風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (0)  Trackback (0)

結夢 笑顔あやなす悠久の華

IMGP7316.jpg

 バスで仙台駅に向かった19日AM。定禅寺通には、見慣れない店(団子屋さん?)に行列ができていたり、メディアテークでは、ジョジョの展示会が始まっていた。

IMG_6089_20170821074406e7a.jpg

 もっと人が多かったのは、東京エレクトロンホール宮城。アニーだったかな。

 いろいろあるものだ。
IMG_6090_20170821074409ed4.jpg

 仙台駅からJRでひと駅。長町駅前のサイゼリヤで早めの昼飯だ。

       IMG_6092_201708210744081ad.jpg

 12時に団体用のバスがやってきて乗り込む。

 38人という話だったので、席は概ね埋まっていて、東北道から山形道、これは寒河江のサービスエリア。

IMG_6093_201708210744103d4.jpg

 ドライバー二名体制だった。

IMG_6095_201708210744117d2.jpg

 例によって自動車専用道路が途切れる月山道で少し渋滞。

 それでも太平洋側でもずっと見られなかった、珍しい青空を拝むことができた。

       IMG_6099_20170821074413613.jpg

 庄内あさひICで降りて、こまぎの里で休憩。

 スムースに来たので一時間。余裕あり過ぎだ。日帰り温泉にも入れる。岩ガキが安い。

IMG_6101_2017082107441477e.jpg

 鶴岡の赤川河川敷も、すぐに到着。まだ開始まで3時間以上ある。

 私も含め、ラジオの高校野球中継を聴いていたメンバーからは、逐次悲観的な報告。

 しかし、仙台育英が大阪桐蔭にサヨナラ勝ちした瞬間はみんなで万歳した。

IMG_6106_2017082107441695c.jpg

 19時からいろいろセレモニーや、来賓ご挨拶が続いて、19:15から花火開始。

IMGP7217.jpg

 赤川花火大会の一番の特徴は、打上げ場所から近いので、視野一杯、頭の上まで花火が拡がることで、昨年は事故もあったが、アマチュアカメラマン泣かせなのだ。

IMGP7229.jpg

 指定席である升席があるエリアの最後部に三脚を立てる。

IMGP7233.jpg

 機材はPENTAX K-5Ⅱsに、19㎜相当からの超広角ズーム。

IMGP7241.jpg

 24㎜とか28㎜相当の柔な広角レンズでは到底収まりきらない。

IMGP7260.jpg

 それでも時折はみ出している。

IMGP7261.jpg

 何とか天気は持っていたが、午前中は少し降ったらしく、河川敷の会場はぬかるみ部分多数。

IMGP7266.jpg

 桟敷席と撮影場所やトイレを移動するだけでも大変だった。

IMGP7273.jpg

 撮影は基本全てマニュアル。

IMGP7277.jpg

 ISOを最低の100にして、絞りは8~11あたり、シャッターは4~6秒。

IMGP7281.jpg

 ピントは∞に固定して、出来を見ながら絞りとシャッターを調整している。

IMGP7291.jpg

 色温度が一番の悩みで、曇りや室内灯あたりをちょこちょこ変えてみていた。

IMGP7296.jpg

 あと打上げ場所が三か所あるので、マメにパンする必要があるし、当然ズームも弄る。

IMGP7297.jpg

 正式名称は、全国デザイン花火競技会であり、割物花火の部と、音楽つきのデザイン花火の部、出場者がどちらかを選んでエントリーしている。

IMGP7307.jpg

 大曲は両方上げないとだめだったかな。

 途中10分ほど弱いシャワーがあり、レンズに雨滴が付いてしまった。

IMGP7316.jpg

 競技会は二部に分かれていて、最初と最後、そして途中も二回連発モノの花火が上がる。

IMGP7323.jpg

 大曲の春花火の時に感じたが、外国の花火に比べ、日本の花火はなるべく煙が出ないように工夫されている。

IMGP7341.jpg

 それでも風が弱かったので、煙が停滞すると、待つ。

IMGP7349.jpg

 それから、会場の河川敷、通路に人が停滞しがちで、これも事故の元になるので、解消するまで待つ。

IMGP7353.jpg

 どちらもうまく場内でアナウンスされていた。

IMGP7370.jpg

 競技会であるからして、当然花火師の腕の見せ所であるとともに、挑戦のチャンスでもある。

IMGP7371.jpg

 良い花火を上げれば、当然受注も増えるわけで、今回も珍しいと思える、様々な表現を見ることができた。

IMGP7374.jpg

 画像で見ると、遠くに見えるが、実際は視界の上と左右、限りなく拡がる花火だ。
 視野角が花火で埋め尽くされる。

 疲れたので後半は桟敷席(スタイロフォームに直座り)に、低く立てた三脚で。

IMGP7378.jpg

 10mほど前に移動しただけで、もう収まりきらない。

IMGP7379.jpg

 今回も大迫力で満足。

 記録を見ると最後の花火画像が21:05ころ。

 30分以上大混雑の中を歩いて、バスの駐車場へ。これが大変なのだが、あの花火を見るためなら、我慢がまん。

 22時に出発して、大渋滞の中、仙台駅に戻ったのは27時ころ。タクシーで帰宅。

 スニーカーが泥靴になった。

IMG_6108_20170821074715a49.jpg
関連記事
テーマ : 東北の花火  ジャンル : 地域情報

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: