデジだとちょと小さすぎという人にはちょうど良いサイズなんです。

 モードダイヤルが、F以外のPenシリーズの巻き上げノブと良く似ています。

R1056302.jpg

 でも、肝心なところが手抜き。

 Leica M4-2と並べてみたのですが、Leicaはレンズをつけた状態で、前後のバランスが上手く取れるところに、ストラップ用の吊り金具がついているんですが、EP-1は単にど真ん中。

R1056309.jpg

 これではやっぱり少しお辞儀してしまうんです。
 マイナーチェンジして欲しいものです。

 それから別に入手した純正の17mm(35mm換算で、34mm相当)レンズ、フードが付属していないんです。オマケにフィルター系が37mmという変則サイズ。
 スティルカメラレンズでは普通使われないサイズなんです。

 でも、捨てる神あれば拾う神あり。(ちょっと違うか)
 37mmというのは昔からホームムービーカメラのフィルターサイズなんですね。

R1056306.jpg

 家でほとんど使われていないDVカムのプロテクターとフードがぴったりでした。色まで同じ。嬉しい誤算(これも違う?)です。

R1056307.jpg

 もちろんG1と同じくレンズアダプターで遊べます。

R1056304.jpg

 上は、LeicaのMマウント、下はOlympusのPen Fマウント用変換アダプターをつけたものです。

R1056303.jpg

 これはLeicaのRマウント用変換経由タムロンアダプトール2レンズの500mm反射式望遠です。35mm換算で1000mm相当になります。

R1056294.jpg

 デジカメwatchに使用レポートがあります。ボディを初め金属が多用されていて、重みと言いとても良いのですが、トップとボトムカバーがアルミニウムなのに対し、メインボディがステンレスで、シルバーモデルはそこがヘアライン仕上げなんです。(画像は無断借用)
006l.jpg
 ヘアライン仕上げそのものは嫌いではないのですが、ちょっとこのデザインには似合いません。Pen-Fみたいな革張りにならなかったのでしょうか、と言うわけで後から革風のシートを貼るオプションがいろいろ販売されているようです。

 私はブラックかオリーブボディが欲しかったのですが、出そうも無いのでこのホワイトヴァージョンを入手したのでした。

R1056329.jpg

 総評ですが、持った感じの質感は抜群、シャッター音はG1と同じで今一、デザインも今一、買おうか悩んでいる方にはまずお店で手にとって見ることをお奨めします。
 アダプターを使って昔のレンズで遊びたい方には、手振れ補正がボディ内蔵なので○、でもストロボが内蔵されていないんです。私はほとんど使用しないので構わないのですが。
 あとファインダーはやっぱり欲しいです。

 対抗馬である、LUMIX GF1は質感では劣る(見た目はコンデジ)もののストロボ内蔵、でも手振れ補正はレンズ側なんです。だから古いレンズだと補正なし。でもLVFが付けられます。

 とにかく手にとって、背中を押してくれるほうを買うことです。

 オリンパスのデジカメは初めて買ったのですが、面白いアートフィルター機能と言うのが標準装備。普通あとからソフトで加工するのを撮影時にやっつけてくれるんです。

 先日岩手秋田県境に出掛けた時に持ち出してテストしてみました。

 例えばトイカメラモード。

PA240154.jpg

 周辺の光量落ちと、解像度不足をわざわざ造ってくれるんです。

PA240121.jpg

 昔風の街並みなんかだと面白いかも。

PA240107.jpg

 他にもいろいろあるのですが、これはポップアート。

PA240109.jpg

PA240114.jpg

 要するにクロマを上げてカラフルにしてるんですね。

PA240157.jpg

 紅葉写真には向かないみたい。

PA240144.jpg

 ぶら下げて歩きたいカメラとなりそうです。

 今朝の明星 by Pentax

IMGP0109.jpg

 この記事を書くのに夢中で日の出は見逃しましたが、これが見えました。

IMGP0114.jpg

 蔵王の冠雪です。冬ですね。
関連記事
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Comments

Re
おはよう・・・
相変わらずカメラ薀蓄にはほどほど感心します!
メーカーへのレビュー投稿したら良いかも・・・
バイクもそうですが、欲しくなるとあらゆる観点から調べ、納得する(納得させる?)迄時間をかけますね。
衝動買いした時は後から理由付けしたり(笑)
風写さんの趣味もなかなか良いですよ・・限が無いけど(笑)
OMとはマウント違いますか?
先日、阿佐ヶ谷ジャズストリートで、このデジ持っている爺さんがいました。コンクリートにはいつくばって、別のカメラの300mm?のモニター代わりに使っていたみたい。モニター画面はでかいし、見とれてました。
ところで、このカメラ、OMのレンズ使えるのかな。昔なつかしカメロボももっているんだけど。今度、神田に行ったとき、ショールーム覗いて来よっと。
tokiwaさんが、たまにトイカメラの画像アップしてます。色合い似てますね。
銘機ですよ
LYNX☆さん
メーカーへのレビュー投稿って何です?
そんなシステムありますか?

今回はわがブログ読者の中にこのカメラに興味がある方が多いのではと言う思い入れが入ってます。
その義務感で買ったようなモンです
間違いなく歴史に残るカメラでしょうから。

kazuさん
OMのアダプターももちろんあります。

ただ正直背面の液晶モニターでマニュアルフォーカスレンズのピントを合わせるのは老眼ズにはつらいです。

やっぱりお買いあげですね。

ワタシはファインダーがないのがちょっと。。

今月発表、来月発売というリコーのデジ一が気になってたまりません。

それとヒコーキ用の望遠も買わなきゃ。
噂の出所はどこ?
おおさん
ブログまだですかぁ

そうですね
特にマニュアルフォーカスにはファインダーは必要。
G1の方がずっと使いやすいです。
かといっていまさらGF1を買ってファインダー着けるのも馬鹿らしいので、こっちにしました。

PANAの20mm/F1.7もゲットしちゃいました。

やはりRicohからも出るんですか?






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019