風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (0)  Trackback (0)

安来の山里に (Go West 8)

 これは11月26日の朝。
 安来のホテルは、駅前にあった。

P1000717_20171206141501a1e.jpg

 ベッドの中、スマホでマップを見ていたら、北側がすぐ、中ノ海だったことに初めて気づく。

 それで朝ウォークだ。

IMG_9024.jpg
 汽水なのかな。鴨が多かった。

IMG_9025_20171206141450caa.jpg

 結構種類も多い。

P1000703.jpgP1000706.jpg
P1000709.jpgP1000711.jpg

 出雲風土記に、サメに襲われたとの記述がある、語臣猪麻呂の毘売像。

IMG_9023_2017120614144773d.jpg

 太古の時代から、日本海の浜では、女性たちが拐わかされていたのだろうか。

IMG_9027_20171206141452b87.jpg

 こんな銅像も。

     IMG_9031.jpg

 この日も朝蕎麦の予定だったが、目指す店吾妻そばが閉店してしまっていたので、コンビニのサンドイッチ。

 その後、足立美術館へ。

P1090337.jpg

 入場料2300円。

IMG_9034_2017120614171012d.jpg

 ウィキペディアによれば、足立美術館(あだちびじゅつかん)は、島根県安来市にある、近代日本画を中心とした島根県の登録博物館。運営は、公益財団法人足立美術館。130点におよぶ横山大観の作品と日本庭園で有名。

P1090342.jpg

 地元出身の実業家・足立全康(あだちぜんこう、1899年 - 1990年)が1970年(昭和45年)、71歳のときに開館したものである。質量ともに日本一として知られる大観の作品は総数130点にのぼり、足立コレクションの柱となっている。大観のほかにも、竹内栖鳳、橋本関雪、川合玉堂、上村松園ら近代日本画壇の巨匠たちの作品のほか、北大路魯山人、河井寛次郎の陶芸、林義雄、鈴木寿雄らの童画、平櫛田中の木彫なども収蔵している。

P1090343.jpg

 この季節は、紅葉以外にあまり撮るべきものがない。

IMG_9037.jpg P1090344.jpg

 天気もいまいちだったし。

P1090350.jpg

 足立全康は裸一貫から事業を起こし、一代で大コレクションをつくりあげたが、その絵画収集にかける情熱は並外れたものであったらしく、数々の逸話が残されている。なかでも大観の名作『紅葉』と『雨霽る』(あめはる)を含む「北沢コレクション」を1979年(昭和54年)に入手した際の武勇談は有名である。

P1090353.jpg

 足立美術館のもう一つの特色は、その広大な日本庭園である。庭園は「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」など6つに分かれ、面積5万坪に及ぶ。全康自らが、全国を歩いて庭石や松の木などを捜してきたという

P1090355.jpg

 専属の庭師や美術館スタッフが、毎日手入れや清掃を行っていて「庭園もまた一幅の絵画である」という全康の言葉通り、絵画のように美しい庭園は国内はもとより海外でも評価が高い。 日本庭園における造園技法のひとつである借景の手法が採られ、彼方の山や木々までも取り込んで織り成す造形美は秀逸である。

IMG_9043_20171206141712719.jpg

 米国の日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』が行っている日本庭園ランキング(Shiosai Ranking)では、初回の2003年から2015年まで、13年連続で庭園日本一に選出されている。

P1090359.jpg

 2012年のランキングは日本国内約900箇所の名所・旧跡を対象にしたもので、「庭そのものの質の高さ」「建物との調和」「利用者への対応」などが総合的に判断されたもので、とくに細部まで行き届いた維持管理が評価されている。


P1090361.jpg

 確かに池の底を除いて、ほぼ落葉が見当たらない。

P1090364.jpg

 2015年のランキング上位5位は、1位・足立美術館(島根県)、2位・桂離宮(京都府)、3位・山本亭(東京都)、4位・養浩館庭園(福井県)、5位・御所西京都平安ホテル(京都府)。

P1090366.jpg

 また、フランスの旅行ガイド『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』や『Guide Bleu Japon』にて、それぞれ三つ星(最高評価)を獲得している。


P1090371.jpg P1090375.jpg

 上の額縁景観、もう少し改善の余地があると思う。

 撮影は禁止だが、横山大観、上村松園、北大路魯山人に、地元出身の河井寛次郎その他、堪能した。

P1090383.jpg

 地方の里山に、これだけの美術館を造り、地方創生に寄与していることは、称賛に値する。

 早めの昼飯は、開店前から並んで、そば処まつうらで。

     IMG_9047_201712061421107cf.jpg

 順番待ちのプレハブ小屋まである店だ。隣が松浦製麺所。
 鱈のように肥った錦鯉も、そばやうどんを喰っているのだろうか。

     IMG_9046.jpg

 出雲に来て初めて、玉子とじそばを注文してみた。

     IMG_9051.jpg

 味を付けた釜揚げそばがベースだったのは予想外。

IMG_9053_20171206142206b0f.jpg

 釜揚げゆえの滑っとした舌触りはあるものの、香り高い美味しい蕎麦だった。

       IMG_9054_201712061422070c8.jpg

 出雲を後にする。
関連記事
テーマ : ガーデニング  ジャンル : 趣味・実用

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019