風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (6)  Trackback (0)

晴れの日には似合わない?

 今年の梅雨。颱風が発生しない分のエネルギーが集中しているのか、南九州を中心に豪雨続き。東北でも郡山や秋田ではずいぶん降っていますが、どうも仙台平野は蚊帳の外、時々小雨は降るものの、平和な日々が続いています。

 この週末も時間を見つけてプチサイクリング。

R1010758.jpg

 関東であじさい寺といえば、鎌倉の明月院ですが、東北ではなんといっても此処、仙台北山の資福禅寺です。

       R1010735.jpg

 ただこの日は予報に反して天気は晴れ、紫陽花には似合わないムードでした。

R1010754.jpg

 盛りは既に過ぎていて、大柄な花は上のようにお辞儀していたり。

R1010712.jpg

 それでも参道の両わきから、盛大に張り出した紫陽花たちの間を、縫うように階段を登ります。

R1010716.jpg

 まだまだ綺麗な花が残っていました。

R1010747.jpg

 でもどうも晴れた日には似合いません。

R1010721.jpg

 花が眩しがっているような。

R1010725.jpg

 木陰の小径はとてもイイ雰囲気。

R1010728.jpg

 特別に大きなお寺ではありませんが、落ち着いた場所です。

R1010737.jpg

 竹も見事。

R1010734.jpg

 毎年癒されています。

R1010732.jpg

 昨年の様子はこちら

 泰山木(たいさんぼく)、大きな花です。

R1010749.jpg

 一昨年の紫陽花はこちら

R1010730.jpg

 三年前の様子はこちら

R1010755cc.jpg

 お寺さんには感謝。また来年も来ます。

R1010739.jpg

 3年間のブログを見ると、毎年違う店で昼飯を食べてますね。
 3年前は今はなき八重車、一昨年は久美食堂、昨年はじゃじゃや。

 今年はこちら。

R1010766.jpg

 地下鉄北四番丁駅そばの、麺dining桂苑。蕎麦屋呑み向きのお店です。前回の訪問はこちら

       R1010760.jpg

 鶏つけそばの大盛り。さすがに1000円を超えます。

R1010761.jpg

 冷たいお蕎麦に熱いつゆだから、冷やあつ?

R1010762.jpg

 好みよりはやや太い蕎麦らしい蕎麦に、まるでラーメンのようなつゆ。メンマまで入っています。もちろん鶏はごろごろ。

R1010763.jpg

 不思議なコンビネーションですが、なかなか乙。

       R1010765.jpg

 まるで晴れた日の太陽の下に咲き誇る紫陽花のような味わいでした。
関連記事
テーマ : 仙台  ジャンル : 地域情報

Comments

果たして
そばの味どんなんだろうか?味差異か・・・(笑)
自転車散歩で寺巡り・・情緒が有りますね。
梵天丸もかくありたい
我が父母が眠る北山墓地、輪王寺の隣の寺ですね。
調べたら、この辺り、伊達家の鬼門を守る、北山五山。勉強になりました。
伊達政宗に、幼少の頃、不動明王に向かって「梵天丸もかくありたい」といわせた師が、中興の祖なんですね。
墓地からの帰り、道が分からなくなり、見つけたのが、この寺。
通称「紫陽花寺」というのも、その時知りました。
譬えとしては合ってませんが、「ふるさとは遠きにありて思ふもの・・・」
LYNX☆さんへ
ありがとうございます

巡ったわけでは無く資福寺だけですけど。

kazuさんへ
いつもコメント有難うございます。
北山の雰囲気は鎌倉と似ています。
質実剛健な禅宗系のお寺がメインだからかもしれません。

今でも鬼門を守っていて、広瀬川に近い御譜代町から北へ抜ける道は細い道ばかり。

今年やっと輪王寺の下を通るトンネルが完成予定です。
東京の愛宕山トンネルのようなイメージでしょうか。
No title
同じとこ行って、同じような写真撮ってましたね。
在大町少年へ
んだね
兄弟だかんね

しかも同じ日?






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019