風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (6)  Trackback (0)

やっぱり横手ですから

 100歳以上の行方不明者がぞくぞく判明していますね。典型的なお役所仕事。
 ひょっとしたら日本人の平均寿命の数値が変わるかも。



 私のツーリングパターンは、温泉宿でまったり、というのが基本なのですが、最近増えつつあるのが街場のホテルに宿を取り、居酒屋を探す旅。
 結局どっちが安上がりということもないのですが、最近の温泉場は、宿は賑やかでも街は寂しいし、夏に温泉三昧はあまり気乗りしないし、時間があれば街をそぞろ歩きたいし、今回も横手の駅前のホテルに泊まることにしました。秋田県第二の都市、横手です。

 ガイドブックには、焼きそば屋さんやラーメン屋さんしか載っておらず、ホテルの大浴場(一応温泉)に浸かったあと、一番搾りを呑みながらネットで店を探します。

   DSC01535.jpg

 横手駅から歩いてすぐの、郷土レストラン&居酒屋「七兵衛」、此処に決定。

DSC01524m.jpg

 ごくごく普通の居酒屋さんです。

       DSC01536.jpg

 上から下まで全部行ってみたいですね。

 えごってなぁに、というお客さん用に現物を展示中。蒟蒻のようなえご練りを出してくれます。
 サエモンさんのブログに作り方が載っていますよ。博多ではおきゅうとと言うそうです。

DSC01517.jpg

 無口とは程遠い親方を中心に5人ほどのオペレーション。

DSC01520.jpg

 お通しはグリーンアスパラ、地場産でしょう。

       DSC01514.jpg

 鶏刺しを楽しみに来たんですが、いきなり欠品、鶏わさもなし。

 代替えの、馬刺しです。

DSC01515.jpg

 予想に反して日本酒は三種類しかなくて、冷やならこれと薦められたのが、七兵衛。

 地元の人は、酒なら燗、燗用に作られた甘口の地酒は冷には向かん、ということで親方が旅行者向けに、地元備前酒造に造らせた中辛のお酒。毎年一樽発注するそうで、此処でしか呑めません。
 もう二種類は同じ備前酒造の、山内杜氏だったかな。しかもひとつは金粉入り。

       DSC01512.jpg

 もともと洋食屋だった親方が作る、オムレツや、出し巻き卵もありましたが、私はどうも肴に玉子はピンと来ないんです。

DSC01525.jpg

 親方曰く、もう旬も終わりという、じゅんさい。

DSC01519.jpg

 一人前の量が違います。軽く湯通ししただけの地元産。じゅんさい酢か、出汁入りを選べるのですが、これは後者。

DSC01523.jpg

 比内地鶏のつくねとかしら。タレしか無いようでした。

DSC01528.jpg

 そして、もちろん、焼きそば。毎年横手やきそばのグランプリで上位に進出している店でもあるんです。

 具は豚肉とキャベツだけ。

DSC01529.jpg

 横手やきそばの特徴はつゆダク。デフォルトでもたっぷりなんですが、追加用のつゆまで付いてくるんです。

 親方曰く、だから持ち帰りは不可能、持ち帰れる横手やきそばは邪道。

DSC01531.jpg

 これ1.5人前、700円です。1人前は600円。

 ネットの評判では、此処は味が強めだそうです。美味しいです。

DSC01532.jpg

 当時から七兵衛という名前だったのか謎ですが、かつては横手駅前のハイカラな洋食屋だったそうで、なぜか今でも水出し珈琲の道具やら、サイフォンがスタンバイされています。

       DSC01526.jpg

 昔からのお客さんが今でもぶらりとコーヒーを飲みに来ることがあるとか。

 何でもありぃの楽しい旅人向けの居酒屋さんでした。
関連記事
テーマ : ご当地グルメ  ジャンル : グルメ

Comments

横手焼そば初見!
馬刺しあるんですか~
長野のににてますね。昔、このあたりに軍馬がいたのかな?

つゆだくというと、ウスターソースに何かだし入れるのでしょうか。付け合わせは、紅ショウガではなく、福神漬けのようだし・・・
まだ載せてないけど~
『秋田』といい『焼きそば』とE、軽~く(ホントニカル~クネッ!)カブってしまいそうです。
会わないだけでけっこう近くにいたりして(笑)
kazuさんへ
ありゃま
あの有名な横手焼きそばをご存じない。
東北一ですよ。

http://bimitankyu.blog80.fc2.com/blog-entry-821.html

http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=2140440

一般的には柔らかい麺なんですが、此処の麺がやや固めでグーでした。
比内地鶏出しで蒸してから焼くそうです。

しっかりスペックを決めて、街じゅうで競い合っている元祖B級グルメです。
なおちゃんへ
そうですね。

どこに寄っても、なおちゃんが居るかも知れないことを頭の隅に置きつつ、旅に出かけます。

次回は庄内か、遠野、北秋田の八竜も行きたい場所リストに載っています。
横手焼そば!恥!
昭和28年がスタートとはねえ。
横手焼そばソース、ブルドックが東北6県限定で売ってるソーですね。
蒸しではなく、茹で麵というのが、つゆだくに合うのかな。
ちょっと食べたくなりました。
kazuさんへ
ご当地B級グルメの老舗ですね。

特徴を探し出して標準スペックを決め、街を挙げて売り出す。
今いろんな街でやっていることをずいぶん昔に始めたのだから大したものです。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019