風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (0)

再生するために

 旅行から自宅に戻ると、しばらくは暇な日が続く。
 なので特に最近は、レポートが長くなってしまうのだが、今回は会期のケツが迫っているので、急いでまとめて、まだの人に行ってももらわねば。

IMG_6547c.jpg

 4日月曜日、9時過ぎに三陸道で牡鹿半島へ向かった。

 最初の目的地は、桃浦の洞仙寺。

DSC05930.jpg

 ここで2daysパスを購入するのだ。

DSC05923.jpg

 奇しくもCX-3が納車された、7月22日から始まっていたREBORN ART FESTIVAL 2017。

DSC05926.jpg

 ずっと来る気満々だったのだが、なにせずっと雨続き。

DSC05927.jpg

 青空の下でしか、ワタシには眺める意味がない。

     DSC05925.jpg

 こういう展示は、関係ないか。

IMG_6548.jpg

 数百m移動して、荻浜小学校。おぎのはま。

DSC05934.jpg

 このエリアも津波被害が甚大だったため、通っていた小学生は家族ごと各所へ避難が続いていたが、多くが戻って来れそうにないし、新たに就学年齢に達する児童も非常に少ないため、最近になって閉校が決まってしまった。

     DSC05936.jpg

 各地で開かれる地域アートイベントで、使われることが多い閉校跡だが、懐かしいと思う前に悲しくなる。

DSC05958.jpg

 保健室は、まだまんま保存されていて、ひと休みしたくなった。

     DSC05974.jpg

 プロなのか児童なのか、数多くの作品が展示されていた。

DSC05960.jpg

 もちろん震災に関連する作品が多い。

DSC05962.jpg

 アーティストも実際に現地を訪れてから、制作しているので、同じテーマになる。

     DSC05975.jpg

 震災発生前後の写真展示も多かった。

DSC05976.jpg

 屋上。

DSC05968.jpg

 当時ここへ避難した児童も多かっただろうな。

     DSC05973.jpg

 パルコキノシタの作品。

DSC05950.jpg

 彩色されているものもあった。

DSC05951.jpg

 雑草が生え始めている校庭に並べられているのは、金氏徹平の作品群。

DSC05940.jpg

 津波の被災地で、拾い集められた材料を使用しているのだろう。

DSC05938.jpg

 鏡面好きの私には好材料。

DSC05955.jpg

 ついついシャッターを押したくなるが、それは良いことだ。

     DSC05944.jpg

 鏡は神道にも通じている。

     DSC05942.jpg

 これは海を渡る、筏のようでもある。

DSC05947.jpg

 空は青い。

DSC05949.jpg

 隣の広場には、ファブリスイベールの作品。

DSC05978.jpg

 若い女性たちに受けていた。

     DSC05982.jpg

 この後、支倉常長像がある月の浦を越えて、あの白いシカを見に、牡鹿ビレッジと名付けられた、桃浦漁協付近に行ったのだが、駐車場が満車。

 先ほどの駐車場に車を停めて歩いて来いと言われ、ちょっとむかつく。距離を聞いたら5㎞。
 他を先に回ってくださいとも言われたので、牡鹿半島の先へ。

IMG_6550.jpg

 牡鹿半島には、なかなか食事処がなく(食堂が多かったエリアが津波被害を受けたため)結局鮎川まで走り、おしかのれん街と言う場所を発見。

IMG_6624_2017090617191882c.jpg

 海沿いを通る道路からちょっと内陸に入った場所にあるため、知らなかった。

IMG_6553.jpg

 鮎川港周辺にあった飲食店や土産物店が入っているのだろう。

     IMG_6554.jpg

 七軒分のスペースに、海鮮系の食堂が四軒、土産物店が二軒、中華が一軒。

IMG_6555_20170906153734224.jpg

 ここならではという事で、鯨の竜田揚げ定食をいただく。900円。大きな牡蠣が二つ入ったお吸い物。

IMG_6556.jpg

 まぁ、地元の人は自宅で食べるから、注文しないだろう。

 子供の頃、学校給食でよく出て来たのを覚えている。タルタルソースなんて付いてなかったけど。

     IMG_6558.jpg

 近くのインフォメーション前には、ギャレスムーアの作品があった。

     IMG_6559.jpg

 未来への門だろうか。

     IMG_6561_201709061537407e3.jpg

 捕鯨で有名だった鮎川は、やっと復旧が始まったというところか。

IMG_6562_20170906153742b62.jpg

 半島の先端からは、金華山の全景が見える。

DSC05995.jpg

 猫で有名になった田代島の向こうには、蔵王まで見えた。

DSC05993.jpg

 そんな御番所公園には、今夏の展示の中では、ダントツに有名な草間彌生の作品がある。

IMG_6567_201709061537430ad.jpg

 真夜中に咲く花、2010、2016。

DSC05987_201709061539249c8.jpg

 題名から想像するに、二つの先品が並べられているのだろう。

DSC05998.jpg

 抜群の眺望だけど、これまで特にモニュメントがなかった場所に、花が咲いた。

DSC05991.jpg

 ここは特にゲートは無かったので、パスが無くても眺められた気がする。

DSC05996.jpg

 彼女の作品を、初めて意識したのは7年前に、十和田の官庁街通りを訪れた時。

DSC06002.jpg

 この作品は、フェス終了後も残して欲しいものだ。

IMG_6568_20170906153937a27.jpg

 少し移動して、地蔵山開悟峯寺。

DSC06009.jpg

 ここにある岩井優の作品も、廃材利用。

DSC06010.jpg

 宮城県内では、こういった材料を入手するのも、難しくなってきているかもしれない。

     DSC06013.jpg

 記憶は残しながら、RE-BORNしないと。

DSC06014.jpg
関連記事
テーマ : アート  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: