風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 生活

Comment (7)  Trackback (0)

アエルが燃えてる

 寒くなってきました。
 今朝は試運転という言い訳で、初めて床暖房を入れてみました。

 これは一昨日、日曜日の日の出。

IMGP0070.jpg

 太陽も寒くて出てきたくない雰囲気。

 先週よりも大分日の出ポイントが南へ移動してきており、今週はちょうどアエルにかぶるので、玉子の黄身のような絵は撮れそうにありません。

 週末に、仙台に単身赴任してきている弟から、ストーブ取りに行きたいんだけどという電話。

 石油高騰で、この2-3年使っていないファンヒーターがあるからいつでも持ってけ、と言ってあったのです。

R1056293.jpg

 納戸の奥にありましたよ、2台も。

 10畳用と6畳用かな。
 大きいほうを持ってけばいいのに、結局小さいほうを持っていきました。10年近く使ってる赤い石油タンクと一緒に。

 家の荷物が多少なりとも減ったのは良いのですが、弟は仙台には自転車しかないので、うちのジムニーで運んだのです。

 それで昨日気づいたんですが、どうも車内に灯油が少しこぼれたみたいですね。助手席かなぁ。
 結構臭いがきつくて参っています。

 話は変わって

 先日呼ばれた45号線小田原のとある居酒屋。

いず良

 スペシャリストと一緒だったので、ほとんど写真も撮っていないのですが、「さんぜ」では無くその右側の「いず良」と言うお店です。

 さんぜの方はそのスペシャリストのブログに載っていますので、いず良もそのうち載るでしょう。お楽しみに。

 此処の特徴はこれ。

青森おでん1

 青森おでんです。

 あっさり目の味付けでグーなんですが、それに生姜味噌を塗るのが青森のおでん。
 盛り合わせで出てきます。

 おでん屋さんではないので、アラカルトメニューは無いようでしたが、頼めば出してくれるかも。

 もちろん田酒が呑める上に、ちび徳利で500円でした。でも私には同じ青森の「ん」のほうが美味しかったです。

 お店のレポートを見つけました、無断リンクはこちら

 二軒目はさんぜかと思いましたが、その奥にある数軒の呑み屋街。

 ついついこんなたたずまいに吸い寄せられて、

お福

 「お福」へ乱入。肴が100円からと言う懐に優しいお店でした。これも新たな報告を待ってください。

 今朝の日の出はやっぱり

IMGP0100.jpg
関連記事
テーマ : 写真日記  ジャンル : 日記

Comments

そっかぁ
この前はココに誘ってくれたのね。
おでん屋さんの風評は聞いてるのでアレですが(ドレよ)
「お福」の潜入話は聞いてみたい!早く教えてください。
毎日店の前を通っていて、仙台でイチバンだか2番だか安い居酒屋ですって看板に惹かれてたんです。でも誘われキャラなんで、単独では入れなくてサ(笑)
そうです
レポートはびーえむあいさんにお任せです。私が誘われたほうだし。

大分ネタがたまっていそうなんでいつになるかわかりませんが。極鮮菜喜亭がついこの間だったモンね。

開店時間直後は近所の常連さんがたまるようなので、いごこち悪いかもとのことでした。びーえむさんもご近所だけど、二人とも初めてでした。
「お福」って、「赤福」と同じこしあん餅と思ってた
朝日がすっかりビルの影に入ってしまいましたね。
青森おでんはじめて見ました。
テニスクラブのユズ味噌田楽、うまいと思ってましたが、おでん全部が?
元東北人としては、ちょっとビックリです。
お湯で煮るだけ
kazuさん

私は田楽味噌はあまり好きではない(甘すぎる)のですが、青森おでんは田楽味噌ではなく生姜味噌なんです、と言うかほとんど生姜。薄味のだしで煮てしょうがを塗って食べる感じ。

暖まりますよ。

と思ったら、お湯で煮るだけみたいです。レシピはこちら。
http://blog.kahoku.co.jp/shokuweb/logu/2008/03/post-1.html
なるほど生姜味噌か
これは、未知との遭遇です。うらごししない生姜味噌の失敗作、参考になりました。
最後の豚肉生姜焼きのたれ流用、いいアイデアですね。
やっぱり出汁で
お湯で煮るだけ…と紹介するのは可哀想。
きっと簡易バージョンでしょう。
地元の方によれば、生姜味噌がニガテな人は
タレ無しで食べるそうですから、
薄味とはいえそれなりに味付けされてないとね。

意外でしたが、青森おでんは本来「夏おでん」とのこと。
(最近取材したばっかしなのだ。エヘン。
海水浴場や屋台で売られるファストフードだったので
防腐剤代わりに生姜を使ったのでは?という説もありんす。
夏おでん
kazuさん
ご存じなかったですか。
青森は特異な世界でもありますからね。

庄内人さん
ですよねぇ
私もお湯じゃないとは感じてました(正直自信はない)

さすが何とかこーでねイター

おでんってこの店みたいに皿盛だと、冬はすぐ冷めちゃうので早く食べる必要があります。
夏だったらそのほうが好都合かも。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019