風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

ワンダーランドだな (さらに西へ10)

 2月20日の朝飯。
 今回連泊したホテルは、バイキングスタイルではなく、和食か洋食を選ぶタイプ。

IMG_1443_20180228165054166.jpg

 チェックアウトは11時までOKだったので、荷物を残してまた散歩。

 海沿いに、午の唐風立佞武多があった。

       IMG_1447_201802281650540c6.jpg

 これは知らなかった。

    IMG_1448_201802281650551ab.jpg

      ※今さらですが、続きを読むには、右下のContinueを押してくださいね。
 オランダ坂を登って山手へ。

    IMG_1451_201802281650567d9.jpg

 東山手は、重要伝統的建造物群保存地区。

IMG_1452_2018022816505803f.jpg

 出島から解放された外国人が暮らしたエリアだ。

    IMG_1454_20180228165059619.jpg

 ここはよく見る構図かな。

IMG_1455_20180228165101eaf.jpg

 ギャラリーやカフェになっている建物もある。

 重文の東山手十二番館。

IMG_1457_20180228165103d8e.jpg

 抜け道なのか、仙台城周辺のように、結構交通量が多い。

IMG_1459_201802281651041ff.jpg

 電線も多いな。

     IMG_1460_2018022816510569d.jpg

 修学旅行生も歩いていた。

IMG_1462_2018022816540024f.jpg

 東山手洋風住宅群。

IMG_1466_20180228165403662.jpg

 外人たちの社宅や賃貸住宅になっていた、明治の洋館が7棟遺されている。

IMG_1467_201802281654047ae.jpg

 ほとんど庭がない、建売住宅のような並び。

    IMG_1469_20180228165406bfe.jpg

 和洋折衷な部分も。

IMG_1470_201802281654073e9.jpg

 車も入れないな。

IMG_1472_201802281654107b1.jpg

 写真館もあったが、まだ開館前。

       IMG_1474_20180228165412421.jpg

 洋館の間から、唐風建築が見える。

IMG_1465_201802281654019af.jpg

 洋中折衷か。

IMG_1471_20180228165409c90.jpg

 銭湯も無国籍風。

    IMG_1476_20180228165413d4b.jpg

 さて、またカラフルな異国の世界。

IMG_1478_201802281656583f3.jpg

 孔子廟だ。

IMG_1485.jpg

 ガイドブックには9時開館とあるのに、実際は9時半。少し待たされた。

     P2200180.jpg

 良い色だなぁ。

     P2200182.jpg

 カープのカラーと言うよりも、エンゼルスの赤。

     P2200150.jpg

 これはもう完全に中国だ。

IMG_1483_2018022816570084b.jpg

 湯島の聖堂には行ったことがあるが、全然違う。

P2200163.jpg

 明治26年(1893年)、清国政府と在日華人が協力して作られた、中国の伝統美にあふれた「孔子廟」。

     P2200156.jpg

 ここも、ランタンフェスティバルの、イベント会場の一つ。

P2200151.jpg

 17時以降なら無料で入れた。

 原爆の爆風にも耐えたらしい。

P2200153.jpg

 裏には、中国歴代博物館があり、景徳鎮現代陶磁作品展が開かれていた。

 立ち並ぶのは孔子の弟子たち。

     P2200159.jpg

 何人いたのだろう。

P2200175.jpg

 朝陽の角度の関係で、本堂の画像が少ないな。

P2200161.jpg

 これは、儀門。

P2200164.jpg

 龍たちが並ぶ。

P2200167.jpg

 青空に映える。

P2200171.jpg

 火除けの動物たち。

P2200170.jpg

 ガウディとも繋がるような気がした。

     P2200174.jpg

 出入り口の、學門。

     P2200178.jpg

 堪能した。

 ところで、二枚の写真がある。

OMI_0065.jpg

 どちらも40年前に遠征して来た時のもの。季節も3月で、ほぼ同じだ。

     OMI_0063.jpg

 自宅にもあったが、今回の旅行中に同級生がメッセンジャーで送って来たのだ。

 最後に、この場所を探すことにした。

    IMG_1488.jpg

 ヒントは、城の石垣のような石積みと、左側の煉瓦塀。

IMG_1489.jpg

 オランダ坂と言っても、道玄坂のような一本の坂ではなく、赤坂のように、坂が多いエリアをさしている。

IMG_1490_20180228170226698.jpg

 ここは、石積みが似ている。

    IMG_1491_20180228170228cc9.jpg

 ここには煉瓦塀。

    IMG_1492_20180228170229cf6.jpg

 この階段はあまり登りたくないな。

    IMG_1494_20180228170231af6.jpg

 別方向へ降りる坂道も。

IMG_1495_2018022817023345a.jpg

 やっぱりここか。一番似てる。

    IMG_1475_20180228170223137.jpg

 孔子廟のすぐ裏だった。

 その後ちょっと丘を越えて、中華街の山の手へ。

 このエリアもランタンフェスのイベント会場、いわゆる唐人屋敷通だ。

 天后堂。

IMG_1498_20180228170234991.jpg

 土神堂。

IMG_1499.jpg

 唐門をくぐってホテルに戻った。

IMG_1501_20180228170441b72.jpg
関連記事
テーマ : 建築  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2018