風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

寄ってたんせ横手

 横手駅前のホテルプラザアネックス。

 7階に温泉大浴場と足もみやらなにやら、8階には岩盤浴とマッサージかな、リラックススペースが充実しています。

 前の晩呑んだ前後に駅周辺を散策して、朝食を食べられそうなお店を探したのですが、発見できず、結局ホテルの朝食を食べることにしたのでした。

       DSC01542.jpg

 朝食バイキング会場もそんなリラックススペース内にあるんですが、そのため靴を脱いで預けます。

 横手駅は、奥羽本線と北上線の合流点。秋田新幹線は盛岡から田沢湖線ルートよりも、北上線ルートにすべきだったと思っているのですが、何か技術的、政治的な理由があったのでしょう。
 駅を見下ろす場所で朝食。鉄ちゃん向き。

DSC01540.jpg

 前に八戸のホテルであったみたいに、横手焼きそばを期待したのですが、ありません。
 代わりに朝カレーがありました。

DSC01538.jpg

 例によって貧乏性の私、たっぷり採ってしまいます。

DSC01539.jpg

 腹いっぱい。
 食後の珈琲を啜りながらの秋田魁新報。

       DSC01541.jpg

 学力日本一で有名な秋田ですが、人口減少率も日本一。なんと14年連続だそうです。

 車で出発、最初に向かったのは、横手城址です。
 春に行った三戸城と同様に、二の丸に天守閣もどきが建っていました。

IMGP1035.jpg

 またまたウィキペディアから引用。

 横手城の築城時期は、諸説ある。戦国時代には、小野寺配下の横手氏・大和田氏・金沢氏が横手城を拠点にして反抗したが、これは鎮圧されている。その後、小野寺氏は横手に本拠を移した。

 横手城は土砂崩れの防止と斜面に敵兵が滑ってよじ登れないようにするために韮(ニラ)を植えたため、韮城とも呼ばれた。


IMGP1028.jpg

 関ヶ原の戦いの時、当時の城主であった小野寺義道は、上杉景勝に通じたことより徳川家康に西軍方とみなされたため1601年に改易され、一時的に最上氏の手に渡る。1602年(慶長7年)、久保田城に佐竹義宣が転封されてくると横手城も佐竹家の所有となり、城代が入れられた。城代には伊達盛重、続いて須田盛秀が入り、1672年(寛文12年)に佐竹氏一門の戸村義連が入城して以降戸村氏が明治まで務めた。戸村氏は代々十太夫と名乗った。 1620年(元和6年)、一国一城令により久保田藩領でも支城が破却されたが、横手城を重要な拠点と考えた佐竹義宣が幕府に働きかけたため、破却を免れた。

 そうなんです。佐竹家が水戸から秋田に転封されたときに、横手の城代になったのは、伊達盛重。伊達政宗の叔父に当たる武将なんです。

 国分 盛重(こくぶん もりしげ)は、伊達政宗に仕えた戦国時代の武将である。幼名は彦九郎。はじめ伊達政重といい、国分氏を継いで国分政重、ついで国分盛重と名を改め、最終的には伊達盛重と名乗った。

 伊達晴宗の5男として生まれ、兄の輝宗の代のとき、天正5年(1577年)に国分氏のもとに代官として遣わされ、後に国分氏を継いだ。国分氏は今の仙台市付近を治めた小大名で、これによって伊達氏に従属した。盛重は伊達氏の武将として活躍し、天正13年(1585年)に甥にあたる主君政宗の下で人取橋の戦いに加わった。しかし、家中の反発を抑えきれず、天正15年(1587年)に政宗に討伐されかかった。盛重は政宗に謝罪して許されたが、国分氏の家臣は政宗直轄とされた。天正18年(1590年)から19年(1591年)の葛西大崎一揆鎮圧で、伊達政宗と蒲生氏郷が不和になったときに、氏郷の帰国の安全を保証する人質になった。盛重はその後も伊達氏一族の武将として重きをなしたが、慶長元年(1596年)に出奔して佐竹義宣のもとに走り、その家臣になった。慶長5年(1600年)に佐竹氏の転封に従って秋田に移り、横手城を与えられ、元和元年(1615年)に死んだ。


 仙台国分町とも関係があるわけです。

IMGP1037.jpg

 1622年(元和8年)、当時江戸幕府年寄で下野宇都宮藩主の本多正純が宇都宮城釣天井事件でこの地に流罪され、1637年3月10日に亡くなるまで過ごした。

 江戸時代末期、戊辰戦争の際には、東北地方では佐竹氏は孤軍官軍側につく。陸奥仙台藩と出羽庄内藩の軍勢が、戸村大学(義効)の籠城する横手城を攻撃し1868年9月26日(明治元年8月11日)の夕方に落城した。


       IMGP1032.jpg

 1871年(明治4年)に廃城。1879年(明治12年)に戊辰戦争で戦死した22人の霊を慰めるため焼け残った城の資材を再利用して本丸跡に秋田神社が建立された。

 太平洋戦争後の1965年(昭和40年)に本来の横手城に天守はなかったが、郷土資料館と展望台をかねて二の丸跡に模擬天守が建設された。この天守は、東北地方における模擬天守の初見である。


 悲しい話ですが、横手城は同じ東北の庄内藩と仙台藩によって攻め落とされたのでした。

IMGP1044.jpg

 本丸の場所にはこんな木造建築。これが秋田神社でしょうか。

IMGP1046_20100804054001.jpg

 そんなコンクリート造りの模擬天守閣ではあるのですが、現在大好評放送中の「IRIS」のロケ現場でもありました。

IMGP1025.jpg

 イイ雰囲気ですね。

IMGP1061.jpg

 このシーンに憧れる、大勢の韓国の方に、秋田に遊びに来て欲しいものです。

IMGP1060_20100804054059.jpg

 やはり桜の季節が良いのかもしれません。

 この後近所にある、日新館へ。中は前に来たときに見たので、この日は外だけ。

IMGP1049.jpg

 こんな建物が残っている街、良いですね。

 お次は横手市役所の駐車場へ移動。

IMGP1059.jpg

 市役所の隣に、ふれあいセンターかまくら館なる観光施設があり、上のようなシェルター、昔メーカーにいたとき何百回と出入りした恒温槽と同じような保冷層の中にかまくらがあるのでした。

     IMGP1058.jpg

 今年のような暑い夏にはもってこいの場所ですよ。-10℃です。

 そしてかまくらの季節に、横手を代表するお祭りで使われる、ぼんでんが飾ってありました。

          IMGP1062.jpg

 なかなか緻密でカラフル。私好みです。

IMGP1063.jpg

 横手には夏まつりはないのかな。

          IMGP1064.jpg

 お昼は十文字で冷やしラーメンかなと思っていたのですが、ビッグな朝飯がたたって、全くお腹がすきませんでした。
関連記事
テーマ : +秋田県+  ジャンル : 地域情報

Comments

雪が懐かしい♪
いいですねー、雪景色が。。

ワタシも秋田に住んだときにこぱんだを製造しましたので、人口減少に歯止めをかけたんですが、ワタシが仙台に戻ったらすぐコレだ(^_^;)タネウマカ

結局十文字のラーメンは食べなかったのでしょうか。あっさりちょびっとだから食べられるのに(^_^)v
アイリスね~
取ってつけたような「アイリス」の横手ロケ。コケました。
しかし、その後の本編のすごさ、毎週、バイオレンス、リアルな表現にひきつけられています。
日本の防衛庁に、こんな危機感はないのだろうな。山本薩夫監督の映画「不毛地帯」BSで見て、そんなこと思い出しました。
ぱんだ(親)さんへ
いやぁ
私はそんなふうには食べられないな。

一日三食以外、基本的に何も食べない体なんです。
ただ時々三食目が、6時間ぐらいかかったりして。
kazuさんへ
取ってつけたようなIRISネタに食いついていただき、ありがとうございます。

あんまり数字は良くないようですが、御視聴ありがとうございます。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019