風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (4)  Trackback (0)

海に 何を想う

 さて、4日午前中に車を停めさせてもらえなかった、牡鹿ビレッジに午後また挑戦。

 こんどはあっさり停められた。

DSC06017.jpg

 海岸沿いを10分強歩くと、あれが見えてきた。

DSC06018.jpg
 テレビやポスターでさんざん見て来たが、さすがに興奮する。

DSC06021.jpg

 名和晃平の作品。

DSC06022.jpg

 自分のブログを検索しても、ヒットしない名前なので、意識して見るのは初めての作家だと思う。

     DSC06024.jpg

 ホームページを見ると、もっと抽象的で、比較的解像度の高い作品が沢山出てくる。

IMG_6574.jpg

 ひとまわりできるので、いろんな方向から。

     DSC06026.jpg

 近くに、有名シェフが料理を出しているらしいレストランがある。

IMG_6580_20170906164518ac9.jpg

 鹿はもう少し大きいかと勝手に思っていた。

     DSC06029.jpg

 自由の女神は見たことがないが、リスボンのヴァスゴダガマ像や、バルセロナのコロンブス像は見たことがある。

     DSC06030.jpg

 それらとは異なるが、もっと日本的な、浜に生きとし生けるもの全ての、海への思いが凝縮された、象徴的なモニュメントだ。

       IMG_6586_20170906164743def.jpg

 大きな角があっても、自然の力にはかなわないという畏怖や、遠くに行ってしまった仲間への想いも。

 ここでなくても良いから、どこか牡鹿の海辺に永久に設置して欲しい。

       IMG_6587_20170906164745e49.jpg

 近くには、戦時に海軍が掘った施設跡なのかな、洞窟があり、ここも利用されていた。

    IMG_6591_20170906164746854.jpg

 これは同じ材料を使った作品を、あとで石巻市街で見ることになる。

    IMG_6592_20170906164748165.jpg

 このでかいジッパーは、鈴木康広の作品。

IMG_6593_20170906164749239.jpg

 駐車場そばに、浜のおばさんたちがやってる食堂もあった。はまさいさい。

IMG_6594_20170906164751db5.jpg

 歩き疲れて、小渕浜の宿へ到着。

 割烹民宿めぐろ。

P1080127.jpg

 牡鹿半島の西岸は、夕陽が見られるんだな。部屋は山側だったので、廊下から。

    IMG_6596_20170906164753d54.jpg

 まだ日没まで時間がありそうなので、入浴してから翌日のひとり作戦会議。

IMG_6598_20170906164754cba.jpg

 水平線じゃないけど、ほぼそれに近い地平線に沈むところを見られるか。

       P1080102.jpg

 せっかくなので、カメラをぶら下げて海岸へ向かったが、残念。雲に沈んでいた。

P1080103.jpg

 夕食は食堂。カラオケ宴会セットには、大太鼓や獅子舞いまであった。

IMG_6608.jpg

 これは友人たちを誘って、一度は来ないと。

 平日だったけど、ほぼ満室。
 20人以上の客数だったが、一部は宴会だけで宿泊しなかったかも。

IMG_6607.jpg

 品書きをもらったので備忘録。

 蒸しホヤ、ボイルイカ、鯨のにこごり(旨し)、刺身盛り合わせ(意外と普通)。

IMG_6601.jpg IMG_6602.jpg

 若旦那おすすめの日高見弥助辛口純米吟醸、ホヤ酢、あんこうの共和え。

     IMG_6605_201709061649209f6.jpg    IMG_6603.jpg

 まぐろの生ハム(超美味‼)とトマトのカルパッチョ、めぐろ名物キンキのみぞれがけ(二度揚げ、骨まで愛して♡)

