風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

旅の終わり(道東遠征16)く旅れた

 8月になったが、ブログはまだ7月前半のネタだ。

IMG_5191.jpg

 十勝清水から道東道で夕張へ。

IMG_5188_2017072810374716d.jpg

 インターを出たところに、道の駅があったのだ。
 フルーツは、自分用に買う事もないし、季節感がさっぱりなのだが、夕張メロンが有名なことは知っている。

    IMG_5185_2017072810374421a.jpg

 どうもその旬の季節だったらしい。

IMG_5186.jpg

 値段もピンキリだったが、安いのかどうかもわからない。

    IMG_5187.jpg

 はい、ここまでのスタンプラリー。

20180199_154848948409307_1784076730_o.jpg

 来たかったのはここだった。

P1060653.jpg

 生まれて初めて、シニア割引。さらにJAF割引まで。

IMG_5192_201707281037500e9.jpg

 炭住が、あの映画のセットに使われたのだ。

IMG_5214.jpg

 今回のメンバーには炭住育ちもいたので、たっぷり解説してくれる。

     IMG_5197_20170728103751eed.jpg

 黄色い付箋紙だらけ。

IMG_5199.jpg

 サポーテッド・バイ・ポスト・イットかも。

20317110_381097985638929_1909227505_o.jpg

 自動車部だけに、これが一番懐かしい。

IMG_5200_20170728103944aa9.jpg

 ミディーコスモというキャッチも好きだった。

P1060657.jpg

 桃井かおりと武田鉄矢もはまり役。

IMG_5202_201707281039468b3.jpg

 そして、あこがれの倍賞千恵子。

P1060658.jpg

 良い映画だったなぁ。

P1060656.jpg

 健さんは特に好きというほどではないけど。

     IMG_5208_2017072810454859b.jpg

 もちろん炭住の奥には、

P1060668.jpg

黄色いハンカチが、たくさんたくさん翻っている。

P1060661.jpg

 またまた幸せなオヤジたち。

20353781_381097998972261_1747202305_o.jpg

 そう言えば、津波の被災地に建ててくれたハンカチツリーもあったな。

     P1060666.jpg

 近くの道路際には、まだ残されていた、新しめの炭住。

P1060670.jpg

 その後向かったのは、炭鉱博物館かな。

P1060679.jpg

 想い出作りに、ランタン付きヘルメットを貸してくれる。

     P1060672.jpg

 これは、みんな似合う。

20394768_381097992305595_24994522_o.jpg

 ちなみにLED照明だ。

20353803_1238152022979550_477841667_o.jpg

 残念ながら、本物の炭鉱跡ではなく、模擬炭鉱。

P1060673.jpg

 雰囲気は味わえるが、足尾銅山でも、細倉鉱山でも、スケールを体感することは、重要だったと思う。

P1060674.jpg

 残念ながら、周りは閉鎖されている建物ばかり。

     P1060676.jpg

 これは、昔炭鉱で栄えた街全てに共通していることだろう。

P1060678.jpg

 ここが最後の見学場所。

     20182063_154851728409029_1787884083_o.jpg

 受付のお父さんに教わって、夕張駅前に、行ってみた。

     IMG_5232.jpg

 現在は石勝線の支線が来ているが、東京五輪前には廃線になるらしい。

     IMG_5231_20170728104550def.jpg

 駅前に、屋台村がある。

     IMG_5234.jpg

 10軒ほどの飲食店が軒を連ね、ミニフードコート形態。

     20180344_154851741742361_1801699488_o.jpg

 どこに座っても、どの店にも注文可能。

IMG_5224_201707281049183fa.jpg

 チャーハン・餃子に、カレーそば。

IMG_5222_20170728104916f27.jpg

 私は冷し中華だ。一応メロンが乗っている。

IMG_5225.jpg

 これが北海道最後の昼飯になった。

 この後道東道に戻りひたすら新千歳空港へ。
 燃料を満タンにして、レンタカーを返却する。

 丸々7日間で、走行距離1839㎞、軽油149.98ℓ。燃費は12.26㎞/ℓだった。



 帰宅便は、けっこうバラバラで、まず羽田へひとり先行。

     IMG_5242_20170728104927308.jpg

 新千歳に来た時も時間調整したフロアにある、フードコートで最後の乾杯。

IMG_5236.jpg

 羽田に帰る残りの二人と私は、ほぼ同じ18時台のフライト。

     IMG_5237.jpg

 新中部へ飛ぶ奴は札幌にもう一泊すると言う。

 もう見ることが少なくなったジャンボが到着。

P1060681.jpg

 新千歳集合解散だと、前後にオプションの幅が大きく取れて、良い選択だ。

     IMG_5239_201707281049250cc.jpg

 最後はチェックインまで一人に戻って少し散策。

IMG_5243_201707281050525c0.jpg

 無事仙台に戻った。

 羽田や新中部だと、そこから先も長いが、仙台はそういう点では便利な空港だと思った。



 来年、引き続き道北、または道南に遠征するかどうか、反省会は早くとも一か月後に開催しようか。
関連記事
テーマ : 北海道旅行  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: