風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (2)  Trackback (0)

はやく繋がれ

 大坂ナオミ、やった。
 だけどどうしてテレビ中継が無かったんだろう。

 14日は、定例南相馬ドライブ。

 体のメンテを終え、さらに南へ車を走らせるが、とにかく気温が高い。

IMG_1973_2018031710541214f.jpg IMG_1977_201803171054125f8.jpg

 小高の双葉食堂には、二度訪れたが、この日はさらに南の浪江町へ。

IMG_1995_20180317105424b09.jpg

 去年の4月に、市中心部の避難指示が解除され、役場も二本松から戻ってい来たのだ。

       IMG_1992_2018031710542229b.jpg

 役場の駐車場の隣りに造られた仮設商店街、まち・なみ・まるしぇ。

IMG_1981_2018031710541573c.jpg

 ここで昼飯だ。

    IMG_1980_20180317105413383.jpg

 もちろん、あの有名なB級グルメ。

IMG_1983_20180317105416da4.jpg

 なみえ焼そば大盛700円。

IMG_1985_2018031710541875f.jpg

 たぶん世界一太いそばだと思う。
 極細麺も選べる長崎皿うどんと逆パターンだな。

    IMG_1987_20180317105419837.jpg

 完食して気付いたのは、皿が相馬焼。

    IMG_1989_20180317105421ef5.jpg

 コンビニや酒屋、食品店もあり、飲食店が半分くらい。もちろん磐城壽を買う。

    IMG_1982_201803171056228e3.jpg

 そこそこ人は集まっていたが、店のオヤジさんの話では、町に1万8千人居た工事関係者が数百人に減っていて、夜は寂しいそうだ。

 駅前通り。車も人も少ない。

IMG_2005_20180317105627b79.jpg

 駅前広場。

IMG_2004_20180317105626b98.jpg

 ガラガラの自転車置き場は悲しい。

IMG_2006.jpg

 浪江駅。

IMG_E2002.jpg

 今は終点駅で、南相馬仙台方面に一日11本の普通列車。

    IMG_1999_2018031710562479d.jpg

 福島第一原発に近い路線周辺は、現在除染作業が進行中で、2020年3月開通が予定されている。

IMG_1998_20180317105623d25.jpg

 ホームに停車しているのは、Easti-Eだった。

IMG_1997cas.jpg

 もうレール敷設は終わっていて、検査に入っているのだろうか。

 国道6号で、双葉、大熊を走り抜け、富岡へ。

IMG_2011_20180317105632e84.jpg

 富岡港か。

IMG_2008.jpg

 そして、これは10月に復活した富岡駅。

IMG_2021_20180317105823e49.jpg

 宮城福島県境の山元新地あたりと同じように、海岸線が見える場所にあった駅は、津波の大きな被害を受け、駅の位置も少し変更されたようだが、ルートは同じだし、高架にもなっていないのが気になった。

IMG_2016_20180317105819ff5.jpg

 富岡からも、いわき水戸方面に一日11本だ。

 悲しい運賃表。

IMG_2020_20180317105822813.jpg

 小さなコンビニとイートインスペースがあったので、ドリンクとお菓子を購入。

 浪江方面にある踏切から、錆びたレール越しの富岡駅。

IMG_2023_201803171058253a8.jpg

 浪江仙台方向。

IMG_2024_201803171058263cf.jpg

 今も代行バスでしか行けない区間に三駅ある。

    IMG_2017_201803171058205fd.jpg

 開通すれば、特急スーパーひたちも走るのだろう。

IMG_2014_2018031710581814f.jpg

 周りには更地と工事現場しかない、その駅前にホテルがぽつんと建っていて、311の特番で紹介されていたので、泊まりたくなって来たのだった。

IMG_2036.jpg

 とても綺麗で機能的、地元スタッフも元気に対応してくれる。

 6号線沿いの中心部には、ホームセンターや大型スーパーも復活していて、浪江よりは買い物環境は良いのだが、この駅からは1㎞ほど。

 それで夕食はホテルの食堂で。 

IMG_2032_20180317105829911.jpg

 20卓ほどのスペースだが、相席なしで満卓だった。

 富岡の人たちが調理している、優しい家庭料理をバイキングで。

IMG_2028_20180317105828d29.jpg

 酒の肴的なものは少ないが、この夜はほぼ禁酒。

 刺身とカキフライは、第2ラウンドだ。

IMG_2029_20180317110003751.jpg IMG_2030_20180317110004400.jpg

 ささっと呑んで、〆はカレー。

IMG_2031_20180317110006b77.jpg

 盛り過ぎて、少しこぼれた。

 広いベッドでのんびり、寝たり起きたり。

 そう言えば、ホテルにはBARもあったが、大浴場は無し。

 朝方、外を見たら前日線路の写真を撮った踏切が、閉まっていて赤色点滅。

P1020193.jpg

 浪江側で見たEast i-Eが来るかとカメラを構えたが、結局何も通らなかった。
 信号も試験中なのだろう。

 常磐線は、もともと寝台列車や貨物列車の主要ルートでもある。早く復活して欲しい。

 未明には少し起きていたのに、二度寝して日の出の瞬間を見逃した。

P1020194.jpg

 実に残念。また来ないと。

 朝飯ももちろんバイキング。

IMG_2034.jpg

 福島のコメと野菜をたっぷりいただいた。

 今後も訪れたい、居心地のいい富岡ホテルだ。
関連記事
テーマ : 福島県  ジャンル : 地域情報

Comments

富岡港
震災前に数回、ヒラメ釣りに来ました。
いい感じのロケーションなんですよねー。
海の復活は難しいかもしれませんが、常磐線の開通を待っています。
まんぼうさんへ
三陸とはずいぶん違う海底地形なんでしょうね。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2018