風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (0)  Trackback (0)

少しだけ寄り道 (Go West 12)

 東京から広島+出雲を往復する旅。
 片道1200㎞近くあるので、それぞれ二日ずつかけて往復することに決め、事前に途中の宿泊地を検討した。

 東名阪には近寄りたくなかったので、北陸経由とすることにすると、中間点は金沢あたりになる。
 ただ、金沢は行ったことがあるし、新幹線も開通した。仙台小松には航空便もあるため、行きたくなればすぐに行ける。

 それで、いずれにしても立ち寄るだけなので、深く考えず、行きはあわら温泉東尋坊。帰りは気になっていた氷見に寄って見ることにしたのだ。

 ネットで見つけて予約した海沿いの民宿。なんと客は私一人だった、慣れてるけど。
 お座敷が良いですか、カウンターにしますかと聞かれたので、迷わずカウンター席に。

IMG_9152_20171209101845fd0.jpg

 民宿竹やのおすすめは、立山の冷酒。

IMG_9149_20171209101841ea7.jpg

 少し、刺身が多いコースだ。

IMG_9148.jpg

 ワタシより一つ上のオヤジさんと奥さん。
 話し相手になってくれた。

 温かいぶり大根と、立山。
IMG_9151_2017120910184442d.jpg IMG_9150_2017120910184220f.jpg
 これも揚げたての白エビの唐揚と、にしん。

IMG_9154_201712091018472a7.jpg IMG_9156.jpg

 ブリ鍋。

IMG_9157_20171209101851a07.jpg

 氷見うどん。

IMG_9158_2017120910185382d.jpg

 〆は海鮮丼だ。

IMG_9155_20171209101848142.jpg

 オヤジさんはこわもてだが、ずいぶん話をして、詩吟やお酒もサービスしてくれた。
 息子が漁師になる話をしていた時が、一番楽しそうだった。

 満足・満足。

 波の音は絶えなかったがぐっすり寝て、朝ウォーク。

P1000775_20171209102253bfe.jpg

 夜明け前の砂浜は、宿の目の前。

P1000774_20171209102251597.jpg

 夏には海水浴場になるのだろう。

P1000776_20171209102254293.jpg

 富山湾は見事な気嵐だった。

P1000778.jpg

 こちらは能登半島の先の方。

P1000779_20171209102257e48.jpg

 見えないが、漁船のエンジンの音が、ずっと聞こえて来ていた。

P1000786_20171209102300b93.jpg

 陽が昇ってくるのは、北アルプス、立山連峰の方向。

P1000783_201712091022581c5.jpg

 水平線上の雲の様にも見えるが、くっきりと稜線が見えていた。

P1000792.jpg

 日の出だ。

P1000794_201712091023032a4.jpg

 素晴らしい風景。

P1000799.jpg

 氷見に来て良かった。

P1000803_20171209102403557.jpg

 気嵐も見事。

P1000809_20171209102406b56.jpg

 犬の散歩をしてるお父さん以外に、もう一人物好きなカメラマンが出て来た。

P1000808.jpg

 雁の小さな群れも、視界を通り抜けて行った。

P1000810.jpg

 年賀状用に使えそうな画像ばかり。

P1000822.jpg

 うーーーン、気持ちいぃ。

     P1000828.jpg

 朝飯もたっぷり。あら汁のお椀がデカい。

IMG_9173_20171209102402eb3.jpg

 オーナー板前のオヤジさん画像がおまけだ。

IMG_9159_2017120910255126c.jpg IMG_9162.jpg

 ご馳走様です。最初は怖かったよ。
関連記事
テーマ : お魚料理  ジャンル : グルメ

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019