風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (0)

人気は続いていないのか(大人の鉄旅9)

 長野駅で、北陸新幹線に乗り換える。

IMG_0658_20180205152159f16.jpg

 長野新幹線時代も含めて、初めてだと思う。

IMG_0656_2018020515215703a.jpg
 ひとつ目の上田で下車。

     IMG_0660_20180205152200e56.jpg

 上田は、高校一年の時の数学の先生の出身地。
 独逸に渡って一緒に仕事をした、商社マンの先輩が、その先生と同級生だったの知って驚いたことを想い出した。

 どちらもすでに、鬼籍に入られている。

IMG_0665.jpg

 上田城へ向かう道すがら、まずは昼飯。

IMG_0664_20180205152206047.jpg

 美味しそうなうどん店を見つけた。

IMG_0661_20180205152202598.jpg

 肉うどんの文字に惹かれたのだが、此処の肉は馬肉。

 その肉も入っているだろうと想像して、注文したのは、鍋焼きうどん830円。

IMG_0662_20180205152203a4d.jpg

 太くて柔らかいうどん。

       IMG_0663_2018020515220567f.jpg

 コシが強い讃岐うどんとは、ずいぶん異なる食感だが、これも美味しい。

 しかし、桜肉は入っていなかった。

    IMG_0667_20180205152209398.jpg

 新幹線からも見えた、上田城。

IMG_0669_20180205152211e0e.jpg

 河岸段丘を利用した、断崖と石垣。

       IMG_0670_20180205152334313.jpg

 ブラタモリでも放送され、詳しく解説された場所だ。

    IMG_0673_2018020515233748b.jpg

 いろんな時代の石垣が混ざっている。

      IMG_0672_20180205152335172.jpg

 ここは登れた。

    IMG_0675_2018020515233845f.jpg

 仙台城と同じく、天守閣は遺っておらず、立派な門と櫓。

IMG_0678_20180205152340c8a.jpg

 質実剛健。

IMG_0679_20180205152341acc.jpg

 美しい意匠だ。

IMG_0684_20180205152346d10.jpg

 顔出しパネルにも、リキが入っている。

IMG_0680_20180205152343bf8.jpg

 大河ドラマ的には、前々作になるのか。

IMG_0683_20180205152344a5b.jpg

 見てみたかった、展示棟はすでに営業を終えている。

    IMG_0685_20180205152348c7c.jpg

 関ケ原の合戦前に、徳川軍と二度に渡って軍を交えた上田城。

    IMG_0687.jpg

 スケールの大きな城跡だった。

       IMG_0688_20180205152451c90.jpg

 帰りの北陸・東北新幹線は、指定席を押さえたので、時間まで少し街ブラ。

IMG_0690_20180205152453481.jpg

 上田高校の周りを歩いた。

    IMG_0691_20180205152454e55.jpg

 そう言えば、真田丸には、十勇士が出なかったな。

IMG_0695_20180205152456beb.jpg

 子供の頃漫画で憧れた十勇士だ。

IMG_0697_2018020515245771c.jpg

 駅前に戻る。

    IMG_0698_20180205152459e0c.jpg

 幸村像があった。

    IMG_0700_20180205152500045.jpg

 サナ前か?

 今回の旅で、初めてサテンで時間調整。

    IMG_0701_20180205152502dd3.jpg

 あさまに乗る。

IMG_0703_2018020515250314b.jpg

 空いていたが、軽井沢でかなりの客が。

 上田駅で買って来た、鉄旅向きの信州ワイン。

    IMG_0704_20180205152645e36.jpg

 このプラスチックグラス、酒呑み旅には最適なのだ。

 浅間山。

IMG_0711_2018020515264661f.jpg

 赤城山。

IMG_0713_20180205152647658.jpg

 大宮ではやぶさに乗り換え。これは先頭車両のこまちだ。

IMG_0714_2018020515264806b.jpg

 日没も眺められた。

IMG_0715_201802051526492b9.jpg

 うたた寝してる間に、仙台着。

IMG_0717_201802051526510e3.jpg

 コンコースで弁当大会という情報をもらっていたので、夕飯用に物色しようとしたが、あらかた売り切れで、残っているのは牛肉どまんなかばかりだった。

    IMG_0718_20180205152652560.jpg

 人気がないのか、仕入れが多すぎるのか。

 三泊四日の、大人の乗り鉄旅が終わった。

 一番心配していた、自宅の水道の凍結。

 問題なかった。

    IMG_0719_20180205152654712.jpg
関連記事
テーマ : 信州  ジャンル : 地域情報

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2018