風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アウトドア

Comment (0)  Trackback (0)

キャンプ明け 新ルート開拓

 これは、10日の昼飯。
 大和町の七ツ母里に久しぶりに出かけた。

IMG_5769mo.jpg

 1日にも来ようかと思ったのだが、定休日だったのだ。

 精進揚げつきのもりそば、1380円。

IMG_5775_20170814040138e0b.jpg

 いつもながらのコシと細さ。

       IMG_5776_201708140401399ab.jpg

 さくさくの天ぷら。

IMG_5773_20170814040135856.jpg

 友人が注文した、穴子の一本揚げ。

   IMG_5774.jpg

 馴染みの親方も、元気そうだった。

 食後の珈琲はサービスだったかな。

IMG_5777_20170814040141096.jpg

 このあとは、下道で岩出山へ。

 以前仙台に棲んでいた昔の会社の後輩が、早めのお盆休みで、バイクでキャンプツーリングに来ると言うので、合流するための待ち合わせ。

 七ツ母里が混んでいたため、45分も遅刻してしまった。

 食料と酒を買い込み、国道47号、457号、398号で花山から秋田へ抜けて、湯沢市皆瀬。

 小安峡温泉にある、とことん山キャンプ場だ。

IMG_5778_2017081412100173b.jpg

 まだ連休前の平日だったせいか、適度な埋まり具合。

 ここにテントを張ることに決定。

IMG_5823_20170814040145171.jpg

 シングルテントを3張りと、タープを設営して汗だく。

IMG_5781.jpg

 ペグが圧倒的に不足で、代わりに周辺の樹々を利用して固定している。

 2年前ぐらいに買った、こいつに初めて炭を入れた。

     IMG_5780.jpg

 20世紀に父が万一に備えて押入れに備蓄していた木炭を最近発掘したのだ。

   P1080058.jpg

 20年以上の間に、少なくとも4回の引っ越しのたびに、湿っぽい押入れの奥ばかり移動してきた炭が、果たして燃えるのかどうか、見当もつかなかった。

 しかしそれは杞憂に終わった。

IMG_5784.jpg

 ちょうど好い火加減、それもなかなか減らない。

     IMG_5790_2017081404042030b.jpg

 さらに宴が終わるころには自然消火もしてくれた。

 残った炭は翌朝回収。また次回使えそうだ。

 このキャンプ場には、露天風呂があった。

IMG_5803.jpg

 さすがに石鹸・シャンプー・タオルは持参する必要があるが、立派なかけ流し温泉。

     IMG_5796_20170814040422fbc.jpg

 屋根付きが一つと、露天が二つずつ、男女別の温泉風呂だった。

 風呂で会ったおじさんの話では、前夜は二組しか客がいなかったとか。

P1080053.jpg

 キャンプ客はほぼ我々以外は子供連れの家族で、夜は静か。

P1080056.jpg

 暑くも寒くもなく、よく眠れたと思う。

IMG_5798_20170814040423502.jpg

 朝はまた温泉だ。

IMG_5800.jpg IMG_5799.jpg

 入るたびに熱かったり温かったり、源泉が高温なので、水加減が難しいのだろう。いろんな人が弄っちゃうし。

       IMG_5805_20170814040429475.jpg

 その後にウォーク。

 短そうだが、ゲレンデがある。

IMG_5806_201708140407300d7.jpg

 吊り橋も。

IMG_5808_201708140407315c2.jpg

 手前側がキャンプサイトに露天風呂。

IMG_5810_20170814040732a5c.jpg

 向こう側がバンガロー、コテージ。

IMG_5811.jpg

 そしてツリーハウスだ。

IMG_5812_20170814040735f89.jpg

 今回も空が怪しかったので、降ったらこっちを借りようと話をしていた。

 朝飯は、岩出山四季彩館内に最近できたらしいパン屋で買って来た。

     IMG_5817_20170814040737bb1.jpg

 食べながら、クーラーボックスを漁っていた友人が、あれ‼?

IMG_5821_20170814040741ef5.jpg

 何と鶏の軟骨、昨日ヤキヤキし損ねていたのだ。

IMG_5818.jpg

 せっかくなので焼いて食べた。

 撤収。

     IMG_5822_20170814040742c6d.jpg

 まだ9時前だと言うのに、連休初日だからかな、もう入場してテントを張りだす家族多数なのには驚いた。

 この後、栗駒山を越えるルートに向かったが、いきなり霧の須川湖。

IMG_5825mo.jpg

 オートライトは、霧には反応しないことが判明した。

 超視界不良のワインディングロードを、だらだら走り降りる。

IMG_5826_20170814040834df3.jpg

 何度も来ている、祭畤大橋に立ち寄る。友人たちは初めてだったので、寄って良かったと思った。

IMG_5830.jpg

 このルートを選んだのは、最近いつの間にか開通した、栗駒焼石ほっとライン、正式には市道尿前槻木平しとまえつきのきだいら線(現市道名:奥州市道谷子沢南前川山やごさわみなみまえかわやま線、一関市道鬼頭明通おにかべあけどおし線)をまだ走ったことがなかったためだ。

 ちょうど祭畤大橋の前から北へ奥州湖まで、15㎞。

   20160308-152647.jpg

 適度な高速コーナーが続く、いや、ほぼストレートのみ、気持ちの良いツーリングルートだ。

 知る人も少ないから車が少ないと言うか、ひたすら飛ばす以外に、この道を有効に使うドライブコースを思いつかない。

 それでもとにかく奥州湖まで飛ばし抜け、イベントをやってた胆沢ダムの案内嬢にダムカードをもらい、前にも来たことがある眺望台へ。

IMG_5837.jpg

 民主党政権時代に、少し話題になった奥州湖

IMG_5835_201708140408401ed.jpg

 胆沢ダムで堰き止められた水で、昔の石淵ダムが水没した。

 超渇水になったら、姿を見せるのだろうか。

IMG_5834.jpg

 水沢方面。

IMG_5833_20170814040837196.jpg

 素晴らしく景色の良い場所だが、奥州湖を一周する道路は今のところ、無い。

 胆沢ダムでもらった地図に、食の匠 おふくろという店が載っていたので、なんとなく店名に惹かれて行ってみた。

IMG_5839_20170814040843887.jpg IMG_5840_201708140408451f6.jpg

 甘辛いろいろ、はっとのバリエーションが凄い。

 汁はっとと、焼きおにぎりセット、670円。

IMG_5841.jpg

 炭水化物ばかりだな。

     IMG_5843.jpg

 はっと以外は、ごくごく普通の中華食堂だった。冷房の効きが最低。

 前沢平泉インターから東北道に乗って帰宅。

関連記事
テーマ : キャンプ  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: