風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 船の旅

Comment (0)  Trackback (0)

あの島へ、初上陸 ~瀬戸徘徊②

 19日午後の高松港。 快晴だ。

IMG_3232.jpg

 かつての宇高連絡船はないものの、小豆島行きは本数が多い。

IMG_3236_201804261251395de.jpg

 このオブジェも、一部ではすっかり有名になった、瀬戸内国際芸術祭、トリエンナーレにちなむものなのだろうか。

       IMG_3235_20180426125137613.jpg

 大巻伸嗣作、Liminal Air -core-。

 マリンゲートだ。

    IMG_3234_20180426125136881.jpg

 船着き場にフェリーがいないときは、正面に屋島が見える。

IMG_3239.jpg

 ワタシの行き先は、ここ。

       IMG_3237_20180426125140679.jpg

 フェリーだと50分かかるが、片道520円、往復990円で乗れる。

IMG_3240_20180426125143a6a.jpg

 今年になって就航した新造船あさひだ。

IMG_3243_2018042612514546d.jpg

 女木島かな。

IMG_3245.jpg

 かつての連絡船と同じと思われる航路を、ゆっくりゆっくり進む。

IMG_3249_20180426125149ed4.jpg

 男木島。

IMG_3250_20180426125324c35.jpg

 最上階デッキにもオブジェ。

    IMG_3253_20180426125325703.jpg

 岩城典子、夢の雲。

 直島が見えてきた。

P1030064_201804261253336bc.jpg

 ホテルや美術館なのだろう。

P1030066_20180426125334096.jpg

 奈良でも多く見られた、ミツバツツジが満開だ。

P1030071_201804261253369cb.jpg

 宮浦港に入る。
 あのカボチャがお出迎え。

P1030074_20180426125337172.jpg

 立派なポートハウスには、外国人が一杯。

IMG_3266_20180426125331911.jpg

 距離的には、岡山県の宇野の方が近いためか、船の便もそちらが多いが、香川県の一部であり、岡山市よりは高松市の方が近い。

IMG_3258_20180426125327d16.jpg

 出発間際の観光客だろう。

 大勢カボチャの周りに。

IMG_3263.jpg

 もちろん草間彌生作、赤かぼちゃ。

IMG_3264_20180426125330f6c.jpg

 バモスホンダがあった。

IMG_3265_20180426125508867.jpg

 直島は大きくも小さくもなく、もし歩いたら東西が30分、南北は一時間ほどだろうか。

 タクシーがおらず、交通機関はこの循環バスと、レンタカー・バイク・サイクル。

IMG_3311_20180426125736ea3.jpg

 宿泊施設はほとんどが民宿で、送迎もないようだ。

 バスの本数は多くないが、乗れば10分で終点まで行ってしまう。

IMG_3279_20180426125516b2a.jpg

 とても変わった名前のバス停で降りる。

 実は帰るころにわかったのだが、平家が栄えた時代に、崇徳天皇がこの島に流されたらしく、上に神社があるのだ。

    IMG_3276_201804261255134c2.jpg

 宿に到着。

IMG_3297_20180426155219c74.jpg

 民宿、おうぎや。

    IMG_3267_20180426125509485.jpg

 6畳くらいの板の間に、布団が敷いてあるシンプルな部屋だが、清潔だ。

IMG_3277_201804261255154d3.jpg

 家庭用サイズの風呂と、別のシャワールームがそれぞれ男女用にある。

 早速風呂に入ってから海辺へ。

IMG_3268_20180426125511e9f.jpg

 やっぱり静かな内海だ。

IMG_3315_20180426155227b99.jpg

 民宿の近くには、飲食店が三つ。

  P1030247as.jpg


 鉄板焼き店の場所を確認する。

IMG_3274_20180426125512f48.jpg

 夕方、入店。

    IMG_3283_20180426125521d75.jpg

 居酒屋があって良かった。

    IMG_3280_201804261255185ed.jpg

 和牛ハラミ焼きと枝豆。

IMG_3282_20180426125519fe3.jpg

 旨い日本酒がなさそうだったので、イカゲソバター焼きと、レモンサワー。

IMG_3287.jpg

 そして〆。

    IMG_3288_20180426125714113.jpg

 豚玉のお好み焼きだ。

IMG_3289_20180426125715032.jpg

 安上がりだったが、ちょっと食べ過ぎ。

IMG_3291_20180426125717d38.jpg

 客は半分外人だった。

 月と木星が接近中。

     P1030078.jpg

 隣の音が筒抜けのような部屋で寝て、朝。

 日の出を見逃した。

P1030079_20180426125720101.jpg

 さて、朝飯は、近所の二軒目。

IMG_3413c.jpg

 RISTORANTE il MARE INTERNO。

IMG_3299.jpg

 泊った民宿と、同じ経営なのか、朝食付にしてもらったら、こちらで食べることに。

IMG_3300.jpg

 この時間は私だけ。

IMG_3301_2018042615522344b.jpg

 こりゃ凄い。

IMG_3305_201804261552266af.jpg

 思いがけず、地元の食材を使った豪華な朝食にありつけた。

    IMG_3303_20180426155224fe2.jpg

 夜も朝も要予約の店だ。
関連記事
テーマ : フェリー・船旅  ジャンル : 旅行

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019