風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 神社仏閣教会

Comment (0)  Trackback (0)

さて、いよいよ本命の (西域巡礼~伍)

 飛鳥を後にして、今度は斑鳩へ。
 47年前の修学旅行も、おそらく同じようなコースだった。

 ところが台風が奈良を直撃。
 飛鳥はなんとか傘をさして歩けたのだが、奈良に入ったらもうバスから外に出られない状況だった。

 それで奈良には来たけど、写真も全くない。

 いよいよその半世紀ぶりのリベンジを前に、腹ごしらえ。
 JR法隆寺駅近くの裏道で見つけた洋食屋だ。

    IMG_2862_2018041314280033c.jpg

 順番待ちで駐車場に入った。

    IMG_2858_2018041314275810c.jpg

 日替わりメニューは、カラアゲとミンチカツ? 定食で680円。
IMG_2860_20180413142759616.jpg

 そうか、関西ではミンチカツって言うんだ。

 満を持して、法隆寺へ。

 世界最古の木造建築にして、国内初の世界文化遺産。
 国宝の南大門から境内へ。

P1020682_20180413142802266.jpg

 正面の伽藍、いきなり国宝の中門が修復工事中だ。

P1020742.jpg

 左側の角から拝観料を払って伽藍の中へ。

       IMG_2863_20180413145349b30.jpg

 もちろん国宝の五重塔。

P1020687_201804131428057a3.jpg

 伽藍の中をのんびり歩きまわる。

P1020692_20180413142808c33.jpg

 これも国宝の金堂。

P1020684_20180413142803f09.jpg

 伽藍の外では、まだ桜が。

P1020691_201804131428069cd.jpg

 こんな記念切手があったな。

P1020695_20180413142809657.jpg

 工事中の中門側から、国宝の大講堂。

P1020706.jpg

 それぞれのデザインが個性的で似ていない。

P1020701.jpg

 大講堂側から。

P1020696.jpg

 ギリシャの建築技法が、伝わったとも考えられる、エンタシス。

     P1020702.jpg

 これも国宝の、聖霊院だったかな。

P1020709.jpg

 また塔が見えてくる。

P1020716_20180413143026673.jpg 

 これは大宝蔵院か? 良く分からなくなってきた。

P1020715.jpg

 ずっと東へ移動して、いわゆる東伽藍。
 鐘楼(これも国宝だ)と廻廊。

P1020717_201804131430278bd.jpg

 さらに国宝の夢殿。

P1020718_20180413143028e9e.jpg

 廻廊はただの重文だ。

P1020720_20180413143030c98.jpg

 八角形の夢殿は、聖徳太子を供養するもの。

P1020723.jpg

 隣に中宮寺がある。

IMG_2870_20180413143206d0e.jpg

 建物は最近造られたもの。

P1020729_20180413143208ffa.jpg

 超有名な、国宝の中の国宝、菩薩半跏像が祀られている寺だ。画像は某サイトから。

miroku2.jpg P1020731.jpg

 これも国宝の東大門を再びくぐって、西へ戻る。

P1020733.jpg

 法隆寺は、瓦が変わっていて、面白かった。

     P1020734_201804131432128f1.jpg

 参道がめちゃくちゃ広くてまっすぐ。

P1020736_20180413143214179.jpg

 五重塔は様々な方向から眺められ、時々鐘も鳴る。

     P1020737_2018041314321508b.jpg

 ぐるっと回って西の端、またまた国宝の西円堂。

P1020738.jpg

 この三経院も国宝かな。

P1020740_20180413143218ee2.jpg

 堪能した、と言うか、ここを見てしまったら、もうどこに行っても感動できないのではないだろうか。
 もちろん多くの国宝を含む仏像類は撮影できないので、他のサイトで探していただきたい。

 某サイトから、法隆寺の本尊、金堂の釈迦さん造像の画像を借用。

   2016y02m21d_134915797.jpg

 飛鳥時代の仏像は、顔が長いな。
関連記事
テーマ : 古寺巡礼  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2018