風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アルコホリック

Comment (2)  Trackback (0)

帰って来られた酔っ払い

 恒例2月の第二土曜日。
 朝8時にバスタ仙台に集合し、羽後交通の高速バスで西へ向かう。往復割引で5550円。

IMG_0868_20180212053922cc9.jpg

 三連休初日の朝という事もあり、満席だ。

 仙台ではもうほとんど雪が無くなっていたが、さすがに寒河江は雪の中。

IMG_0867_20180212053920bd8.jpg

 山形道から月山道。
 雪の壁の間を走るが、路面はクリア。

IMG_0870.jpg

 かなりマメに融雪車と雪掻き車が走行するうえ、片道一車線だと追い越しもできないので、のんびり走る。

    IMG_0873_20180212053925583.jpg

 5分遅れで庄内観光物産館のバス停まで、2時間40分の旅だ。

 待たせていたタクシーに分乗して、大山へ向かった。1500円。

    27751482_1620049638074612_5541516284233461032_n.jpg

 酒蔵めぐり開始の正午までは、まだ1時間。

 漬物の本長から、呑んべぇ行軍を開始する。

    IMG_0884_201802120539297eb.jpg

 四蔵以外にも、ここと、松尾神社、商工会大山支所で振る舞い酒が午前中からあるのだった。酒は大山。

    IMG_0878_20180212053926bce.jpg

 半纏は黒。

 さらに本長では、

IMG_0883_20180212053928d3b.jpg

鮭のあら汁もいただける。

27950357_1020747214730716_7487679_o.jpg

 今回の隊員は8名だった。

 帰り際にもう一杯。

    IMG_0888_20180212053931f3e.jpg

 クラブツーリズムのグループツアーが昨年からなくなり、一年休んだが、その前は10年連続で参加している。
 今年は12月の販売開始日に、イーチケで1200円のプラチナチケットをゲット。たぶん1時間ぐらいで売り切れた。

 最初の酒蔵は、イーチケでは始めに羽根田酒造指定で、巡回の順番も指示されている。

    IMG_0937_201802120542280d1.jpg

 それで11:40くらいかな、羽根田酒造の行列最後尾に。
 12:00少し前に列が動き出すが、すぐまた停まる。そりゃそうだ、みんな酒呑んでるんだもん。

 後ろには長い列。
 12:10に最初のぬる燗振る舞いがあった。白梅のちろり。

    IMG_0889_201802120542151bd.jpg

 もっとも、今回は二名新人がいたので、誰かが持参した別の酒を舐めながら、色々説明するにはちょうど良かったし、ほぼ街の中心なので、交代で列を離れて探検する時間もあった。

    IMG_0892_201802120542160d2.jpg

 12:25になんとか入蔵。ここの半纏はクリーム色だ。
 巡回済みのゴム印は、いつものスタンプ帳ではなく、イーチケのチケットに。

    IMG_0895_20180212054218407.jpg

 まずは俵雪の、つや姫版と、酒造好適米出羽の里版、そして梅酒をいただく。

 やっぱり出羽の里が美味しい。

 順路だと、次は渡曾本店。

    IMG_0936_20180212054227ff0.jpg

 しかし滅茶ロングキューだったので、ひとつ飛ばして、加藤嘉八郎酒造へ。

    IMG_0898_20180212054221306.jpg

 ここは最初に、行列の途中でぬる燗振る舞いを始めた酒蔵で、ホスピタリティではナンバーワンなのだ。

    IMG_0896_20180212054219fa7.jpg

 チケットにスタンプをもらうのは、入蔵の時なので、並んでぬる燗呑むだけなら無料なのに気付いた。

    IMG_0899_20180212054222d57.jpg

 ここは10分待ちほどで蔵に入ることができた。

 半纏は水色。

IMG_0904_20180212054225cb6.jpg

 スタッフ数も、ずば抜けて多い。ここの酒が、大山だ。

    IMG_0901mo.jpg

 次々に注いでくれるので、立ち止まって味わっていると、どんどん追い越される。

    IMG_0902_2018021205451801a.jpg

 特別純米を一本購入。

 甘酒もいただいて、次は大本命、いちばん好きな冨士酒造へ。

IMG_0905_20180212054519cdc.jpg

 今回最大のサプライズ。待ち時間ゼロだった。

 なので、ぬる燗の振舞い酒はいただかず、いぎなり綺麗なオネェさんのテーブルだ。栄光冨士の仙龍。

    IMG_0906_201802120545214a6.jpg

 いろいろお世辞を言って二杯目も呑ませてもらい、白耀も。半纏は黒かな、濃紺かな。

    IMG_0907_20180212054522f8a.jpg

 昔はもっといろんな酒が呑めたけど、最近はこの二つ。

 試飲の後は、奥の倉庫の仮設ショップで散在するのだが、今年は酒以外の飲食物が無かった。

27654929_1620049768074599_8660946734355838490_n.jpg

 いろいろ規制がかかるんだな。

 三蔵廻り終わったのが、ちょうど13:30ごろ。

 あまりにスムーズだったので、みんなでいろは食堂へ。

IMG_0910_201802120545242cb.jpg

 これまたジャスト2卓空いていて着席、そこでまた酒。出羽ノ雪のワンカップは珍しいと思う。

 昼飯は野菜中華。

IMG_0911_201802120545253a8.jpg

 美味いんだな、これが。

    IMG_0912_20180212054527347.jpg

 のんびり休息して、渡曾本店へ。

    IMG_0913_20180212054528c25.jpg

 ここも列は短かった。
 それでも5分ほど並んでる間、新人さんたちには、酒造博物館を見学してもらう。

    IMG_0914_201802120545301e9.jpg

 次回は13時くらいから廻り始めるのがベストかもしれない。

 今年に限っては、結局廻る順番は、どう廻っても問題なかったと思う。

    IMG_0917_201802120547138fc.jpg

 出羽ノ雪をたっぷりいただく。半纏はブルーだ。

    IMG_0920_20180212054714894.jpg

 そしていつも通り、ふたたび冨士酒造(の裏側)に舞い戻って、仙龍の瓶詰体験。

    IMG_0923.jpg

 お嬢さんたちが優しく指導してくれる。

    IMG_0925_201802120547170dd.jpg

 いつも通り二本お買い上げ。

IMG_0931_2018021205471914c.jpg

 旧大山小学校、新民館前で記念写真。

27902077_1020893241382780_26861174_mo.jpg

 楽しい大人の遠足だった。

 最後の買い物をしようと思った、出羽商工会大山支所のイベント会場は、すでに撤収が終わっていて、帰りのタクシーを呼ぼうと思ったら、ちょうどジャンボタクシーの空車。

27950663_1020893261382778_695310565_mo.jpg

 バスターミナルがある、庄内観光物産館に着いた。

    27858052_1620049918074584_2217561839405080056_n.jpg

 このあとハプニングもあったが、18時で予約してた帰りの高速バスを、25分早め、20時過ぎには仙台に着いた。

 ※備忘録、羽後交通から宮城交通のバスにも変更可能。後者はシートベルトが三点式だった。

P1020038_20180212161449313.jpg

 この旅の良いところは、しばらくじっくり、本当の意味で、余韻が楽しめるところ。

P1020040_20180212161451e0c.jpg
関連記事
テーマ : 日本酒  ジャンル : グルメ

Comments

どんだけ飲んだの?
だいぶ散在?したかな。
しかし、ずいぶん酒どころあるんですね。
金曜日に血液検査の私には刺激が強すぎました。
kazuさんへ
そうですね。
酒呑みのお祭りですから。
こんなお祭りを開いてくれる街に、感謝を込めて参加してます。

酒蔵はかつて40ほどあったそうですが、4軒だけ残っています。

四合瓶を3本買って来たので、4500円くらい。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2018