風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (15)  Trackback (0)

シャバダバ七夕

 木曜日の夜は、高齢じゃない(でもあるか)、恒例風写隊パーティ。

 結局この夜は14名、♀x8、♂x6が集合。
 汚い部屋に年に一度だけお客様が訪れる日、まさに七夕らしい催しでもあるのですが、私は仕事をサボって朝から大掃除。

 このパーティのために、打ち上げ花火を16,000発仕込みました。(嘘)

IMGP1344c.jpg

 LYNX CLUBや、サエモン会の友人たちを中心に毎年花火好きが集まるのでした。

 今年は若干風があって、昨年よりはだいぶマシでしたが、やはり花火のてっぺんは煙の中に入ってしまっています。

 一昨年の様子はこちら。3年前の様子はこちらそちら

  IMGP1348cc.jpg

 毎年、しっかり花火の写真を撮ろうと思っているのですが、呑み始めが早いせいか、どうも投げやりになってしまうのですね。

IMGP1345cc.jpg

 まあ、無事に終了しました。

DSC01610.jpg

 毎回みなさんには、最低限自分で食べて飲む程度の飲食物持参をお願いしているのですが、優しい方が多くて、盛大に余るんですね、これが。

 勿体無いので、しばらくそれらで食いつなぐんです。

 これは、ピリ辛手羽揚げ。

DSC01611.jpg

 こちらもチキンとじゃがいもの煮物。

DSC01612.jpg

 休肝日でもあった夕べのおかずになりました、ありがとうございます。

 今日は、リサイクルゴミ出しの日。
 まずビールのカンとビン。ずいぶん呑みましたね。

DSC01613.jpg

 意外と少なかった日本酒とワインの残骸。

       DSC01616.jpg

 そしてみなさんの胃袋には入らなかった肴の数々。

DSC01619.jpg

 当分、買い物に行かなくても酒が呑めまする。

DSC01620.jpg

 ※追記:そうそう、成田のおおさんからわざわざ送っていただいた落花生。賞味期限が長かったので、結局開けませんでした。すみません、次会どこかで食べさせていただきます。

DSC01624.jpg

 隣は誰かが忘れてった煙草。
 そして呑めなかった分も。シャバダバ棚ぼた。

DSC01618.jpg

 缶ビールが一本しか残っていないところが、今年の暑さを物語っていますね。
 左上は、ベガサポさんお手製、三年物の梅酒です。夕べ寝酒に一杯だけ頂きましたが、濃厚芳醇です。(休肝日じゃないじゃん)

       DSC01621.jpg

 これだけでもう一回宴会出来ますね。花火もう一回やって!!

 仙台は昨日から七夕一色。
 八木山の十八番も、見事な七夕飾りを飾っていました。

       CA3A0005_20100807065855.jpg

 今回参加14名のうち、ブロガーが私以外に4名。同じ夜のネタをリンクしておきます。

 山猫の棲家Ⅱ てっちゃんの暇つぶし日記2 おとしぶみ
 Zepさんのデジブック
 (ブログはこちら)。

 皆さん今年もありがとうございました。
関連記事
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Comments

はーいっ!!
anego姉さんのトコにもカキコミしましたが来年の1番載り自薦いたします(笑)

美しく楽しく美味しい一夜だった様で羨ましい限りです。

さて、今日もギンギンの太陽ですね=おでかけしなきゃですね i^-^i

お世話様でした(*'ー'*)♪
絶好スポットで美味しいお酒&肴付きの
仙台花火は初めてでした☆彡

風写さんの北海道写真も楽しかったです♪
やっぱ道東いいですよねぇ。
毎度!
お世話様でした!
またまた来年が楽しみ、来年は確か金曜日のはず!!
又一層盛り上がりそうな予感(笑)
その前にGarageでの“いも煮会”も・・・

楽しい「花火ウオッチング&宴会」家主の会社サボって万端の計らいに感謝 ! 叔父さん手製の不老酒をチビチビ飲めば無病息災めでたく米寿を迎えられますからねえー、
ありがとうございました
聞きしに勝る風写隊花火パーティ、素晴らしかったです。
あんなに綺麗に見えるとは!あんなにお料理やお酒がおいしいとは!
想像をはるかに超えていました。
皆でワイワイ言いながら見るのがこれまた楽しく、童心に返りました。
ご自宅を開放して下さった風写さんや皆様に感謝です。

来年まで待ちきれません。七夕後夜祭花火があればいいのに。

毎年高齢、に笑いました・・。ホントに毎年ありがとうございます。
後片付けが中途半端でスミマセンでした。
あと、タッパの味噌は使ってください。
きゅうりスティックにも合うかと思いまーーす♪
なおちゃんへ
ちょっと外へ出てみましたが、速攻くらくら。
帰ってきました。
zepさんへ
お疲れ様でした

北海道はやはり道東です。
北海道らしいですよね。東北と違う。

一度しか行ったこと無いけど。
LYNX☆さんへ
芋煮会、早めに日程決めてください。
ベガサポさんへ
ありがとうございます。
米寿目指してちびちび頂きます。
ユカユケチュウさんへ
お疲れ様でした。

場所はいつでも開放しますので、何かイベントをプラニングしてください。
なおちゃんが手ぐすね足ぐすね引いて、お呼びがかかるのを待っています。

お誘いいただいたのに、伺うことができませんでした。
ワタシも手ぐすね引いて、お呼びがかかるの待ってます。
コメントありがとう
おおさんへ
次回は、まず大曲の花火、これはなめさんが幹事。
其の次は、LYNX☆さん幹事でガレージ芋煮会なんですが、その前にびーえむあいさん幹事でキャンプをやろうという企てもあり。
早く仙台に帰っておいで。

ユケユケチュウさん
前のコメント、ユカユケチュウさんになってました、すみません、修正出来んとです。
No problem.
>風写さん
あれ、ホントだ。全然気がつきませんでした。
コメントお借りしてなんですが、HNをユケチュウに変えようと考えていたところでした。
行け中三へ
了解です
これからはユケチュウさんですね






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019