IMG_6604_20170906164918056.jpg IMG_6609.jpg

 墨廼江蔵の華純米吟醸をもっきりで、あなごの天ぷら(もちろん揚げたて)。

    IMG_6611.jpg  IMG_6610_20170906164926c70.jpg

 みやぎサーモンのちゃんちゃん焼き。涌谷産ひとめぼれのご飯とマツモのお吸い物は撮り忘れ。ホヤパイを被って記念写真。

IMG_6612_20170906165137402.jpg     IMG_6615.jpg

 家族に乾杯を見ながら寝てしまい、夜中に起きて無料WiFiでネットサーフィン(古)、温泉は無くて夜は風呂に入れず、二度寝。

 朝、この日も青空だ。

    IMG_6616_20170906165140bf4.jpg

 FBで友達になった若旦那は、御番所公園に日の出を見に行ったらしい。連れてってもらえばよかった。

 朝散歩。

P1080113.jpg

 仮設住宅の近くには野良猫もいるし、鹿もやってくる。朝方も四頭来ていた。

P1080115.jpg

 十一面観世音菩薩があると言う、後山観音堂。

P1080117.jpg

 宮城県のHPから画像を無断借用。

       12451.jpg

 小渕浜港になるのかな。ほとんどが更地だ。

P1080118.jpg

 美しい海。

P1080119.jpg

 入り江には小魚の大群。

P1080122.jpg

 時々大きな魚も跳ねる。

P1080123.jpg

 ホタテの貝殻は、牡蠣の稚貝養殖用かな。

P1080125.jpg

 中央左が、めぐろ。

P1080124.jpg

 宿に戻って、朝食の時間。

IMG_6618.jpg

 コーヒーを部屋に持ち帰り、ひよっこを見ながらまったりしていたら、宿泊客のキッズたちが騒いでいたので、窓から遠くを見たら、鹿だ、

P1080130.jpg

 この夏は良く野生動物に出逢う。

P1080135.jpg

 改装し立てだったのかな、綺麗な民宿、なんとTBCも取材で訪れていた。

P1080128.jpg IMG_6620.jpg

 ホヤパイ若女将と記念写真。

IMG_6622.jpg

 また牡鹿半島徘徊開始。

IMG_6624_2017090617191882c.jpg

 少し早めにのり浜の駐車場に着いたが、10時からでないと海岸へ降りる道路のゲートを開けてくれない。

 広い駐車場では、大きな網の繕い。

DSC06057.jpg

 時間調整を兼ねて、隣の会場まで、ブラ風写。

    IMG_6628_201709061720502ca.jpg

 ミンミンゼミと、つくつくほーしが啼いていた。

IMG_6631_20170906171919fcd.jpg

 コバルト荘跡地に10時ちょっと前に到着。

DSC06047.jpg

 巨大なテントの中に宮島達男の作品。

DSC06045.jpg

 そして、増田セバスチャン。

IMG_6632.jpg

 ツリーハウスだな。

DSC06052.jpg DSC06050t.jpg


 さらに移動して、前に泊まったことがある、ホテルニューさか井

DSC06054.jpg

 前日も見た、ファブリスイベールかな。

DSC06056.jpg

 噴水好きなんだな。
関連記事
テーマ : アート  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

お越しいただいてありがとうございます😊
ついに来られましたか。
天気が良くて何よりでした。
めぐろさんのある小渕浜には、漁港が3つあって、写真に撮られたのは、真ん中の表浜漁港です。小さい島は鳥海島と言います。
県道からすぐのところが給分浜で、一番奥に小渕浜があります。
名和さんの白鹿、残して欲しいですね。
側に行くと、寄り添ってくれるような、不思議な温かみを感じました。

まんぼうさんへ
コメントと訂正ありがとうございます。

野外アートが大好きで、早く瀬戸内海にも行きたいと思っていたら、宮城にやって来てくれましたので、満を持して行った感じです。

地元の方は大変なこともあった(ポケモン騒ぎよりはまし?)かと思いますが、これを契機に何か動きが起こると良いですね。でも石巻は合併で大きくなった分、難しそうですね。
ありがとうございます
瀬戸内文化祭、チェックされてたんですね!
漏れ聞く情報で、行ってみたい、とずっと思ってます。
去年は音楽イベントだけでしたが、今年は、アート作品の屋外展示があると聞いて、とても期待していました。
初めてなので、いろいろ至らないところもあったと思いますが、続けて行くことで、新しい流れが起こることを期待しています。
ポケモンGOは問題外ですよ。
地元に事前の通知もなく、突然に押し寄せた人の群れに、やれ店が足りないだの、土産物を準備しろだの、って、ムリです。
県の主催で市役所は知らんぷり。
我が家の周辺も、早朝から深夜まで人がごちゃごちゃ歩き回って落ち着きませんでした。
こういうイベントは、続けることが大事と思いますので、そうなるように願っています。
協力・お手伝いできることがあればしたいです。
まんぼうさんへ
瀬戸内国際芸術祭は、3年に一回で、次回は2019年ですね。
ただ現代アートは間の年で見られるようなんです。

島の方が、作品を管理しやすいかもしれませんから、白鹿は金華山か網地島に移設なんてのもありかも。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: