風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (8)  Trackback (0)

最後のひとっ走り(Go West 13)

 11月28日。
 氷見から富山の海岸線を走って、最寄りのインターから高速に入って、東へ向かおうと考えていて、富山のガイドブックを斜め読みしていたら、面白そうな場所を見つけた。

P1090429.jpg

 射水の内川と言うエリアだ。日本のベニスだと言う。

IMG_9175.jpg

 佐原と同じだな。
P1090431.jpg

 新潟小樽酒田と同じ、北前船の立ち寄り地。

P1090437.jpg

 小舟で中継する、船荷の積み下ろし場は、新潟では埋め立てられてしまったが、ここ内川には残っていた。

P1090438.jpg

 いくつもかかっている橋が、なぜか郷愁をそそる。

P1090442.jpg

 船着き場も現役のように見える。

     P1090441.jpg

 観光客向けに、リニューアルされた建物も。

P1090443.jpg

 車を停められるところがあまり無いようだったが、たぶん地元の人たちは気にせず路駐なのだろう。

     P1090446.jpg

 この橋を見ることが出来なかったのが心残り。地域のHPから引用だ。

DXD2075-1400x700.jpg

 そして近くの海王丸パークへ。

IMG_9180_2017120910551984a.jpg

 石巻釜石で見たことがある帆船海王丸の母港だ。右は新湊大橋。

P1090450.jpg

 あれ? 何かホコリが写り込んでいる。

 三回目になったが、セイルを張った状態には遭遇できていない。

P1090453.jpg

 霞んでいるが、立山連峰が見えていた。

P1090454.jpg

 この辺りを走っているときに、CX-3のメーターパネルにスパナマークのアラームが出た。

 マニュアルを読むと、エンジンオイル劣化の可能性があるとか。この時点で新車から4か月強で9000㎞走っていた。

 それで給油の時にオイルチェックをしてもらったら、かなり煤だらけで、仙台まであと500㎞走るのなら、今交換した方が良いだろうと。

IMG_9186.jpg

 それで富山のスタンドで、オイル交換。

     IMG_9188.jpg

 アラームをリセットして再出発だ。

P1090458.jpg

 実は旅立ちの前6000㎞走行位で、に、メンテナンス会員になっているオートバックスに持ち込んだら、マツダのクリーンディーゼルは、専用オイルを在庫していないので交換できないと断られ、結局そのまま走ってきた経緯がある。

P1090463.jpg

 ENEOSのディーゼル車用エンジンオイルは、当然マツダ純正ではないのだが、どんなもんだろう。

 富山市をパスし、滑川ICから北陸道。

IMG_9197.jpg

 越中境PAで休憩。リニューアル工事中だった。

IMG_9196.jpg

 新潟に入る。

P1090464.jpg

 ずっと綺麗に見えていた山は、妙高だろうか。

P1090465.jpg

 米山SAで昼飯休憩。

IMG_9203.jpg

 仙台から300㎞位かな、行きでも帰りでも、ここで昼飯と言う話をよく聞くSAだ。

IMG_9199.jpg

 これは鯛茶漬、880円。

IMG_9200.jpg

 これは大当たり。

 とても景色の良い場所にある。

IMG_9201.jpg

 ひたすら走り、次の休憩は黒埼PA。スターバックスがある。

IMG_9204.jpg

 新潟中央JCTから、磐越道へ。

P1000834.jpg

 新鶴PAで休憩。

IMG_9206.jpg

 会津若松を過ぎたら、磐梯山が綺麗に見えて来て、東北に戻って来た実感。

磐梯山 1

 郡山JCTから東北道。吾妻PAで最後の休憩だ。

IMG_9208_201712091055293ee.jpg

 暗くなって仙台に帰着。



 一週間の旅の収穫はこれら。

P1090466.jpg

 自宅に戻っての夕飯。

IMG_E9210.jpg

 富山の鯖寿司と、兵庫の焼ねぎしじみ。
関連記事
テーマ : ドライブ  ジャンル : 車・バイク

Comments


お帰りなさい。いいなあ。自分、定年後どうしてるんだろう。
スピナーは飛んでないだろうし。
海王丸
長旅お疲れさまでした。
総帆展帆をするのは、イベントの時くらいなんでしょうね。
海王丸が石巻に来た時に運良く見ることができました。
旅先でオイル交換というのも、あまり無いことのような・・・😅
たっちんさんへ
定年はどんどん先へ伸びそうですね。10年後には自分で宣言するようになっているかも。
私の父の時は55歳でした。
スピナーって、ルアーですか?
まんぼうさんへ
海王丸、姿も名前も格好良いですね。

オイル交換は、この西国旅のあと、すぐに奥の細道も予定されていたし、ディーゼル車は初めてで、念のため、やっつけました。
マツダのメンテ契約で、6か月ごとに交換してくれるんですが、一回目は1月なので、待ちきれませんでした。

「ブレードランナー2049」を観た後だったので。
空飛ぶ車です。
自動運転は実現しそうですね。
たっちんさんへ
なるほど
あれはスピナーと呼ぶんですね。

自動運転は、ちょっと昔の例ですが、ブラジリアとか、つくばみたいな新都市建設の時に、初めから導入すれば簡単ですね。
基本技術的には、もう何もハードルは無いように思います。

車での一人旅でずいぶん遠くまで行ったもんですね
すごいな
読み応えありましたよ

往復何キロ走ったんですか
あいしゅさんへ
3000㎞位走りました。
運転はワタシだけですけど、広島出雲では一人旅ではないです。

老後は車でぶらり旅をするのが夢だったのですが、実際一日でどれくらい走れるものかの、実験旅でもありました。

コストパフォーマンスだけ考えると、一人で高速使って走るよりは、飛行機か新幹線で飛んでレンタカー借りた方が安そうです。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019