風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (0)  Trackback (0)

飛んでtondeトンデ豚で跳んで

 18日土曜日も早朝からまた友人たちを拾って岩出山へ。

P1000532_20171118153542bdb.jpg

 空は前日よりも曇っていて、寒かった。

P1000534_20171118153544f91.jpg
 あの火にあたりたい。

P1000535.jpg

 肉まんが売り切れ加熱中で、この日の朝飯も汁もん。ちゃんこ汁だった。400円。

IMG_8581_201711181535410bc.jpg

 初めて江合川にかかる、歩行者専用橋から眺めてみる。

P1000539.jpg

 これはヘアアンドハウンドレース用の囮気球。定刻7時に飛び立った。

P1000541_20171118153548844.jpg

 西の空だけ、少し晴れて来た。

P1000546_20171118153551279.jpg

 沈下橋なのかな、手すりがないので、長時間立っているのは、ちょっと怖い。

     P1000543.jpg

 陸に戻った。

P1000551_2017111815355308b.jpg

 前日は階段堤防からだったので、この朝は東側から。

P1000552_20171118153554249.jpg

 朝陽がまぶしい時は順光になるのだが、

P1000553_20171118153556cc7.jpg

 あまり関係なかったか。

P1000563_20171118153740c16.jpg

 囮がテイクオフし、各機一斉に動き出した。

P1000555.jpg

 西の空は晴れて来た。

P1000565_20171118153742994.jpg

 しかし日差しが弱いので、逆光になってしまう。

P1000560.jpg

 ゴンドラから下界はよく見えるが、上空が死角だという。

P1000566.jpg

 あたり前か。

P1000568_20171118153745b99.jpg

 気球は、バーナーをふかして昇って行くときが、いちばん勇ましい。

P1000572_201711181537468a7.jpg

 次々と上がっていく時間帯が、一番わくわくする。

P1000573.jpg

 パイロットたちも無我夢中なのだろう。

P1000580_20171118153749365.jpg

 そして落ち着いて周りを見渡す余裕が生まれる。

IMG_8587_201711181537363b0.jpg

 長いリボンを下げたバルーンが囮。

P1000603_20171118153956cd3.jpg P1000585_201711181539529b8.jpg

 いつものレースでは先頭を切って飛んで行くので、追っかけてみるのだが、この日のもう一つのゴールは同じ河川敷。

P1000596.jpg

 すべての気球が大きく移動しないため、見てる方からすると理想的な展開だ。

P1000600_20171118153955d54.jpg

 しかしじっとしていると、寒い。

IMG_8594.jpg

 ゴールマークらしきピンクの道具を入れた袋を持って歩きまわるスタッフ。

P1000609_20171118153958a49.jpg

 ちょうど一時間後に拡げられた、ピンクのX

P1000614_20171118154002bef.jpg

 ゴンドラからマーカーが投げ落とされる。

P1000610_20171118153959349.jpg P1000611_20171118154001075.jpg

 続けて続々来ると思いきや、ほとんどは北の方へ行ってしまった。

 ちょっと冴えない終わり方。

IMG_8599mo.jpg

 地元局のインタビュー依頼を受けたが、系列が異なるため、私は丁重にお断り。友人たちに任せた。

IMG_8600mo.jpg

 夕方のニュースで放送される。

 このあと少し近所を車で回ったが、面白そうなシーンは無かったので、川渡温泉までドライブして、山田商店でしそ巻をお買い上げ。

 そして、あ・ら・伊達な道の駅に着いたら、燃料がない。

IMG_8603_20171118154208cfa.jpg

 慌てて給油に。

IMG_8604.jpg

 JAのスタンドで軽油を入れたら、新米をいただいてしまった。

IMG_8614_20171119050035015.jpg

 昼飯にはまだずいぶん早かったので、ちんたらドライブして、大和町の七ツ母里へ。

 そうしたら団体予約が入ってて満席。それで近くのきまま亭。

IMG_8606_201711181542131a1.jpg

 こしの強い冷えた新蕎麦をいただく。

IMG_8605_20171118154211820.jpg

 天ざる1500円。ここの蕎麦湯は透明だった。

 昼過ぎに帰仙。
関連記事
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019