風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: Car & Bike

Comment (11)  Trackback (0)

みんな目を、丸くして

 今日は午後4時から、NHKBSハイビジョンで、『ぼくはロックで大人になった~忌野清志郎が描いた500枚の絵画』の再放送があります。
 先月の放送を見られなかった方はぜひご覧下さい。我が叔父である「僕の好きな先生」がたっぷり登場します。



 昨日の岩泉線の事故、盲亀の流木みたい。



 昔というか、以前、車のヘッドライトはすべて丸型でした。

L1050756.jpg

 車だけではなく、バイクも汽車も自転車も、さらに懐中電灯や白熱電球の傘も同じ、ライトに限らず、カメラのレンズもそう、実は最初のテレビ受像機も丸型でした。
 光を集めたり照射する装置は丸型が効率がいいからなんですが、信号はLEDが主流になってもまだ丸型ですね。

     017_20100731050102.jpg

 自動車の場合は、大量生産製品ということで、昔は殆ど規格品のヘッドライトを組み込む形で、長い間、当然のように丸目が主流。

     20061230nissan_01.jpg

 どちらかと言えば四角い車のボディ、角形ベースのフロントグリル回りにどうやって丸いランプをはめ込むかがデザイナーの腕の見せ所でした。

1268879347343637.jpg

 たぶん1980年頃に、角型の規格品のランプが登場して、あっという間に上の117クーペを始めとする車のフロントグリルになんとも情けない四角い目が並び始め、市場を席巻しました。

 そしてその後、ご存知のようにCADの時代になって、車のスタイル設計は芸術家肌のデザイナーよりも、機械工学系のエンジニアが中心になったかのように、一見スタイリッシュだけど、味気ない個性のないものになっていくのと同時に、ヘッドライトは専用異型の奇妙なつり目が主流になります。

 車のフロント部分を効率よくコンパクトな大きさに収めようとするとそうなるのは理解できるのですが、あまりにもみんなおんなじで嫌いです。

     imgStreamcm.jpg

 そんな中時々登場する丸目の車。

  v38446a.jpg

 もちろん規格品のランプを使っているわけではないし、どうしようもないトホホなデザインの車もあるのですが、時々はっとさせられるナイスなデザインもあり、好きなんです。

p1.jpg

 そんなか最近デビューしたこの車。

 なかなかイケてるデザイン。楕円ですけど。

10_20100731053301.jpg

 これまでの重ね団子のようなデザインは、好きではなかったのですが、今回はだいぶ良くなったと思います。

 それより少し前に出たこの車。

42.jpg

 ヘッドライトはどれ?
 丸目なのかつり目なのか、はっきりして!!

     ※最初の2枚を除いて、色々なサイトから無断で画像を借用させていただきました。
関連記事
テーマ : 旧車  ジャンル : 車・バイク

Comments

へぎ蕎麦
十日町の本店で食べました。
かつ丼が時間の関係で食べられそうにありません。
変わりに燕市のラーメンには行きたい。
再放送見ました
見ごたえありました。美術部の先生だったのですね。
私も、小学校で、絵を好きなように描かせてくれた先生がいました。うまく描こうとして、その後挫折しました。
でも、油絵描かせてもらえてうれしかったな。

再放送見ました。
小学生の頃、正月というと律儀に狭い我が家にご夫婦で来ていたのを思い出す。あまりに親父に似ていて不思議に思っていたね。まだ元気そうだね。

再放送見ました
彼(清志朗)の時代に
叔父さんのような考え方の
人は本当に珍しかったと
思いますよ
清志朗が生涯慕っていたのが
分かります同世代として
百日紅さんへ
本店で食べましたか、どうでしょう。

燕市のラーメンは体に悪いと思いますよ。

http://bimikyusin.blog109.fc2.com/blog-entry-138.html

http://bimikyusin.blog109.fc2.com/blog-entry-157.html
kazuさんへ
確かに美術の先生って、一般的に変わった人が多かったような気がしますね。
絵描きと教育、かなり矛盾を抱えた人生なのかもしれません。
在大町少年さんへ
まるで叔父貴の番組でした。

以前は、kanokoの親父さんの方が、うちの親父に似てると思っていたのですが、今回の放送でイメージが変わりました、そっくり。
大名マークさんへ
ありがとうございます。
我が家には叔父の大作が二つあります。

今度じっくりご覧になってください。
丸目の話
アルピーヌ・・格好良いですね!
こんな車がガレージに有ったらさぞかし良いでしょうね・・・
ケーターハム・ロータスセブンも丸目です!
自動車に限らず、最近のバイクも異形ヘッドライトが主流になって来ているようで、あまり好きではありません!
あれっ,そう言えば我がバイクBMW R1200STのヘッドライトも菱形でした・・・まるでだめなのかなあ~(笑)
LYNX☆さんへ
あれ?
このアルピーヌの写真ってLYNX☆さんに送ってもらったものではありませんか?
そうですよ
今度BBSにブルーの写真を送ります・・






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


123456789101112131415161718192021222324252627282902 2020