風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

雪道全く問題ない

 12月初旬に青森から帰って来てから、ほぼ一ヶ月自宅で燻ぶっていたが、この4日、久しぶりに車を走らせて、七ヶ宿へ。

P1090503.jpg

 CX-3には、シートヒーターに加えて、ステアリングヒーターも付いており、冬場は大活躍。

IMG_9820_20180106113601281.jpg
 まずは材木岩だ、ずいぶん久しぶり。

IMG_9823_2018010611360144b.jpg

 しかし、新雪の上には、人も車も通った後なし。

 30㎝ほどの積雪で、カンジキが欲しい、

P1090499.jpg

 ほとんど歩き回りことが出来ず、遠くから撮影しただけ。

IMG_9827.jpg

 公衆トイレだけは開いていた。

     P1090501.jpg

 七ヶ宿湖へ。

IMG_9830.jpg

 天気はまぁまぁだったが、とにかく風が強かった。

IMG_9829.jpg

 ふと思いついて、ダムカードをもらおうと、ダムの管理事務所へ。

IMG_9848_20180106113608d00.jpg

 そうしたら意外に広い展示室があり、ガイド嬢も二人。

 監査廊の地下トンネルをガイド付きで見学できると言う。

 時間だけはたっぷりあるので、お願いすると、階段を降りて暗いトンネルへ。

 先に来ていた家族連れに合流すると、いきなりスイッチオン。

IMG_9846_20180106113606e4b.jpg

 窓もない、長いトンネルが、突然青の洞窟になった。

IMG_9831_2018010611385353d.jpg

 動く電飾も。

     IMG_9832.jpg

 昼間でも見られるイルミネーションだ。

 ダムについてのマニアックな説明や、インスタ映えする記念撮影ポイントまである。

IMG_9839.jpg

 すごいぞ、国土交通省。

IMG_9841_201801061138577fe.jpg

 七ヶ宿ダムは、利水・治水専用ダムなので、電力会社の大規模発電施設は無いが、自家発電設備は国のダムでは最大の規模だそうだ。専門用語をいくつも教わった。

IMG_9842_20180106113859e21.jpg

 放水路。

IMG_9843_20180106113900450.jpg

 クレストゲート。

IMG_9844_20180106113902d15.jpg

 楽しい見学会になった。

 展示室に戻ったら、もっとマニアックな説明会もあるらしい。

IMG_9849.jpg

 湖畔をすいすい走って、上流に新しく出来た、道の駅へ。

IMG_9858_20180106114030ec3.jpg

 以前、こいのぼりを見に来た時の駐車場のところだった。

IMG_9850_20180106113905ace.jpg

 先ほどのダム堤体下のイルミネーション、ポスターがあった。

    IMG_9856_2018010611390633b.jpg

 手前は、七ヶ宿ダムのペーパークラフト。

IMG_9851.jpg

 セルフ食堂で、七ヶ宿ダムカレー、700円だ。

IMG_9852_20180106114026dd9.jpg

 地元産野菜の付け合わせ。

       IMG_9854_20180106114027577.jpg

 七ヶ宿、良いところだった。

IMG_9857_20180106114029ce5.jpg

 正月だからかな。カレー一杯だけなのに、物産館のレジで、米麺を二ついただいた。

IMG_9981_201801061140365bc.jpg

 実は、昼飯は蕎麦にする予定だったのだが、まだ4日、開いてないだろうと、道の駅にしたのだが、吉野家芭蕉庵も営業していた。

IMG_9859.jpg

 山越えは圧雪路。

P1090505.jpg

 青森でも少し体験できたが、全く横滑りもなく、ジムニーで走った時と全く同じように走ることができる。

P1090508.jpg

 実に楽しいスノードライブ。

IMG_9860.jpg

 二井宿峠で奥羽山脈を越える。
関連記事
テーマ : ドライブ  ジャンル : 車・バイク

Comments


地下トンネルが青の洞窟になっていたとワ

湖底の故郷に行って見ないと
すごいね、スノーロード
暖かい部屋で、氷点下の世界、楽しませてもらいました。
七ヶ宿ダム資料館?のイルミネーションすごいですね。

ダムカレー、以前にもどこかのレポで見たことあるような。
確か旗を抜くと、ご飯の方にカレーが流れる。
子ども達も喜びそう。
なかなかいいアイデアメニューです。
あいしゅさんへ
説明員のオネェさんも、ダムに沈んだ集落の事は知ってました。
その方々は、今はどこにお住まいですかと聞かれました。

3月までですが、ぜひ行ってください。平日のみ。
kazuさんへ
スノーロード、走るのは楽しいです。
イルミネーションは、一応ニュースで見た記憶はあったのですが、忘れていてビックリでした。
宮城県人は、宣伝下手です。

ダムカレーは、決壊画像も試みたのですが、粘性の高いルーで、流れ出しませんでした。
ただダムの決壊って、関係者にとっては悪い冗談ですから、これで良いのかもです。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019