風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

なぜ縁結びで有名に (Go West 5)

 午前中奥出雲で蕎麦を二杯食べた後、うまいことに三軒目が混んでいたので、先に大社を参拝することにした。

P1090223.jpg

 今回の、広島→島根のルートは、高校2年3月の時(43年前)の修学旅行コース(その後鳥取大山姫路城)なのだが、松江に二泊した中日、多くのクラスメートは出雲大社に来たはずだが、ワタシは終日市内フリーを選択し、結局今回が初訪問になったのだ。

P1090212.jpg

 想像していたよりも狭い境内だった。

P1090213.jpg

 拝殿のしめ縄は、やっぱり太い。

P1090214.jpg

 本殿。

P1090218.jpg

 千木のデザインが変わっている。

P1090219.jpg

 彰古館。

P1090220.jpg

 本殿の大修理中に、仮本殿として使われた神楽殿。

P1090222.jpg

 こちらのしめ縄もさらに太かった。

P1090221.jpg

 大社に来たら訪れてみたかった旅館。

IMG_8897_201711301728377aa.jpg

 竹内まりやの実家だと言う。

     IMG_8899_201711301731388c5.jpg

 小雨の中、再び荒木屋へ。

IMG_8908.jpg

 典型的な門前の蕎麦屋で、ずっと混雑していたが、何とか入れた。

IMG_8903_20171130173142bd2.jpg

 前夜のお好み焼き屋もそうだったが、何十軒もある門前の店の中で、スマホで情報が得られるせいだろう、ネットランキング上位の店に過度に客が集中するようだ。

IMG_8901mo.jpg

 6人掛けのテーブルが多いのだが、相席をさせないので、行列が長くなるようだ。

IMG_8902.jpg

 寒い中歩いたので、初めて釜揚げ蕎麦を。
 これは出雲ならではでないだろうか。

IMG_8904.jpg

 讃岐の釜揚げうどんの影響があるのか、茹でた蕎麦をまんま茹で汁ごと出す。

 あのぬめっとした蕎麦湯に浸かった蕎麦と言うのが、わかりやすいと思う。

 奥出雲の扇屋では、茹で汁だけに浸かって出て来たが、ここはすでに出汁がかかっていた。

     IMG_8907_201711301731455b6.jpg

 観光客向けなのかもしれない。
 味が薄かったら、出汁を追加しろと。

 先輩曰く、門前の屋台で、簡単に蕎麦を供するためのやり方が、割子そばや、釜揚げそばに残っていると言う。

 蕎麦にしてもうどんにしても、一度冷水で〆て滑りを取って、ざるに上げるか再加熱して温めて供する方法は、恵まれた環境で喰わせる、より洗練された調理法なのだ。

 正しい進化だったと思う。

 ここが、大社の裏と言うか、西側の浦、稲佐の浜。

     IMG_8909.jpg

 神在月に、神様たちを迎える神聖な場所らしい。

 日御碕へ。

       IMG_8913.jpg

 こちらも修学旅行の標準コースには入っていたと思う。

 この日は神々が怒っているような風と雨で、傘が役に立たず、早々に退散。

IMG_8911_20171130173149f10.jpg

 美しい灯台ではあった。

       IMG_8912_20171130173338412.jpg

 この後、今回の旅の目的地のひとつへ。

IMG_8917_20171130173341168.jpg

 新出雲風力発電所だ。

     IMG_8915.jpg

 カーナビで場所が見つかったが、展望には恵まれない。

 夕も迫って来たので、あっさり引き上げて宿へ。

P1000658.jpg

 小雨の中、夕餉を求めて出雲市内を歩く。

IMG_8918.jpg

 先輩が属する、出雲そばリエの会会員のお店だ。

IMG_8920_20171130173344be7.jpg IMG_8923_20171130173347c6b.jpg

 この日は団体様の貸切予約が入っていたが、隅の小上りに特別に入れてもらった。

 蕎麦味噌と、のやき。ちくわの事をこの地方では、野焼きと呼ぶ。

IMG_8922_20171130173346364.jpg

 手がないため、肴は簡単なもののみ限定で。

       IMG_8924_20171130173349744.jpg

 蕎麦の実出汁巻き玉子焼き。

IMG_8925_20171130173350c9e.jpg

 ここでも割子そばと、蕎麦豆腐。

IMG_8928_20171130173455a00.jpg

 滑らかな舌触りの手打ち蕎麦は、出雲標準なのだろう。

 ありがたや。

 ホテルの大浴場は温泉だった。

IMG_8940_201711301734583d4.jpg

 茶色で優しい湯は、加温されたものだが、素晴らしい泉質。右のジャグジーバスは温泉ではない。

IMG_8936_20171130173456837.jpg
関連記事
テーマ : 蕎麦  ジャンル : グルメ

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019