風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

太っ腹が、どうっぱら

 宮城県の加美と、山形県の尾花沢を結ぶ国道346号、中羽前街道(地元の人はこんな風に呼ぶのだろうか)の峠部分が全線拡張整備され、冬季も通行可能になったのは昨シーズンだった。

 やませの影響で晴れる日がなく、ずっと涼しい仙台から、CX-3で走ってみることにしたのは、16日。

IMG_5909_20170819075101b7f.jpg

 前から少しづつ拡幅されていたが、完全にゆったりとした二車線で、国道らしくなっていた。

IMG_5908.jpg

 過去の走行レポートは、新しい方から2015年5月2014年10月5月2011年8月2010年7月2007年5月をどうぞ。

IMG_5907mo.jpg
 銀山温泉の入り口を通り、尾花沢。
 そのまま東北中央自動車道に入り、オートクルーズで楽ちん運転。

IMG_5910_201708190751028ec.jpg

 上山~尾花沢間は未開通だが、北は新庄北まで無料で走破。

 新庄からは国道13号で金山へ。

IMG_5921_20170819075105a48.jpg

 何度も立ち寄っているすきな街のひとつだが、上の画像のように中心部に入れない。

P8160004.jpg

 少し離れた町役場の駐車場に停めさせてもらった。

P8160005.jpg

 古民家、蔵に洋館、そして標準仕様に基づいた金山杉の家。

P8160008.jpg

 大きな山車がいくつかあった。

P8160002.jpg

 なるほど、夏祭りの真っ最中だった。

     IMG_5911_20170819075104e73.jpg

 この日は花火もあるらしい。

P8160026.jpg

 いつもより人が多いし、華やかな雰囲気。

P8160006.jpg

 昔ながらのお盆の風情なのだろう。

P8160007.jpg

 ステージカーもあって、花笠を持った若い女性たちも歩いていた。

P8160009_201708190754149ea.jpg

 旅人は水が流れる方へ。

     P8160025.jpg

 豊富な水が、ワタシが此処を好きな理由だ。

P8160024.jpg

 美しく整備された、大堰公園。

P8160011.jpg

 大関のように肥えた緋鯉たち。

P8160013_20170819075417cf4.jpg

 それを撮影する、大関のようなカメラオヤジ。

P8160015_20170819075418853.jpg

 iPhoneのパノラマモードだ。

IMG_5915_2017081907561960b.jpg

 帰省している孫たちだろうか。

     P8160021.jpg

 帰ってみたい故郷だと思う。

IMG_5916_20170819075621795.jpg

 前にも書いたけど、街のパンフレットいわく、いつかどこにでもあった、観光よりも暮らしという言葉が似合う、小さな山里、自然と季節と人、それがおもてなしのすべて、そんなところだ。

P8160022.jpg

 頑張っているリーダーたちがいるのだろう。

P8160023.jpg

 人も多いし、もともと飲食店は少ないし、落ち着いて食事が出来そうになかったので、店を探しながら、隣町の真室川へ。
 こちらも夏祭りの最中で、提灯だらけだったが、何とか中心街の食堂。

IMG_5927.jpg

 天ざる中華、1300円。

IMG_5923.jpg

 冷えた中華麺を、日本蕎麦用の出汁につけて食する。

     IMG_5925.jpg

 何とも不思議な風味。蕎麦湯も楽しめた。

 真室川からは、鳥海山に向かって、いつもの空いてる344号線。

IMG_5931mo.jpg

 良い練習ドライブコースだ。

 青沢越えのトンネルをくぐると、もう酒田市かな。

IMG_5933.jpg

 前回は玉簾滝を初訪問したが、今回は別の滝。

     P8160029.jpg

 こちらも初めての胴腹滝だ。

P8160031.jpg

 山の中腹から、鳥海山の伏流水が湧き出している。

IMG_5938_20170819075830f54.jpg

 玉簾滝奈曽の白滝とは異なる。

P8160038.jpg

 お盆時期だったからかな、何か幽玄という言葉を実感する空間だ。

     P8160042.jpg

 絵燈篭が似合いそう。

P8160035.jpg P8160036.jpg

 流れ出せば、日本海はすぐそこだ。

P8160034.jpg

 雨続きの仙台から来ると、一番嬉しいのは青空だな。

     IMG_5940_20170819075832826.jpg

 北へ、CX-3を走らせる。

P8160047mo.jpg

 遊佐町の鳥海山が美しいエリアだが、山頂には雲。

IMG_5941mo.jpg

 気温も宮城とは全然違う。

IMG_5945_2017081908022500f.jpg

 国道345号から7号線に出て、最近泊まった吹浦で海岸線に出ると、十六羅漢海岸。

IMG_5944.jpg

 鳥海ブルーラインの登り口だ。

P8160050.jpg

 浜の岩に羅漢像が彫られている。

P8160051.jpg

 ここも夕陽の名所だな。

 遊佐と酒田の風車たち。

P8160048.jpg

 秋田に入る。
関連記事
テーマ : 旅行、旅、ドライブ  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: